『七人の秘書』のキャスト朴四朗(パクサラン)役の女優はどんな人?

ドラマ

みなさんは『七人の秘書』はご覧になられました?

『七人の秘書』は、マスメディアからの下馬評はあまりよくなかったんですよね。

どちらかというと、大外しをするのではないかという懸念をもたれていたのですが、ところが初回放送の視聴率13.8%と上々の滑り出しをしました。

そして、ドラマを見られた方は、見慣れたキャストが多かった事もあり、安心して見られた面が多かったと思います。

ところが、皆様が見慣れない女優が出演していましたね。

それで、ドラマを見られた方は「あれ誰?」と疑問をもたれた方も多いと思います!

朴四朗(パクサラン)役の女優は、日本のドラマだけを見てる人にはあまり、見慣れない女優だったと思います。

しかし、韓国ドラマが好きな方は、よく知っている女優でしたね!

今回は、『七人の秘書』のキャスト朴四朗(パクサラン)役の女優についてプロフィールや出演作品についてまとめてみましたので、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

『七人の秘書』のキャスト朴四朗(パクサラン)役の女優のプロフィール

『七人の秘書』のキャスト朴四朗(パクサラン)役の女優はシム・ウンギョンさんです。

2年前から活動の拠点を韓国→日本に移して女優として活躍しています。

日本の『韓国ドラマファン』は、シム・ウンギョンさんのことは、子役時代からよく知っていて「大人になったなぁ」とか「大人になって雰囲気が変わったね」とか、ウンギョンさんの成長を心から喜んでいると思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

심은경/シム・ウンギョン(@ekshim_)がシェアした投稿

逆にいうと、それだけ子役時代のシム・ウンギョンさんは有名だったって事です。

子役時代のシム・ウンギョンさんの出演したドラマを見られた方も沢山いらっしゃると思います。

シム・ウンギョンさんのプロフィール
生年月日:1994年5月31日
血液型:B
出身地:大韓民国江原道江陵市
身長:160.5cm
出身大学:ニューヨークのプロフェッショナル・チルドレンズ・スクールを卒業
女優として映画、ドラマ、舞台で活躍

 

スポンサーリンク

『七人の秘書』のキャスト朴四朗(パクサラン)役の女優の芸歴

シム・ウンギョンさんの芸歴をみると驚くと思いますよ。

韓国では、子役で大成功を収めた女優さんです。

日本でいうところの芦田愛菜さんに匹敵するほどの活躍ぶりです。

ただ、韓国ドラマをよく知ったひとじゃなければ、わからないでしょうね。

韓国ドラマをよく知った人は、子役時代の顔写真をみると、「あっ、あの人なのね」と思うでしょうね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

심은경사랑해 /믕이 팬계정(@simeungyeongsaranghae)がシェアした投稿

この写真なんかは、見覚えのある韓国ドラマファンがいると思いますね。

人気ドラマの『ファンジニ』に出演したときのものです。

そして大人になっても、最初のころは映画では活躍していました。

下の写真は、日本のタイトルは『怪しい彼女』でしたが、韓国では観客動員数860万人を超える大ヒット作品になりました。

日本でもリメイクされましたので、よく知ってる方も多いと思います!日本の作品では、多部 未華子さんが主演を務めていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌼 케로 🌼(@dramagram_kr)がシェアした投稿

そして、シム・ウンギョンさんは、『サニー 永遠の仲間たち』で主人公の高校時代を演じて、これも大ヒット作品になりました。

これも、日本でリメイクされる程でしたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

かんぷ《 韓国ドラマ・映画の記録 》(@___kanpururu)がシェアした投稿

シム・ウンギョンさんの子役時代のドラマ出演作品
結婚したい女、あんぱん、海神、シークレット・カップル/秘密男女、プラハの恋人、春のワルツ、ファン・ジニ、太王四神記、太陽の女、キム・マンドク〜美しき伝説の商人、赤と黒 他多数

シム・ウンギョンさんのドラマ出演作品
のだめカンタービレ 〜ネイル カンタービレ

実は、ドラマ作品の中で、『のだめカンタービレ』で、シム・ウンギョンさんへの評価が下がってしまうんですね。

のだめと言えば、日本では上野樹里さんが主演をしましたよね。

韓国版の『のだめカンタービレ』をみるとわかりますが、主人公の女の子が可愛く演出されていないんですよね。

そして、映画の方でも『サニー 永遠の仲間たち』以降、ヒット作に恵まれませんでした。

シム・ウンギョンさんの日本への進出について

シム・ウンギョンさんは韓国では、評価がさがってきており、ヒット作に恵まれなくなりました。

そこで、ウンギョンさんは、日本へ活躍の場を求めるわけです。

日本進出の最初の作品は、『新聞記者』という作品ですが、この作品に出演したシム・ウンギョンさんの熱演が認められて、海外の女優としては初の快挙の<日本アカデミー賞 主演女優賞>を獲得したんですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

개미의 생각 아지트(@gaemiargit73)がシェアした投稿

日本進出後に<日本アカデミー賞 主演女優賞>を獲得するってことは、やはりシム・ウンギョンさんは運をもっている女優さんなんだと思います!

スポンサーリンク

まとめ

『七人の秘書』のキャスト朴四朗(パクサラン)役のシム・ウンギョンさんのプロフィールや出演作品についてまとめました。

ウンギョンさんは、韓国ではめちゃくちゃ有名な女優さんですし、韓国ドラマファンは日本で活躍するウンギョンさんを応援しています。

彼女の今後の活躍が楽しみですね!

シム・ウンギョンさんについては、他に記事をまとめていますので、お時間ありましたらご覧ください!

 

シム・ウンギョンさんのプロフィールについてまとめています。

シム・ウンギョンさんが何故、日本に進出したのかまとめています。

『七人の秘書』1話のロケ地の教会について知りたい方はこちらをご覧ください!

『七人の秘書』のキャストの照井七菜についても詳しく触れています。

タイトルとURLをコピーしました