ルセラフィムに宮脇咲良が合ってない?IZ*ONE時代と比較して考察!

LESSERAFIM

ルセラフィムの宮脇咲良がグループに合ってないんじゃないかという声があるんですよね。

どんな理由があってルセラフィムに合ってないという声が上がったんでしょうか?

宮脇咲良はIZ*ONEのメンバーだったので、そのことも影響しているのかも気になりますよね。

今回はルセラフィムに宮脇咲良は本当に合ってないのかどうかみていきましょう。

スポンサーリンク

ルセラフィムの宮脇咲良は合ってない?

ルセラフィムの宮脇咲良はグループに本当に合ってないんでしょうか?

結論から言いますと、宮脇咲良はルセラフィムに合っていると思いますね。

何を理由に合ってないと言われているか調べてみると、意見はスタイリング身長差に関するものがよく見られました。

スタイリングについては髪色が黒で暗いのに肌が白くて浮いてるように見えるんじゃないかという意見です。

確かに色白で他のメンバーと比べても白さが際立ってますが、ただ『白いな~』と思うだけで周りと合ってないほどは不自然には見えませんね。

また身長差についてはルセラフィムに170cm近いメンバーがいて、グループの平均身長が高いので宮脇咲良は164cmと少し低いですね。

パフォーマンスには身長のバランスも大事な要素ですが、ショーケースやダンスを見てもそこまでおかしなバランスではありませんでした。

ダンスは振り付けや見せ方でどのようにもできると思いますし、少し低いくらいじゃルセラフィムに合わないと言えませんね。

スポンサーリンク

ルセラフィムのコンセプトが合ってない?

ルセラフィムのコンセプトにもしかしたら宮脇咲良が合ってないんじゃないでしょうか?

これもそんなことはなくむしろコンセプトにハマっていますね。

ルセラフィムのコンセプトは「世間に惑わされることなく恐れずに前に進む」なんですね。

ルセラフィムになるまでの宮脇咲良の歴史を見ていくとコンセプトに合うと納得できると思います。

宮脇咲良はまずHKT48でデビューし、その後IZ*ONEのメンバーになりました。

当時韓国グループに日本人がメンバーに入ることは珍しいことだったんですが、その後の活動で人気になってIZ*ONEに必要不可欠なメンバーになったんですね。

IZ*ONE解散後、所属事務所の契約満了となっても延長せずに今のSOURCE MUSICと契約しました。

世間の目に惑わされずに新しい場所で活動を続けていくのが宮脇咲良。

どうでしょう?ピッタリだと思いませんか?

コンセプト的にも宮脇咲良は合っていると思いますね。

スポンサーリンク

ルセラフィムとIZ*ONE時代で比較

ルセラフィムに合わない理由で一番見たのはIZ*ONEの時が良かったというものでした。

ルセラフィムがカッコいいイメージですが、IZ*ONE時代は可愛いお姫様みたいなイメージで正反対でした。

IZ*ONEの時のイメージがまだ残る人にとって可愛い感じが宮脇咲良だと思っています。

髪の色がピンクと明るく前髪があるスタイリングが良かったのに、ルセラフィムでは黒髪におでこを出すスタイリングなので宮脇咲良の良さを消していると思うそうなんです。

ただこのIZ*ONE時代のイメージが色濃くあるので、今はルセラフィムに合わないと言われるのは仕方ないと思います。

活動を続けていくうちにIZ*ONEのイメージが薄くなってルセラフィムに馴染んでいくんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回はルセラフィムに宮脇咲良が合わないかどうかについてみてきました。

色々とみて宮脇咲良はルセラフィムには合うと思いますね。

IZ*ONEが好きな人はルセラフィムのイメージがしっくりくるのは難しいでしょう。

でもこれは初めだけで時間とともに変わっていくと思います。

タイトルとURLをコピーしました