愛の不時着第11話のあらすじ感想とリジョンヒョクの名言とは?

愛の不時着

Netflixで全世界に放送され話題となった愛の不時着は、北朝鮮と南朝鮮(韓国)という簡単に行き来ができない2国で、運命的に出会った2人が数々の出来事を乗り越えハッピーエンドを迎えることができるのか?とネット上でも多くの反響がありました。

スピード感のあるストーリー展開で多くの人を虜にした愛の不時着の今回は11話のあらすじと感想についてお伝えいたします。

スポンサーリンク

愛の不時着 第11話 あらすじ

10話の最後に、なんとリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)がソウルの街に現れました。運命の2人は広いソウルでも、もちろん出会えるんです。

韓国に帰ってきてから、よく眠れない日々を過ごしていたユン・セリ(ソン・イェジン)の前に突如現れたので、夢ではないかと信じがたい表情で涙ぐむ姿はとても印象的でした。

11話では、なんとリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)は金鉱山跡を20時間も這って進んでやっと韓国にたどり着いた事がわかりました。チョ・チョルガン(オ・マンソク)が韓国にいて、ユン・セリ(ソン・イェジン)を狙っているという事実を伝えます。

ソウルはカメラで監視されているから危ないと、一緒に家に帰ることにしたユン・セリ(ソン・イェジン)。北朝鮮からソウルの家に帰ったら、みんなが無事を喜んでくれたんだと嘘をつきます。

兄夫婦が急に家を訪れ、北朝鮮にいたことを知っている、このことが世間にバレたら大変な事になるとユン・セリ(ソン・イェジン)を脅します。2人はすべてを知っていたのに助けなかったんですね?あそこに永遠に住んで欲しいと望んでいたんでしょ?と言い合いになりました。

兄夫婦が帰った後、嘘をついた事がバレてしまい、韓国に戻った後も無事を喜んでくれるどころか苦しんでいるユン・セリ(ソン・イェジン)をリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)がそっと抱きしめました。

隊員達はリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)をまだ探すことができず、限られた所持金で韓国サウナに宿泊していました。

翌日ユン・セリ(ソン・イェジン)はリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)と一緒にいるため、ボディーガードとして採用し、韓国のスタイルに合わせるためデパートでリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)のためのスーツを何着も買います。

その夜チョ・チョルガン(オ・マンソク)がブローカーと会うという情報を入手したリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)はユン・セリ(ソン・イェジン)と別れてその場所へ行くのですが、実はその日ユン・セリ(ソン・イェジン)が1人になるのを待って狙おうとしていたチョ・チョルガン(オ・マンソク)は駐車場で待ち伏せします。

チョ・チョルガン(オ・マンソク)に気づいて、逃げるユン・セリ(ソン・イェジン)そこにリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)が間に合って、助けるところで11話は終わりました。

チョ・チョルガンがソウルでも2人の邪魔をしてきます。逃げるユン・セリを助けるためリ・ジョンヒョク間に合って良かった。ドキドキの展開でした。

スポンサーリンク

愛の不時着 第11話 感想

ソウル編が始まり、早速ヒョンビンのスーツ姿に沼落ちしてしまう人が多くいたのではないでしょうか?私もその1人です。

内容はもちろんですが、11話は北朝鮮ではなかったファッションショーの様な2人のファッション、スタイルの良さに目が離せませんでした。

また隊員達の韓国でのやりとりも可愛すぎて癒されます。ただユン・セリの家族は、家族とは思えないほどひどい対応。以前スイスで死にたくなったユン・セリは、こんな家族との人間関係に疲れたという事ですね。

今はリ・ジョンヒョクが抱きしめてくれるからそれだけで幸せ。ユン・セリに幸せになって欲しいと祈りながら12話へ。

スポンサーリンク

愛の不時着 第11話 名言

11話でユン・セリ(ソン・イェジン)が、ソウルに戻ってきた事を全く喜ばず、むしろ帰ってこない方が良かったという態度の兄夫婦に名言を口にします。

気になる名言だったので一緒にご紹介いたします。

「 人生で忘れてはならない3種類の人がいる。①困難な時に私を助けてくれた人。②困難を抱えた私を放っておく人。③困難な状況に私を落とした人。だから決して二人を忘れません。」

その後リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)はこう言って慰めます。

「 人生で決して忘れてはならないのは嫌いな人ではなく好きな人だ。嫌いな人の記憶はあなたの心を傷つけて損だ。好きな人について考えろ。そうすれば、よく眠れ、よく食べられる。」

良い言葉!悪い人ではなく、好きな人だけを覚えていれば幸せになれる。ユン・セリに幸せになって欲しいと強く願うリ・ジョンヒョクらしい解釈でしたね。

スポンサーリンク

愛の不時着 第11話 まとめ

北朝鮮でのストーリーも楽しかったですが、ソウルでのストーリーも最高!あっという間に1話が終わってしまいます。無駄なストーリーがないなと改めて思います。

11話からはソウルでのユン・セリのセレブ生活に徐々になじんで行くリ・ジョンヒョクと全然ソウルになじんでいない隊員達がいつリ・ジョンヒョクとユン・セリにたどり着くのかが楽しみ。

場所は変わってもチョ・チョルガンの危険度は変わらずなので、早く捕まって帰ってくれと思いながら見ていますが、何かありそうで不安です。12話も楽しみですね。

愛の不時着第10話へ                                     愛の不時着第12話へ

タイトルとURLをコピーしました