青い海の伝説のテオ役の俳優は誰?日本語が上手な理由や配役の前世について

韓国ドラマ

韓国ドラマ『青い海の伝説』は、イ・ミンホ×チョン・ジヒョンがW主演したということで話題のドラマです。

また、『青い海の伝説』は、イ・ミンホ演じるホ・ジュンジェ、ナムドゥ、テオの3人のイケメン詐欺師たちの絡みが、コメディタッチで本当に面白いんですよ!

この記事では、このドラマの楽しい雰囲気をつくっていているイケメン詐欺師のテオ役を演じる俳優についてお伝えするとともに、日本語が上手で理由や、テオが関わる前世についてお伝えします。

スポンサーリンク

青い海の伝説でテオ役を演じた俳優って誰?

青い海の伝説で、テオ役を演じたのは、シン・ウォンホさんです。

シン・ウォンホさんの基本プロフィール
生年月日:1991年10月23日生
出身地:韓国ソウル市
身長:185cm
体重:66Kg
血液型:A型
言語:日本語、韓国語

シン・ウォンホさんって、多国籍男性アイドルグループ、CROSS GENE(クロスジン)のメンバー でSHINって呼ばれているんです!


この動画の中では、メンバーがシン・ウォンホさんを含め、5人ですが現在は、2人での活動になっていますね。

シン・ウォンホの芸能活動活動歴

簡単に、シン・ウォンホさんの経歴を振り返ると。。。。

シン・ウォンホさんの韓国の芸能活動は最初は、モデルとしての活動だったんですって。

なので、モデルでデビューをして、数多くのCMに出演。

2011年には、『アジアモデル賞授賞式』でCFモデル賞を受賞するなど、モデルとしてはずいぶんと目覚ましい活躍だったとのこと。

同年、2011年にドラマ『僕らのイケメン青果店』に出演して俳優の活動も開始。

2012年には、『ビック』でコン・ユさんやイ・ミンジョンさんとも共演をしていたので、覚えていらっしゃる方も多いと思います。

主演のコン・ユさんと交通事故で、魂が入れ替わってしまう役どころでしたので、記憶に残っているのではないでしょうか。

そして、同年の2012年に、日中韓のメンバーで形成された多国籍男性アイドルグループ「CROSS GENE(クロスジーン)」として歌手デビュー。

2013年には、CROSS GENEは日本進出を果たします。

この時、同時に日本でもファンクラブが発足していますね。

その後の2015年には、日韓共同制作のドラマ『シークレットメッセージ』に出演。

上野樹里さんと共演しています。

翌年2016年には『青い海の伝説』へ出演されるわけです。

日本語が上手な理由は日本人メンバー?

青い海の伝説でテオが上手に日本語を使うシーンが撮影されていましね。

また、『シークレットメッセージ』に出演した時も、スタッフからは、日本語の発音が素晴らしかったと評価されていたとのこと。

なぜ、日本語が上手なのかというと、

CROSS GENEが5人で活動していた時、メンバーの一人に寺田タクヤという日本人がいたんです。

シン・ウォンホさんは寺田さんとは、ずいぶんと親しかったんですって。

だから、日本語が上手なんだとか。

ちなみに熱愛彼女は?

シン・ウォンホさんの熱愛に関しては、韓国の情報サイトも含め情報がありません。

やはり韓国のアイドルも、恋愛禁止で異性との交友関係は、厳しく管理されているので、表立った報道はなかったです。

ただ、シン・ウォンホの理想の女性は、「微笑みがきれいな女性」だそうです。

具体例が、欲しいところです。笑

スポンサーリンク

青い海の伝説でのテオが関わる前世の因縁とは?

青い海の伝説って、前世と今の世界がリンクしながらドラマが進行していくんです。

  • 前世で人魚セファ(チョン・ジヒョン)は、今世でも人魚でシムチョン
  • 前世でタムリョン(イ・ミンホ)は、今世ではジュンジェ

↓前世のセファとタムリョン

引用元:テレビ東京公式ページ

↓今世のシムチョンとジュンジェ

引用元:テレビ東京公式ページ

で、この二人は前世でも今世でも恋に落ちるんです。

青い海の伝説でテオが関わる前世の因縁とは?

では、テオが関わる前世の因縁とは?

前世で叶わなかった恋を、現世まで持ってきた人物がいます。

それがシアなんです。

シアの恋は前世でも、今世でも満たされることはありませんでした。

前世でもタムリョンとの恋が成就することはありませんでした。

また、今世でもジュンジェの恋は成就することができません。

そこで、シアの恋心はテオに向いていくという筋書きなんですね。

そしてシアとテオはお互い両思いになって、シアの恋は成就するのでした。

青い海の伝説のテオについて

テオは、3人のイケメン詐欺師のトリオの1人です。

また、このドラマの面白いところの一つなのですが、ジュンジェ(イ・ミンホ)とは一つ同じ部屋で生活しているんです。笑

そして、アイドルなみのルックスですが、世界一の天才ハッカーといった役どころなんですよ!

