梨泰院クラス・シーズン2の予定は?韓国メディアの情報を調査し考察

梨泰院クラス

みなさん『梨泰院クラス』を見終わった感想はいかがですか?

『梨泰院クラス』に熱狂した方は、梨泰院クラスロスにおちてしまって、いつでもセロイ(パク・ソジュン)や、イソ(キム・ダミ)スア(クォン・ナラ)をみたくなってしまうようです。

人によってはロスに耐えられなくなって、梨泰院クラスのOSTを流しっぱなしの人もいるんだとか。笑

本記事では、『梨泰院クラス』のシーズン2の予定について、韓国メディアでの報道を中心に、現在の状況をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

梨泰院クラス・シーズン2の予定は?

この投稿をInstagramで見る

@pctyn2021がシェアした投稿

日本では、多くの韓国ドラマファンがNetflixで視聴した『梨泰院クラス』。

見終わったファンが、梨泰院クラス・ロスを感じるほどに、セロイ(パク・ソジュン)の復讐&成功物語と、スア(クォン・ナラ)とイソ(キム・ダミ)との恋愛物語に心を奪われてしまいました。

こんなに人気で面白いドラマですから、当然、『梨泰院クラス・シーズン2』の撮影が開始されるのではないかと期待しているファンも沢山います。

Twitterで見ると↓のように、『梨泰院クラス・シーズン2』を期待するツイートが沢山ありますよ!

しかし、残念ながら公式(JTBC)からは、『梨泰院クラス・シーズン2』の放送の予定は発表されていません。

それで、韓国のメディアサイトを探っていくと、恐ろしいほど『梨泰院クラス・シーズン2』に関する報道がされていませんでした。

『ヴィンチェンツォ』『トッケビ』などの人気ドラマでは、韓国メディアでもシーズン2に関する報道されていました。

しかし、『梨泰院クラス』では、皆無なのです。

このままでは、『梨泰院クラス・シーズン2』は絶対に制作されることは、ないと断言できるほどです。

では、いったいなぜ、このようにメディアは沈黙しているのでしょうか?

スポンサーリンク

梨泰院クラス・シーズン2に関して韓国メディアで報道ががない理由

韓国メディアで『梨泰院クラス・シーズン2』の報道がされない理由は、

それは、韓国での『梨泰院クラス』の評価が日本ほど高くないことが挙げられます。

韓国のアプリ「WHATCHA PEDI」(映画・ドラマ・アニメの紹介)では、梨泰院クラスの評価は低評価で、5点中で3.3の評価なんです。

もともと『梨泰院クラス』は、原作が電子コミックで配信されていた漫画が大ヒットして映像化されたんですね。

原作の漫画は、かなり評判が高かったようで、漫画を読んだ人が改めてドラマを見ても感動は少なかったというのが韓国の視聴者の評価のベースになっているようです。

また、結構厳しい意見として、男のロマンだけを追求してドラマにしか過ぎないという意見も多かったようです。

こういったところが、ドラマ『梨泰院クラス』が低評価だった理由のようです。

韓国では視聴者が『梨泰院クラス・シーズン2』に関して興味がないのであれば、韓国メディアでも報道はされませんよね。

しかし、本質的に『梨泰院クラス・シーズン2』が制作されないであろう強い理由があることがわかりました。

スポンサーリンク

梨泰院クラス・シーズン2が制作されない強い理由

ドラマ『梨泰院クラス』には原作の漫画があることは、前章でお話しましたね。

『梨泰院クラス・シーズン2』が制作されない本当の理由は原作にあります。

それは、原作である漫画の『梨泰院クラス』はすでに完結していて、ドラマ『梨泰院クラス』では原作の内容は全て描かれていたからです。

つまりドラマ『梨泰院クラス・シーズン2』を制作する原作のネタがもうないことを意味しています。

スポンサーリンク

梨泰院クラス・シーズン2は実現するか?大胆予測

これまで、『梨泰院クラス』のシーズン2の予定について調査をしてきましたが、調査の結果は、現在のところシーズン2は制作されないだろうと考察されます。

理由は今まで述べてきた通り、

  • 韓国では日本ほどの人気作品ではなかった
  • 原作が完結していて、ドラマもの原作の内容は全て描かれていて、原作にもシーズン2の予定がないこと

と、いうことで、『梨泰院クラス・シーズン2』を制作するには、大きな壁があるということです。

スポンサーリンク

ヴィンチェンツォシーズン2の予定はあるか?まとめ

『梨泰院クラス』のシーズン2が制作されるかどうか?の予定について、韓国メディアからの評価や原作の物語から考察しました。

日本の『梨泰院クラス』のファンは、シーズン2を見たがっていますので、シーズン2が放送されることを密かに期待してます。

『梨泰院クラス・シーズン2』に関しては、韓国メディアの方にもアンテナをはって、情報の変化がでてくれば、また記事を更新していきます。

 

タイトルとURLをコピーしました