となりのチカラは漫画か小説が原作なの?物語のエンディングは?

ドラマ

2022年1月20日からスタートする、『となりのチカラ』はテレビ朝日系のドラマです。

松潤こと松本潤が主役で、妻役に上戸彩、と豪華なキャストが放送前から話題ですよね!

この二人が出るドラマって大体面白くて見ている作品が多いのではないでしょうか?

本記事では『となりのチカラ』の原作についてお伝えするとともに、主人公チカラの人物像を、考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

となりのチカラは漫画か小説が原作なの?

話題の『となりのチカラ』って原作が気になりませんか?

そこで、『となりのチカラ』の原作が小説や漫画なのでは?と、調査をしました。

しかし、『となりのチカラ』の原作になるような作品は見当たりませんでした。

同様に調査の手を広げ、映画のいたるまで原作の調査をしていきましたが、残念ながら、ドラマの原作となるような他の作品は見つかりませんでした!

番組の公式発表では、ドラマ『となりのチカラ』は、完全オリジナルで描かれるようですね。

どうも、今回のドラマの『となりのチカラ』の脚本は担当するのは、遊川和彦とのことです。

遊川和彦の脚本ドラマといえば、「女王の教室」「家政婦のミタ」「NHK朝ドラ 純と愛」「過保護のカホコ」「同期のサクラ」「35歳の少女」など沢山の作品が公開されていますね。

主人公は個性的で、友情や家族愛がテーマで、その時代に合った人間関係を表現しているドラマが多いです。

特に「家政婦のミタ」は結構衝撃的で話題になった記憶がありますよね!

『となりのチカラ』は、ドラマの雰囲気などを考えると、「家政婦のミタ」なんかと、主人公の使い方が似ているのではと、考えます。

スポンサーリンク

となりのチカラは実際のマンション問題が元ネタ?

番組の公式ページを読んでいると、ドラマの舞台は、都内のとあるマンションだとか。

このマンションには、様々な問題を抱えている住人が住んでいて、その住人とチカラが徐々に距離を縮めていくというストーリーになっています。

住人の問題をチカラが、住人たちのふところに深く入っていて沈めていくんですね。

たしかに、昔より人と人の関わりが薄れた現代では、住人同士の関わりも薄いから、こういったチカラのこういったアプローチってかなり効果的かと。

普通う、マンションに住んでいる全員の事なんて、知らずに住んでいるのが現状です。

だから、トラブルなどもあると聞きます!

『なるほど不動産売却』データでは、マンショントラブルを経験したことがあるか?というアンケートに95%の人があると答えたそうです。

引用元:なるほど不動産売却

マンションに住んでいると、トラブルとまではいきませんが、様々な人がいて生活スタイルも違うので、騒音やゴミの捨て方など気になる事があります。

引用元:なるほど不動産売却

このドラマでも、そう行った現実のマンショントラブルを題材にし解決に導くというストーリー展開なのではと考えます。

スポンサーリンク

となりのチカラのネタバレ!エンディングは?

中腰な男、中越チカラが松本潤さんが演じる主役ですね。

中腰を検索すると、腰を半分かがめた姿勢と出てきます。

チカラは背筋をピンと張っていない、中腰のようなちょっと中途半端な男のようですね。

大きく言えば世界平和が理想で、優しく思いやりがありますが、決断力がない。

また、人を助けようにも、中途半端なので、相手からはお節介とか、うざいななんて思われてしまうキャラクターだと思います。

きっとお仕事や、家庭での立場もそうなんだろうなぁと思います。

そんな中腰男が、試行錯誤して住人のトラブルを解決する。

そして最終回では、気づけば愛されキャラになり、マンションに1人はいて欲しい存在になっているかもしれませんね!

第1話放送後のとなりのチカラのネタバレ

都内の郊外のマンションに引っ越してきた中越チカラ(松本潤)は、妻の灯(上戸彩)と娘と息子の4人家族。

チカラは、自分や自分の家族のことよりも、同じマンションに住む住人たち行動や、人物に興味が深々だ。

このマンションには、おせっかい好きのチカラが好奇心が向くような個性豊かな住人・隣人で溢れている

  • 道尾頼子(松嶋菜々子)は全身をラッキーカラーで身を包む
  • 下の階には、女性3人で住む東南アジアの女性達:いつも見知らぬ男が部屋に出入りしている
  • 601号室のようじょ連続殺人事件の犯人少年A

ある日の夕食中、チカラのとなりの部屋から、壁を叩くような音とともに少女の悲鳴が聞こえた。

おせっかいなチカラは、この出来事から、となりの部屋でDVが行われているのでは?と憶測を巡らす。

となりの部屋は、夫と妻、娘の3人家族だ。

いてもたってもいられなくなったチカラは、灯のつくった唐揚げを手土産にとなりの家を訪問する。

となりの部屋のチャイムを鳴らすと、夫の木次学(小澤征悦)が顔をだす。

部屋の中が気になるチカラは、どうにかこうにか理由をつけて部屋に侵入。

そこで、水風呂に沈められた好美(古川凛)を発見。DVの実態だ。

好美をなんとか水風呂から救い出したチカラは、ある出来事を思い出した。

それはチカラが引っ越す前に木次学を偶然見かけた後の時のことだった。

デパートで、娘のために買うクマのぬいぐるみを真剣な眼差しで選んでいる木次の姿だった!

スポンサーリンク

となりのチカラの原作は漫画か小説か?まとめ

『となりのチカラ』の原作についてお伝えしました。

今回は、原作がないオリジナルストーリーということで、先のわからないドラマに視聴となりますので、より一層ドラマの放送が楽しみです。

ちなみに、脚本の遊川さんは松潤に「今まで見たことのない、情けない男をやらせたい」とコメントしていましたよ。

松潤といえば、アイドルでキラキラしているイメージですが、このドラマの設定が面白くて、ドラマを見るのが楽しみになりました!

社会派コメディの『となりのチカラ』要チェックです。

タイトルとURLをコピーしました