今私たちの学校はの結末を考察!最後の意味はゾンビの世界の始まりか?

今私たちの学校は

Netflixで話題作、韓国のゾンビドラマ「今私たちの学校は」を皆さんご覧になったでしょうか?

物語は結末を迎えましたが最終回に意味ありげなシーンが何個かありましたね。

「今私たちの学校は」の結末にはどのような意味が隠されていたんでしょう。

最後まで生き残ったのは誰なのかを明らかにして、今回は「今私たちの学校は」の結末について考察していきます。

スポンサーリンク

今私たちの学校はの結末を考察!

みなさんは「今私たちの学校は」の結末がどんな感じだったのか覚えていますか?

軍は爆弾を落としその後軍隊を派遣して学校や街にいるゾンビたちを殲滅します。

メインキャストのオンジョたちは学校から脱出して保護施設に入ることになりました。

数ヶ月後、オンジョが仲間たちを供養しているところに行くんですね。

そこから学校の屋上でたき火しているのを見かけてオンジョたちは学校の屋上に向かいました。

そこで屋上で半分ゾンビになったナムラと再会し、ナムラと同じようなゾンビたちがまだいることを話して終わりました。

このような結末だったんですが、最終回のストーリーに個人的に気になる点があるんです。

それは学校から脱出した後に仲間の一人がゾンビに噛まれて死ぬシーンなんです。

「今私たちの学校は」の終盤なのにこの仲間が死ぬことがストーリー上必要ではないように思うんですよね。

そこで考えられる理由に生き残る人の共通点が隠されていました。

生き残った人たちは目の前で大切な人が死んでいるんです。

親友が噛まれゾンビになったり、助けに来た両親が変わり果てた姿になったりしています。

最終回までにチャン・ハリ以外みんなは大切な人が目の前で死んでいました。

とすると、チャン・ハリの大切な人の弟チャン・ウジンが死ぬことは共通点から考えると決まっていたんじゃないでしょうか。

チャン・ハリは物語の中盤に弟を探しに教室まで見に行くほど大事にしていました。

このシーンを入れたのもチャン・ウジンが後々死ぬことになる理由を作るためじゃないでしょうか。

この共通点から生き残ったハリたちが助けなかった大人たちへの憎しみをつくらせ、続編につながるものを残したように思いますね。

スポンサーリンク

今私たちの学校はの結末生き残るのは誰?

「今私たちの学校は」で最終的にだれが生き残ったか気になりますよね。

生き残ったのは半分ゾンビを含めて7人でした。

名前をあげると、ナム・オンジョ、イ・スヒョク、チェ・ナムラ

ソ・ヒョリョン、ヤン・デス、チャン・ハリ、パク・ミジンの7人です。

チェ・ナムラは半分ゾンビで他の6人とは違うところで生き残っていました。

スポンサーリンク

今私たちの学校はの結末の意味は?

「今私たちの学校は」の結末で学校の屋上で半分ゾンビのナムラに会い、ナムラが「行かなくちゃ」と行った先を見て驚愕して終わりました。

生き残った6人が驚いたのは予想もしてない半分ゾンビの人数がそこにいたからでしょう。

軍の殲滅作戦でほとんどゾンビはいなくなり、感染区域の隔離はされているが戒厳令も解除されている状況。

そんな解決ムードでオンジョたち6人はゾンビはいなくなったと思っています。

ナムラが生きていたので半分ゾンビの生き残りがいても少数と思っていたんでしょう。

でも、予想以上に半分ゾンビは生き残っていた。

これがラストシーンに込められた意味なんだと思います、つまりゾンビの世界の始まりと拡大への前兆。

>>今私たちの学校はのシーズン2続編について

あと確証はありませんがおそらく新しいゾンビもその場にいた可能性があります。

なぜならオンジョたちの目線が下ではなく真っ直ぐ向いていたんです。

ナムラは屋上から飛び降りていったので見るなら下をのぞき込むはずなんです。

しかし、オンジョたちは立ったままの目線で驚いていました。

とすると、屋上から見てもわかる大きなゾンビがいて驚いたんじゃないでしょうか。

どうなっているか本当のところわかりませんが可能性はあると思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「今私たちの学校は」の結末について考察しました。

「今私たちの学校は」で気になったところは続編へ意識を向けさせるためだと思います。

生き残った7人たちはどうなるんでしょうね。

すべてが明らかになるのは「今私たちの学校は」シーズン2、首を長くして待っていましょう。

>>今私たちの学校はのシーズン2続編について

タイトルとURLをコピーしました