ですから、コンピュータやインターネットに関しての知識は、並外れた知識の持ち主なんです。

そんな才能の持ち主ですから、ジュンジェから誘いをうけて韓国で詐欺師をしているのですが、誘い文句は、『韓国のインターネット環境は世界』なんですって。笑

ですから、純粋な面があるんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

신원호(@cg__shinwonho)がシェアした投稿

スポンサーリンク

青い海の伝説のあらすじ

では、青い海の伝説とはどのようなドラマだったのでしょうか?

1598年、激しい嵐で海岸に打ち上げられてしまった美しい人魚セファ(チョン・ジヒョン)は、権力者で商人のヤンに捕まってしまう。

ヤンは新しく赴任してきた県令のキム・タムリョン(イ・ミンホ)に取り入るため捕らえた人魚を見せるが、人魚を哀れに思ったタムリョンは、人魚を自由にするよう命じる。

時は流れ、現代のソウル。タムリョンはホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)という稀代の詐欺師に生まれ変わり、世界をまたにかけて詐欺を働いていた。

そんなある日、スペインに滞在していたジュンジェは、ホテルの部屋で見知らぬ女性を発見。それは、初めて陸に上がってきた人魚(チョン・ジヒョン)だった。ジュンジェは言葉も話せず、すぐ他人を信じてしまう純粋で無防備な彼女を放っておくことができず…。

引用元:TBS公式ホームページ

 

スポンサーリンク

青い海の伝説を無料で楽しむ!

青い海の伝説は、U-NEXTで見ることができますよ!

また、U-NEXTが提供する31日間の無料トライアルを活用するとお得ですから、この機会にガンガン活用しちゃった方が良いですよ!

韓国ドラマ『青い海の伝説』を無料で見るためには、U-NEXTが提供する31日間無料トライアルをご活用ください。

U-NEXTを無料で試してみる!

上のリンクをクリックすると、31日間の無料視聴のトライアルを始められます。

『青い海の伝説』をこの機会に見てみたい方は、このトライアルを活用して31日の内に全話分視聴しちゃってください。

『青い海の伝説』は全16話ですから、楽々全話見る事ができますよね!

全話、視聴が完了しましたら、他の動画もどんどん見ると良いと思います。

また、U-NEXTでは、20万本以上の映画やドラマを見る事ができますし、韓国ドラマも800本以上が視聴できます!

続いて、31日間の無料トライアルでの特典についてお知らせします。

U-NEXTの31日間無料トライアル特典について

U-NEXTの31日間無料トライアルの特典についてですが、

1 見放題作品が31日間無料で視聴可能

  • 無料トライアル中に、800本以上の韓国ドラマの見放題作品が視聴可能

2 600円分のポイントを獲得

  • 31日間の無料トライアル中、600ポイントが付与されます。
  • ポイントを使って新作の視聴が可能

3 80誌以上の雑誌の購読

  • 雑誌も無料購読可能

31日間間の無料トライアル期間を活用して、U-NEXTを気軽に体験してみては如何でしょうか?

トライアルに登録してから31日間は無料ですから、この間に、あなたの見たい人気の海外/国内のドラマや映画を見ていただき、これ以上は続ける必要がないと思ったら解約すればよいのです。

初回登録の方限定の、31日間の無料トライアルキャンペーンです。この機会を逃してはいけません!

U-NEXTを31日間 無料で使う

韓国ドラマ好きな方にU-NEXTをおすすめする理由

あなたが韓国ドラマが好きなら、U-NEXTをおすすめしますよ!

なぜなら、韓国ドラマの配信数が圧倒的に多いからですね!

だから、韓国ドラマが好きならU-NEXTに加入していて損はありません。

配信サービス無料お試し期間月額料金(税込)韓国ドラマ配信数
U-NEXT31日間2,189円約800本
ABEMAプレミアム14日間960円約100本
Hulu14日間1,026円約120本
Amazonプライム30日間500円約80本
dTV31日間550円約350本
Netflix880〜1,980円約100本
TELASA30日間618円約90本
FOD14日間976円約250本
TSUTA TV30日間1,026円約200本

 

まとめ

青い海の伝説で、イケメン詐欺師(ハッカー)のテオ役を演じた俳優のシン・ウォンホさんについてお伝えしました。

シン・ウォンホさんは、韓国ドラマ『ビッグ』に出演した時にも、ルックスがかわいいと、話題になってましたね。

シン・ウォンホさんの歌手として活動は少なくなっていますので、これからは俳優としてのシン・ウォンホさんを見ることが多くなるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました