BLACKPINKの年収はいくら?メンバーや他グループと比較

blackpink

最近新曲を出したBLACKPINKですが、彼女たちの年収っていくらなんだろうと思ったことってありませんか?

韓国内だけでは飽き足らず、アメリカや日本などでも大人気なグループですのでたくさん稼いでいるでしょう。

また、メンバーがソロで活動していますがメンバーの中でも収入に違いはあるのか気になりますよね。

今回はBLACKPINKの年収はいくらなのか、メンバー毎の収入や他グループの収入を比較していきましょう。

スポンサーリンク

BLACKPINKの年収はいくら?

『K-POP=BLACKPINK』と言われる彼女たちの年収はいくらくらいなんでしょうか?

調べたところ、推定35~50億円ほど稼いでいるといわれているようです。

BLACKPINKの1グループで何十億円も作り出してるんですね・・・・計り知れませんね。

アルバム・ライブ・YouTubeを基に年収を計算してみましょう。

アルバム

2020年発売『THE ALBUM』はリリース後1週間の初動売り上げ枚数は約68万枚でした。

金額になおすと、推定で「68万枚×3000円=20.4億円」になるんですね。

ライブ

次にライブですが、2019年に行われたワールドツアーが約40億円と言われています。

このワールドツアーは25公演していたので、1公演1.7億くらいになりますね。

YouTube

YouTubeに関しては、2022年9月現在でBLACKPINK登録者数が7900万人ほどいるんですね。

MVは大体何億再生でその他の動画も何百~何千万回再生したりしていました。

基本的にYouTubeの収益は1再生0.05~0.1円くらいと言われています。

なのでYouTubeの総再生回数×0.05~0.1円の単純計算で12億~25億円くらいになりますよね。

20億+40億+12億=72億円もの利益を生み出すBLACKPINK。

今回もアルバムとワールドツアーが控えているので60億ほど利益を出すと思われます。

なので、年収としたら60億円近くになるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

BLACKPINKメンバーの年収は?

BLACKPINKのメンバー毎に収入に違いはあるんでしょうか?

BLACKPINKとしての収入はおそらく給料制なのでメンバー全員が一緒になっているはずです。

ただ、ソロ活動しているメンバーもいるので差はありそうですよね。

メンバー毎に年収をみていきましょう。

ジス

ジスはBLACKPINKの活動以外にも、女優業とアンバサダーもしています。

アンバサダーはいわばそのブランドの顔という事なので推定800万~2000万くらいになるそうです。

ジスはDiorとカルティエの2社と契約しているので、BLACKPINKの給料プラス2000万円くらいかと思われます。

ジェニ

ジェニはアンバサダーはもちろんのことソロデビューもしています。

シャネル・カルヴァンクライン・HERAの3社と契約しています。

また、ソロ活動の収入もあるのでジスよりは少し多いと思いますね。

ロゼ

ロゼもアンバサダーとソロデビューしています。

アンバサダーとしてはイブ・サンローランとTiffanyと契約していました。

契約数だけで見るとジェニよりは収入が少ないと思われます。

リサ

リサもジェニとロゼ同様にアンバサダーとソロデビューしていました。

リサが契約しているのはセリーヌ・ブルガリ・MACの3つですね。

ジェニとリサは似たような年収だと思います。

ソロデビューは別として、アンバサダーに関しては数に違いがあれど金額的にそこまでの差はないように思います。

1人当たり3億円くらいもらっていても不思議じゃないですね。

BLACKPINKと他グループの年収を比較

BLACKPINKと他のグループとも比較してみましょう。

BLACKPINKとaespaとTWICEの3つでみていきます。

BLACKPINK

BLACKPINKはカムバックするとたちまちランキング上位に来るグループですね。

2022年8月にシングル『PINK VENOM』を出し、9月にアルバム『BORN PINK』をリリース予定で予約枚数は150万枚を超えています。

さらに10月からワールドツアーが始まりますので、おそらく今年度イチ稼ぐグループになります。

先述の通り、BLACKPINKは60億円ほどの収益が見込めますね。

aespa -(エスパ)

aespaは今勢いのあるグループで、7月に発売したミニアルバム『Girls』の売上が140万枚を記録しました。

ミニアルバムが2700円なので、単純計算で37億円近くになりますよね。

YouTubeはチャンネル登録者数が400万人ほどですので数百万円程度の収益でしょう。

ただライブは今のところショーケースと事務所の合同ライブしかありませんでした。

なので、年収は40億前後くらいだと思います。

TWICE

TWICEは日本でも大人気のグループで、2021年末からワールドツアーが開催していました。

久しぶりのワールドツアーでしたが大団円で終わりました。

また、ミニアルバム『BETWEEN 1&2』がリリース予定で予約枚数は100万枚超えになっているそうです。

なので、年収は50億~60億円前後くらいでしょう。

総合的にみてもBLACKPINKは一番稼いでいるグループですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はBLACKPINKの年収はいくらかや他グループと比較してみてきました。

BLACKPINKは推定年収が約60億円ほどで、メンバー間の格差はなく1人当たり3億円くらいになりますね。

名実ともにK-POPを代表するBLACKPINKの活躍を注目していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました