エルピスのキス・路チュー写真は仕組まれていた?浅川はハメられたのか?

エルピス 路チュー キスドラマ

エルピスはご覧になられていますか?

エルピスの第1話で、浅川(長澤まさみ)と斎藤(鈴木亮平)のキス写真:路チューは仕組まれたものなんです。

つまり浅川はハメられたということなんです。

何故か分かりますか?

本記事は、エルピスのキス写真で何故、浅川はハメられたのかを考察するものです。

なお、この記事を作成したは第1話が終了した時点ですので、ドラマ放送が進んでいくたびに考察が進んでいくことをご了承ください!

スポンサーリンク

エルピスのキス・路チュー写真!浅川をハメられた!

浅川(長澤まさみ)と斎藤(鈴木亮平)のキス写真が、週刊誌で報道された件ですが、筆者は浅川がハメられたのではと推察しています。

なぜかというと、浅川はテレビの顔ですよね。

本来、誰が見ているのかわからない公共の場で、キスをするというのはとてもリスクの高いことです。

ですから、浅川自身がいくらその場の雰囲気がいい感じだからといって会社の同僚とキスをするものでしょうか?

だから、そのことをよくわかっているはずの同じ会社につとめている斎藤の方がキスを迫ってこの写真を週刊誌にすっぱ抜かれたと考えるのが自然ということになります。

もっと正確な表現をすると、浅川と斎藤がデートをしているという情報を何者かにリークされ、この写真を撮らたと考えるのが自然ですよね。

では、誰がその情報をリークしたのでしょうか?

スポンサーリンク

エルピスのキス写真で浅川をはめたのか?

これは、筆者は斎藤が自ら、週刊誌の記者にリークして、記者がはっている場でわざわざキスをしたものと睨んでいます。

では、何故、斎藤は浅川とのキス写真を週刊誌に撮らせたのでしょうか?

理由は明快だと読んでいます。

つまり自分の出世のために、浅川を自らハメたんです。

その根拠となるのが、キス写真の当事者同士なのにも関わらず女性の浅川は左遷。

もう一方の斎藤の方は、現在は政治の番記者のキャップという異例の出世を果たしています。

普通なら、過去にミスを犯した人間が社内で異例の出世を果たしていくわけはありませんね。

しかし、真逆のことが起こっているんです。

ここには何かしらの力が働いていると思わざるを得ません。

つまり、斎藤は権力(TV局にも圧力をかけられる)をもった人間の依頼で、キススキャンダルの写真をとらせ浅川をハメたということになります。

そして、その報酬として斎藤は異例の出世を果たしたんです。

では、誰がその斎藤に指示をしたのでしょうか?

TV局にも圧力をかけられる人間、大門副総裁(山路和弘)ではないかと読んでいます。

なぜ、大門副総裁は浅川が邪魔だったのか?

スポンサーリンク

エルピスの大門副総裁はなぜ浅川が邪魔だったのか?

答えは、浅川が担当した過去のTV番組にあると考えています。

そのTV番組とは、『冤罪を特集した番組』しかありません。

エルピスの第1話でも話がでていましたが、冤罪は時の国家権力が下した判断を間違っていると非難していることにつながるからです。

つまり、政治であれば与党、警察、裁判所などなどです。

時の国家権力は、そんな番組を担当していた浅川が邪魔だったっんですね。

そして重要な点は、この時取り扱った冤罪はどんな事件を取り扱ったのか?ということです。

この時、取り扱った事件が大門副総裁の政治生命を危うくするものが含まれていたのではと推察します。

大門副総裁には、事件をあまり深掘りされたくない事情があったのではないでしょうか?

だから、番組を降板されるためにも浅川を左遷する必要があり、その時の政治の番記者だった斎藤に浅川をハメる役割を指示したんですね。

スポンサーリンク

まとめ:エルピスのキス・路チュー写真は仕組まれていた?

この記事では、現在話題のドラマ、エルピスでキス_路チュー写真にある背景について考察しました。

これから、ドラマは八頭尾山連続殺人事件の真犯人の姿を追及していく上でさまざま、出来事が起こっていくと考えられます。

事件は解決に向けて動き出していくのでしょうが、その事件に関連する人間たちの過去の精算はどのようになるのでしょうか?

そして浅川は、斎藤との今後の関係についても楽しみですね。

>>関連記事:エルピスの真犯人の考察?岸本の記憶の手のひらの傷と副総裁の関連は?

タイトルとURLをコピーしました