D.P.-脱走兵追跡官-第2話のあらすじと感想を簡単に!

D.P.

こんにちは。韓国ドラマ「D.P.-脱走兵追跡官-」の第1話はどうでしたか?

今まで取り上げた事がない種類の作品ですね。

日本では軍制度がないのでよくわからない事があります。

このドラマを通じてどんな事をしているのかわかると見方も変わってくるのではないでしょうか?

では、「D.P.-脱走兵追跡官-」第2話のあらすじをお伝えします。

スポンサーリンク

D.P.-脱走兵追跡官-第2話のあらすじ

引用元:Netflix

軍病院のシャワー室でタバコを吸っている入院中の軍人達。

そこに1人の男が入って来る。

頭を洗っている最中、ハン・ホヨン(ク・キョファン)氏と呼ばれ、振り返ると軍医から復帰するように命じられた。

軍に新任の補佐官イム・ジソプ大尉(ソン・ソック)が来た。

ジュノ(チョン・ヘイン)は独房に入れられていた。

イム大尉はパク中士(キム・ソンギュン)に事情を説明。

パク中士はジュノの所へ行き、ジュノを独房から出した。

部屋に戻ったジュノにファン(シン・スンホ)がまたいじってきた。

そこにハン上等兵(ク・キョファン)が帰ってくる。

それからハン上等兵とジュノはラーメンを食べていると、ハン上等兵が「ソンウを殴ったんだろ、よくやった」と言ってきた。

そしてホヨンとジュノは2人は、脱走兵の捜索の任務へ出かける。

まず、2人はネットカフェに入り、そこでジュノはホヨンから脱走兵どうしたら見つけられるのかを教えてもらっていた。

ネットカフェを出た2人は、様々な場所を捜索しながら、脱走兵の捜索の仕方を教えてもらうジュノ。

だが、ホヨンはちょっと抜けている所があるのでそれをジュノが上手くカバーする。

それから多くの場所を捜索した結果、ジュンモク(脱走兵)に会ったという証言する人が現れた。

パク中士から連絡が来て、脱走した理由がわかったと言われた。

その理由とはイビキが酷くて眠れないと仲間からいじめられたことが原因だったのだ。

そして、ジュンモク(脱走兵)が2日前にカードで食事した事がわかり、場所の特定が大体出来たので行く事に。

だが、活動費が足りなくなってきたのでホヨンは奥の手を使おうと言い出す。

そしてサウナへ行く2人。

番台に作り話をしてタダで入れてもらう事に。

それから番台が眠っている隙にお金を払わず出て行った。

ホヨンはパク中士に連絡をし、もう1つ令状を取って欲しいと頼む。

そしてホヨンとジュノは作戦開始。

ネットカフェに行き、見つけたと思ったら人違いだった。

ふと、外を見たジュノは「居場所がわかったかもしれない」と言った。

そこに行ってみると遂にジュンモクを見つけた。

ジュンモクに申し訳ないと言いながら手錠をかけるジュノ。

バスでジュンモクを連れて帰る2人。

それからジュノは不思議な現象に遭遇してしまう。

それは『独房の監視の任務中に、なぜか死んだ脱走兵と会話をするという体験』だった。

スポンサーリンク

D.P.-脱走兵追跡官-第2話の感想

引用元:twitter

新たな相棒が出来ましたね。

ちょっと変わっている感じもするけどきちんと任務をこなしてる感じがします。

前の上等兵はそれすら出来ていなかったから・・・

皆、前の上等兵にはウンザリしているようでしたね。

袋のまんまラーメンを食べているのは何だか今まで見た事ないような気がします。

任務へ出かけるジュノにホヨンはクイズ形式で教えてあげていたのが良かった感じがしました。

それなら行動パターンやいろいろな知識が培って見つけやすくなるのかな?と思いましたね。

脱走した理由が可哀想でした。

そんな事でいじめをするの?なんて思いましたね。

本当にこんな事があるのかと思うと怖いです。

ジュノの勘が凄いなっと思いました。

なんで地下鉄で目撃されているのかとかどこで食事をしていたのかとか時間で絞っていく所に関心しましたね。

もう死なせたくないと思っていたに違いないと思いました。

そして読み通りに見つける事が出来て良かったです。

ジュノがバスの中でジュンモクに母と電話させていた所はウルっとしてしまいました。

なぜ独房の監視中に死んだ脱走兵と会話していたのかが気になります。

スポンサーリンク

D.P.-脱走兵追跡官-第2話のまとめ

本当にこんな部隊がある事が凄いです。

いじめで脱走する人が多いのでしょうね。

理由が何ともちっぽけな理由でいじめられている事にビックリです!!!

なんでそんな事をするのでしょうかね?

理解しがたいです。

そして死んだ脱走兵と会話をしているのは記憶の中でなのでしょうか?

それとも夢?

たくさんの興味をそそられるドラマではないでしょうか。

気になりますね。

「D.P.-脱走兵追跡官-」の第1話へ

タイトルとURLをコピーしました