共演NGのキャストで瀧内公美と斎藤工が仕掛ける罠が凄すぎ!

ドラマ

みなさんは、ドラマ『共演NG』はご覧になられていますか?

ドラマを見られている方は、放送毎回ごとにはちゃめちゃな展開が面白いと感じられていることと思います。

そして毎回ドラマの展開をはちゃめちゃにしているのが、バズらせ屋 与謝野・M・リリカ演じる瀧内公美と、フィクサーこと市原龍を演じる斎藤工です。

本記事では、バズらせ屋 与謝野・M・リリカ演じる瀧内公美と、フィクサーこと市原龍を演じる斎藤工のどこが面白いのがついてポイントをまとめました!

スポンサーリンク

共演NGのキャストで瀧内公美と斎藤工が仕掛ける罠が凄すぎ!

ドラマ『共演NG』は、与謝野・M・リリカ(瀧内公美)と市原龍(斎藤工)、が、劇中のドラマ「殺したいほど愛している」の視聴率アップのために仕掛ける罠は、はちゃめちゃ。

視聴率アップのためには、手段を選ばないという、与謝野と市原の仕掛けの数々がすごすぎです。

仕掛け① ドラマ「殺したいほど愛してる」の舞台挨拶の裏で、行われた遠山(中井貴一)と大園(鈴木京香)の口喧嘩を、Youtubeで配信し、ドラマへの注目度をあげる。

仕掛け② 「殺したいほど愛してる」の出演者は全員テレビ界では共演NGと言われている組み合わせ

仕掛け③ 話題作りのため台本にないキスシーンを入れる。(元恋人どうしの遠山と大園のキスシーン)、視聴率アップにはあまり影響がなかったですが。。。。笑

仕掛け④ 視聴率を上がらないと見るや、出演者の不倫を新聞記者にリークして注目度をあげる

次なる仕掛け、遠山と大園は、元恋人ですがさらに大園の元恋人まででてきてどうなるか。。。というのが楽しみになりますね。笑

瀧内公美さんについては、別に情報をまとめていますので、こちらもご覧ください。

『共演NG』のキャスト・バズらせ屋 与謝野役の女優はどんな人?

そして、フィクサーの市原龍こと、斎藤工。

そして、絶対に忘れていけないのは、記者の中川役の橋本じゅんさんです。

市原の指示通り、記者会見をめちゃくちゃにするような質問をしたり、主演者の不倫をすっぱぬいたりと、ドラマの視聴率アップの影の功労者です。

こういうのを見ているとマーケティングっていうのは、以下に注目度をあげるのには、ある意味ネガティブな情報も利用するというのは一つの手法なんだということがよくわかります。

だからこそ、与謝野・M・リリカや、市原、中川がキャストに対して仕掛けるトラップがどんな混乱を起こすのかという事に好奇心がむいちゃいますよね。

話が変わりますが、最近では、瀧内さんは、現在放送中の女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)にも出演しているとか。

『共演NG』と『恋する母たち』に出演してる瀧内公美さんの演技の違いは着目したいところです。

スポンサーリンク

共演NGで瀧内公美がヤバすぎフィクサー斎藤工の口コミ

ドラマ『共演NG』では、物語の展開を左右するのフィクサー市原龍(斎藤工)と与謝野(瀧内公美)の関係性が特徴的で一種異様な雰囲気がしますよね。

しかし、それにもまして、フィクサー市原龍(斎藤工)が考える計画を、現場を上手にコントロールしつて、キャストの心理状態を自由に操る与謝野(瀧内公美)も雰囲気はものすごいインパクトがあります。

瀧内公美の口コミについて調べてみました。

『共演NG』の瀧内公美さんは、抜群の存在感で物語の鍵を握る人物になっていますね。

視聴者の方々は、すでに与謝野(瀧内公美)の動きに注目して、どんなトラップをしかけるのかワクワクします。

今後の瀧内公美さんの演技が楽しみですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ『共演NG』で独特の雰囲気を演じている仕掛け人のバズらせ屋 与謝野・M・リリカ演じる瀧内公美と、フィクサーこと市原龍を演じる斎藤工についての情報をお知らせしました。

『共演NG』は、物語展開がおもしろく、物語が奇想天外に動いて行くドラマです。

奇想天外の物語を演出する仕掛け人が、バズらせ屋 与謝野・M・リリカ演じる瀧内公美と、フィクサーこと市原龍演じる斎藤工でした。

これから『共演NG』がどんな展開になるのか楽しみです。

 

『共演NG』で中井貴一と鈴木京香のキスシーンのロケ地情報

ドラマ『共演NG』でちょっとスレたバズらせ屋役の与謝野を演じている女優の情報はこちらです!

ドラマ『共演NG』の1話で、遠山英二と大園瞳の記者会見の場所(ホテル)の情報も記載しています。

ドラマ『共演NG』を無料で見る方法

 

 

タイトルとURLをコピーしました