エンジニアのストレスと対処方法

お仕事

日々、ITシステムに携わるエンンジニア達。

エンジニアの仕事は、みなさんが思うよりもストレスを感じるものです。

エンジニア達が感じるストレスと、彼らがどの様にストレスに対処してるのか?

実態に迫ってみた!

スポンサーリンク

ITエンジニアってどんな事にストレスを感じるのか?

エンジニアって、もちろんそれぞれの仕事内容にもよりますが、結構ストレスを感じるものです。私がエンジニアだったころ、そして私の同僚のエンジニアはどんなストレスを抱えているのでしょうか?

様々なシーンで感じるストレスについて書いてみました。

時間的なストレス

これは、ズバリ締め切りに対するストレスです。

もちろん、仕事ですから必ず締め切りはあります。

ただ、エンジニア達には自分の能力ではコントロールできない事があります。

  • 設計仕様が決まっていないにも関わらず顧客のITシステムのサービスインだけが決まっている。
  • システムトラブルで障害修正の期日を顧客に設定された
  • 委託先の作業が遅延

こういった遅延をリカバリするために、エンジニアたちは残業で補いたいと考えます。しかし、最近は働き方改革で残業時間が制限されてしまっている。残業が制限されているが故に、余計ストレスを感じる環境になっています。

特に顧客に期日を指定されトラブルの解決を求められたりするとストレスはMAXです。

技術的ストレス

つづいて技術的なストレスです。

エンジニアたるもの、本当はシステムで最新の技術を用いたいと感じるはずです。

しかし、自分がその技術を習得していなかったり、あるいは最新の技術を活用した経験がないにも関わらず、最新の技術の活用が必須だった場合、かなりの精神的ストレスを感じます。

エンジニアは、ITシステムについて設計上の責任をもっていますし、システムにどんな技術を活用するか決定するのはエンジニアの仕事です。

ですから、自分が技術的に確証がないものを採用する事には不安を感じてしまいます。

この不安がストレスになってしまいます。

人間関係のストレスの対処法

人間関係のストレスはどんな職場でもあるでしょう。

エンンジニアが感じる人間関係のストレスは、顧客、メーカー、上司ですが。

ズバリ言うと、顧客や上司から厳しい口調で圧力をかけられる事が多々があります。

  • なんとか期日に間に合わせろ!
  • こんな事(技術)も分からないのか?
  • こんなトラブルさっさと終わらせろ!

これがものすごくプレッシャーに感じますし、大きなストレスを感じるポイントです。

ストレスにどの様に対処したら良いのか

そういうストレスフルな環境の中で、エンジニア達はどの様にしてストレスと向き合ってきたのでしょうか?実は対処法は身近にあり簡単なものばかりです。

時間的ストレスの対処法

時間的なストレス対処法は、上司やプロジェクトマネージャ、顧客などに相談をする事です。

時間的に間に合わない時、トラブル修復の期日を設定された時、スケジュール的にも技術的にもあきらかに無理そうなスケジュールなら、理由を話して「難しいです」と伝えましょう。

ストレスを感じる要素の大半は、自分だけで問題を抱えてしまう事です。

技術的ストレスの対処法

技術的なストレスに関しては、自分で納得するまで実機を使い検証をする事。

これに尽きます。

自分が「不安」を抱えている技術について、見識のあるエンジニアに聞く。

といのも一つの対処法ですし。

また、上司に相談しプロジェクト参加時は、気軽に相談できる相手をつくっておくと言うのもひとつの手ですね。

技術的な部分で、確証が持てれば不安がぐっと減ります。

人間関係のストレスの対処法

この人間関係に関するストレスがもっとも対処が難しものです。

これはエンジニアじゃないあなたも人間関係のストレスを抱えた時は、一度ならず何度となくあった事でしょう。

上司を変えられたり、顧客を変えられたりすればストレスはぐっと軽減できるはずですが、現実は絶対その様にはできません。

だから、いつでも相談できる友人や仲間を持つ事です。

私の場合は、個人で費用を払って、コーチングを職業とするコーチを雇った事もあります。

この時は、やはり相手はプロフェッショナルですからストレスが、逆にモチベーションに変わったりする事も度々ありました。

まとめ

今回、ストレスと対処法について書いてきましたが、やはり相談できる同僚や友人、上司がいてかしこまらずに話ができるとストレスを軽減する事ができます。

人間ある程度までは我慢がききます。しかし、その我慢も一線を超えてしまうと心を痛めてしまう事にもなりかねません。

ですから、あなたも是非、周りの人たちとの人間関係を良い関係で築いていく事をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました