高田広司のFacebookを特定!坂本龍馬と同じモデルガンを製造か?

雑記

元中学校の理科教師の高田広司が、自宅で改造拳銃を所持した疑いで逮捕されました。

こんな、普通そうな人が改造拳銃をつくってしまうなんて怖い所の中ですよね。

本記事では、高田広司のFacebookを特定するとともに、改造銃に販売先についても調査しました。

 

スポンサーリンク

高田広司のFacebookを特定!改造銃の販売先は? 概要

引用元:FNNプライム

モデルガンを作り替えて発砲可能にした改造拳銃を複数所持していたとして、警視庁組織犯罪対策5課などは銃刀法違反の疑いで、名古屋市天白区植田東の元同市立中教諭、高田広司容疑者(70)を逮捕した。

「間違いない。趣味だった」などと容疑を認めている。

逮捕容疑は7月5日、モデルガンを作り替え発砲できるようにした改造拳銃8丁と、違法な改造を施した模造拳銃2丁を自宅で所持したとしている。

組織犯罪対策5課によると、高田容疑者は動画投稿サイト「ユーチューブ」に、自身が自宅で改造拳銃を発砲する様子を撮影した動画を公開していた。

今年2月、この動画を警視庁の職員が発見し、発覚した。 高田容疑者が改造したモデルガンは真正の拳銃と同じ殺傷能力を持っていたという。

同課は弾丸の入手経緯や、改造を始めた時期について調べている。

引用元:産経新聞

 

スポンサーリンク

高田広司のFacebookを特定!

では、高田広司のFacebookを特定していきましょう。

まずは、漢字表記で『高田広司』を調査してみました、画像が↓です。

漢字表記での『高田広司』は見当たりませんでした。

では、英語表記の『hiroshi takada』を調査していきましょう!

英語表記の『hiroshi takada』に関しては、数十ものアカウントがあったのですが、高田容疑者のものと特定できるアカウントはありませんでした。

ニュースでは、高田広司のFacebookアカウントについて報道されていましたので、本来はあるはずなのですが、実際の検索結果にはないということは、アカウントが意図的に削除された可能性があります。

高田広司の所持していた改造銃は、龍馬モデルなのか?

ネットでは、実は高田広司容疑者は、坂本龍馬モデルの改造銃を所持していたともっぱらの噂になっています。

 

実際に高田広司容疑者が所持していた改造銃の中には、龍馬銃と呼ばれているモデルの銃も存在しているとのことです。

高田広司容疑者はさまざまな改造銃を、制作する技術力を持っていたと言えますね。

なんか怖いですね。

では、なぜ高田容疑者は、龍馬銃が作れたのでしょうか?

ネットでは、こんな噂がありました。

高田容疑者は、元日本史の先生で、「会員通信 11-7 高田広司 坂本龍馬と彼の愛銃についてという文書を発行したことがあるとのこと。

実際に高田広司の文献を探してみましたが、坂本龍馬と彼の愛銃という文献は見当たりませんでした。

しかし、信憑性の高い情報でもありますし、継続して調査をしてまいりたいと思います。

新たな情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク

高田広司の住所

では、高田広司の住所はどこなのでしょうか?

名古屋市天白区植田東3丁目に住んでいるようです。

もし、近くに銃を持ってる人が住んでいたなんて、普通思わないですね。

そんな人が近くに住んでいると思うと気持ち良いわけありません。

では、これも新情報が出来次第、本記事をアップデートしてまいります。

 

タイトルとURLをコピーしました