IVEユジンの高校は?中退することになった理由について

IVE

2021年12月にデビューしたIVE(アイブ)はビジュアルが最高と日本でも人気の韓国アイドルグループです。

期間限定で活動していたIZ*ONEの元メンバーであり、今IVEのメンバーである、ユジンとウォニョンは中でも特に人気が高く、SNSでも可愛すぎるというコメントが多く見られます。

今回は現在IVEのカリスマリーダーとして活躍するユジンが、高校を中退することになった理由や時期などについて考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

IVEユジンの高校は?

ユジンが通っていた高校は、ソウル公演芸術高等学校で、制服が派手なカラシ色なので通称「カラシ高校」と呼ばれています。

芸能人が多く通い、今まで卒業した有名人はBTSジョングク、元missAスジ、EXOセフン、カイ、NCTジェノ、テヨン、SEVENTEENウォヌ、パク・ジフンなど数え切れないほどです。。

何が特別なのかというと、ダンスレッスンがあったり、ボーカルレッスンがあったりと授業内容が特殊なのと、芸能活動も出席日数と数えられるので、忙しい芸能活動をしているアイドルがなかなか高校に通えなくても問題ないというところです。

芸能人が多く通う高校ですが、校則は比較的厳しく、メイクも禁止なんだとか。

場所は、ソウル特別市 九老区で英語名が「 School of Performing Arts Seoul」、 学校名の略称は 「서공예 (ソコンイェ)」 、「SOPA」と呼ばれる事もあります。

スポンサーリンク

IVEユジンが高校を中退することになった理由について

ユジンがこのソウル公演芸術高等学校に通っているというのは明らかになっていましたが、ある日事務所から下記のような発表がありました。

「アン・ユジンとその両親と弊社、所属事務所が一緒にアン・ユジンの現在の状況と今後の未来について長時間にわたって慎重に議論してきており、独学やホームスクーリング(家庭に拠点を置いて学習を行うこと)の方法で学業を続け、高等学校卒業程度認定試験などを通じて学力を認めてもらう方向で意見が一致した」

さらにこの件については、「アン・ユジン本人と両親の意志を尊重し、これから全面的に支援し、これが叶えられるようベストを尽くす予定だ」とユジンやユジンの両親と約束したことを発表。

つまり、ユジンが事務所と話し合いをして、高校を退学する事を決めたということですね。

スポンサーリンク

IVEユジンが高校に通っていた時期は?

Mnet「PRODUCE48」を通じてデビューしたプロジェクトグループIZ*ONEのメンバーとして活躍していたユジンは、スケジュールがハード過ぎて、高校をやめてIZ*ONEの活動に集中することにしたようです。

IZ*ONEのメンバーが決定したのは、2018年8月31日。

ユジンはその時まだ14歳でした!!

9月1日が誕生日なので、すぐ15歳になりましたがIZ*ONE最年少のウォニョンと1歳違いなのに、大人っぽい雰囲気で、ボーカル、ダンスとトップレベルの実力をほこり、オーディション番組開始から人気のメンバーでしたね。

2年6ヶ月の期間限定で、2021年4月までの活動だったIZ*ONEですが、デビューが2018年10月29日

デビュー後すぐの2019年に高校生となったユジンですが、その後半年で高校を退学することになってしまいました。

ファンの反応について

高校を退学するという決断をしたユジンについては、忙しすぎるスケジュールなのではないか?入学式がとても楽しそうだったから、退学の決断は相当辛かったのでは?と心配する声もありました。

誇らしい!とか、IZ*ONEの活動のために楽しい高校生活を終わりにする決断をしてくれて、ありがとう、これからもずっと応援しますという声もありました。

IZ*ONEは期間限定とはいえ、とても人気のグループだったので、両立が難しかったのかもしれませんが、普通の高校生活も送りたかったはず!ユジンも辛い決断をしたんだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、デビューから人気の韓国アイドルグループIVEのリーダーユジンが高校を中退した理由について考察しました。

IZ*ONEのデビュー後すぐに高校に入学したユジンでしたが、あまりの忙しさに高校をやめてIZ*ONEの活動に専念することを決めました。

その後も勉強を続けたユジンは2020年9月13日に高校卒業認定を取得します。

多忙なスケジュールの中勉強を続けるのは、とても大変だったと思います。

ファンからは卒業おめでとうのコメントが多く寄せられていました。

カリスマリーダーユジンを今後も応援していきたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました