ハクアージュの副作用は?成分を徹底調査!

haqage

美白*1・シミケア*1・保湿に優れており、美容液のハクアージュ。

多くの効果が得られるとのことでSNSや口コミで話題になっていますが、いったいどんな成分が入っているのでしょうか。

また副作用は大丈夫かな?と気になるところですよね。

そこで、今回はハクアージュの成分を分析し、ハクアージュの副作用について徹底調査していきます!

ハクアージュを使ってみたいけど成分や副作用が気になるという方は、是非最後まで読んでみて下さい。

*1メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

\初回限定85%OFF/

公式サイトへ!

▲▲公式サイト1,980円税込▲▲

 

ハクアージュはどんな効果があるの?

ハクアージュは「効果がたくさんある」と聞くけど、いったいどんな効果があるのでしょうか。

まずは、ハクアージュの効果についてご紹介します。

ハクアージュは、美白*1・シミケア*1・保湿を中心に、皮膚の保護・潤い、肌をすこやかに保つ・清浄にする・ひきしめる・整える、肌荒れを改善させるという、9つの効能を柱として掲げています。

年齢と共に様々なことが次々と気になるので、1本で効能が多いのは非常に嬉しいですよね。

また口コミでは、効果が分かりやすいと話題になっており、多くの方から支持されています。

エステ級の美白効果があるという噂も広まっていますね。

ハクアージュの効果を聞くと、ますますハクアージュの成分について気になります。

それではハクアージュの成分について、次章で説明をしていきます。

*1メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」又は「日やけによるしみ・そばかすを防

ハクアージュの成分を調査

前章で述べたように、ハクアージュには多くの効能がありますね。

これだけ効能が多いということは、ハクアージュにはどのような成分が配合されているのでしょうか。

美白有効成分*1・保湿成分の二つの分野に分けて、成分を紹介していきます。

*1メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

美白有効成分

まずは、ハクアージュの要である美白*1の成分のご紹介です。

ハクアージュの美白3大有効成分*1「トリプルコンプレックス処方」について、調査していきます。

*1メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

トラネキサム酸

美白有効成分*1として有名なトラネキサム酸は、炎症を防止する働きがあり、紫外線によるダメージを優しく対処してくれます。

またトラネキサム酸は表面のシミだけでなく、シミのもとになるメラニンを抑制して、シミの発生を防いでくれます

さらに肌荒れ予防効果もあるので、敏感肌の方にも欠かせない有効成分です。

ハイドロキノン誘導体

肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノン誘導体。

ハクアージュの成分に含まれているハイドロキノン誘導体は、一般的な美白*1化粧品で使用される刺激の強いものではありません。

コケモモなどに含まれるハイドロキノン誘導体を使用し、内側から透明感を導く効果が期待できます。

クリニック並みの効果がありながらも、肌に優しく美白効果*1を与えるハイドロキノン誘導体を使用しているので、長期的にケアしたい方に使えます。

ビタミンC誘導体

美白ケア*1ではおなじみのビタミンC。

ビタミンCは、メラニン色素を抑制する作用が有名ですよね。

ハクアージュは、さらに角質層まで浸透するよう、ビタミンC誘導体を配合している事が特徴です。

一般的なビタミンよりも安定した浸透力*2が抜群なので、美肌効果も期待できますよ!

年齢に応じたスキンケアにもってこいの成分となっています。

*2 角質層まで

保湿成分

次に、肌ケアには欠かせない保湿の成分についてのご紹介です。

ハクアージュは、前章で説明したように質の高い美白有効成分*1が配合されています。

その美白*1・美肌の効果を発揮するに、大切になってくるのが保湿です。

保湿や潤いの成分にもこだわることで、美白と同時に保湿を行い、肌環境を調えながら肌をケア出来るというのがポイントですね。

それでは、保湿成分について説明していきます。

ヒアルロン酸・濃グリセリン・トレハロース・コラーゲン                   1,3-ブチレングリコロール・天然ビタミンE

ハクアージュには、6種もの高保湿成分が配合されています。

こんなにもふんだんに保湿成分を配合してくれるのは、心強いですよね。

乾燥は、加齢と共に避けては通れないことであり、多くのトラブルを生み出します。

ハクアージュではこれらの保湿成分がしっかり補えるんですね!

カンゾウ抽出液・バイオベネフィティ・アルピニアカツマダイ種子・チンピエキス・プルーン酵素分解物・タイムエキス・酵母エキス

ハクアージュには6種の高保湿成分の他に、肌に自然の恵みを与える植物由来の天然成分7種を厳選して配合しています。

カンゾウ抽出液・バイオベネフィティ・アルピニアカツマダイ種子・チンピエキス・プルーン酵素分解物・タイムエキス・酵母エキス7種はすべて高い保湿効果を発揮します。

自然成分なのですっぴん肌もさらに輝く効果が期待できますよ。

自然由来成分、潤い成分など肌が必要とする適切な量を配合し、美肌を意識したシミ対策*1ができることがハクアージュの保湿成分の魅力ですね。

*1メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

成分から副作用を分析

ここまでで、ハクアージュの美白*1・保湿の成分についてご紹介してきました。

この章では、ハクアージュの成分を調査した結果から、副作用について分析し紹介していきます。

前章の調査の結果、ハクアージュは、美白*1・保湿ともに効果の高い成分をふんだんに使用していることが分かりましたね。

美白*1だけでなく保湿成分を強化することにより、肌をより労りながらの揺るがないケアを実現しています。

敏感肌の方が避けたい成分である、合成界面活性剤・合成ポリマー・パラベン・紫外線吸収剤・香料は一切使用していないということも分かりました。

一つ一つの成分にもこだわっており、刺激の強いケミカル成分を使用しないこと、自然由来の成分を取り入れることで、肌に優しいケアが出来ること好感が持てます。

よって調査の結果、ハクアージュは副作用が少ない美白*1クリームといえます!

もともとはクリニック専売品で効果が認可された医薬部外品ということもあって、肌が敏感な方でも安心して使用できるのですね。

もし、万が一使用中に違和感を感じた場合は、直ちに使用を中止して洗い流してくださいね。

初めて使う場合、不安な方はまずパッチテストしておくとよいいかもしれません。

*1メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

\初回限定85%OFF/

公式サイトへ!

▲▲公式サイト1,980円税込▲▲

まとめ

今回は、効能が高いと言われるハクアージュの副作用はあるの?について、成分を徹底調査し紹介していきました。

ハクアージュは、低刺激で肌に優しいい成分を厳選しているため、副作用が出る可能性は低いということが分かりました。

これで、ハクアージュを使うにあたって、副作用の心配が軽減したのではないでしょうか。

ハクアージュで美肌を手にいれたくなりますね♪

タイトルとURLをコピーしました