スターバックスのスターはいくらの支払いで貯められる?リワードプログラも解説

Starbucks

スターバックスでのスターを集めるポイント制度、スターバックスリワードプログラムはご存知でしょうか?

なんとなくポイント制度は分かるけど、いくらでスター1つもらえるのか等詳しいことが分からず始められていない、、、

こんな風に思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、スターはいくらで1つもらえるのか、ポイント制度のリワードプログラムの詳細を調査してみました!

スポンサーリンク

スターバックスのスターって何?いくらで1スター貯まる?

スターバックスのスターとは何を指すのでしょうか?

スターとは、登録したスターバックスカードで買い物、サービス利用すると、54円毎にスター1つがもらえるポイントです。

スターバックスでのポイント制度をスターバックスリワード、ポイントをスターということですね!

注意点としては、スターが付与されるのは、スターバックス カードで支払った金額に対してのみです。

他の支払い方法と併用した場合は、Web登録済みスターバックスカードでの支払い額にのみスターが付与される仕組みになっています。

スポンサーリンク

スターバックスのリワードについてプログラムのメリット解説

スターバックスリワードとは、スターバックスの店舗やオンラインストアなどで買い物をするとスターが集まるポイント制度です。

誰でも無料で始めることができ、貯まったスターは自分へのごほうび(リワード)として楽しむことができます。

スターが貯まると、700円(税抜)までの商品を購入できる「リワードチケット(Reward eTicket)」がもらえるのが嬉しい点ですよね♪

よくスターバックスを使う方には、お得で嬉しい制度ですね!

普段飲んでるコーヒーも少しづつポイントが貯まると思うと、なんだかワクワクしながら飲めますよね!

スポンサーリンク

リワードのゴールドスターとグリースターとは?

スターには「グリーンスター」と「ゴールドスター」の2種類があります。

まずはグリーンスター会員から始めていくのですが、この2つの違いを確認していきましょう!

スポンサーリンク

グリーンスターとは?

まず最初に貯められるスターは、全員一律で「グリーンスター」になり、グリーンスター会員です。

この「グリーンスター」を1年以内に250 スター貯めると、「ゴールドスター」が貯まるようになります。

今まで貯めてきた「グリーンスター」はリセットされ、昇格してゴールドスターを貯める形になります。

ゴールドスターとは?

では続いて、「グリーンスター」を経て「ゴールドスター」を貯める、ゴールドスター会員になります。

ゴールドスターは150スター集めると、「Reward eTicket」と交換できます。

このチケットは、1枚につき756円まで(店内飲食の場合は770円まで)の商品1点の支払いに使用可能です。

全国のスターバックスで、ドリンクはもちろん、フード、コーヒー豆などに使えるのが嬉しいですよね♪

金額を超過する場合は、差額の料金を払えば購入できますので、大きいサイズやカスタマイズの際に利用することが望ましいですね!

有効期限は?

注意点として、それぞれに有効期限があります。

グリーンスター:1年毎の更新日まで
ゴールドスター:1年後の翌月1日まで
Reward eTicket:ゴールドスターと交換した日から30日間
それぞれの有効期限に注意して、スターを貯めたり、お得にチケットを使用していきたいですね!

 

まとめ

今回は、スターバックスのスターやリワードプログラムについて、調査してみました!

「スターバックスリワードプログラム」というと難しい気がしますが、スターバックスでのポイント制度ですね!

日常的に使う方や、グッツ等を買う方にはお得な制度ですので、有効期限に注意しながら、この記事を参考に初めて見るのも良いのではないでしょうか。

1人でも多くの方の参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました