セブチのドギョムの耳は難聴なの?理由や手術の結果について

seventeem ドギョム 難聴SEVENTEEN

日本のみならず世界でも活躍する人気のグル―プ、セブチことSeventeen!

セブチのメインボーカルを務めるドギョムですが、実は片耳が聞こえづらいそうなんです。

難聴や手術をしたとの噂もあるので、事実なのか気になりますよね?

今回はドギョムの耳について、調査してみました!

スポンサーリンク

セブチのドギョムの耳は難聴なの?発覚した経緯

ドギョムは右耳が聞こえづらいそうです。

ドギョム自身がラジオで発言したことで発覚しました。

当時、Super JuniorのリョウクがMCをしていたSuper JuniorのKiss the radioというラジオ番組で、最近一番高い買い物をしたのは?との質問で答えたのがドギョムでした。

「最近60万ウォンのイヤホンを買いました」と答えたドギョム。

その理由が、「右耳が聞こえづらいのでせめて良いイヤホンを買おうと思った」と話しました。

恐らく、メンバーは知っていたと思いますが、ファンはこの時初めて知った事実だと思われます。

そのため、衝撃を受けました!

グル―プのメインボーカルとして、あんなに歌が上手いドギョムが難聴なんて信じがたいですよね。

そんな状態でも歌を歌ってくれて本当にありがたいです(涙)

スポンサーリンク

セブチのドギョムの耳が難聴の理由

ドギョムの耳がいつから聞こえづらくなったのかは分かっていません

生まれつきの可能性もありますが、本人も明らかにしていないようです。

ただ、デビュー前に涙を見せながら、「喉が裂けても努力し続けたい」と話していたこともあり、デビュー前から症状がでていたのは事実のようですね。

難聴については原因や種類がかなりあるようです。

先天性難聴

ドギョムが聞こえづらいのは右耳ですが、片耳でも生まれつき聞こえづらい場合があるんだそうです。

生まれつきの場合は、意外にもそれが当たり前で大きな障害には感じない方も多いそうです!

難聴のピアニストもいらっしゃいますので、難聴だからと夢を諦める必要はないんだそう!

突発性難聴

突発性難聴は誰にでも起こりえる病気で、原因もさまざまです。

名前の通り、ある日突然耳が聞こえづらくなってしまいます

主な理由はストレスや過労が多く、現在発症率が高くなっているんだとか。

突発性難聴は症状の重さによって、治療法も変わってきます。

薬物療法を行うことが多く、約40パーセントの人は完治し、50パーセントの人には症状の何らかの改善が見られるそうです!

スポンサーリンク

セブチのドギョムの耳の手術や結果について

ドギョムは右耳を手術しています

デビュー前から聞こえづらかった耳が、今後音楽活動に支障をきたすと思い、手術したんだとか…。

ですが、手術後の経過としてはあまり良くないそうです。

手術は成功したようですが、手術前とほとんど変わりがなく改善が見られないようです。

それでもセブチのメインボーカルとして、歌い続ける姿がすごいですよね。

ドギョムは歌いながら左のイヤモニをよく外すんだとか。

左のイヤモニを外す理由は「カラット(セブチのファン名)の声を聞くため」なんだそう。

しっかり聞こえる左耳でファンの声を聞こうとしてくれるドギョムは本当に素敵ですよね…。

歌手として、メインボーカルとして片耳が聞こえづらいのは辛いはずです。

それでも、そんなハンデを感じさせない歌声と実力は、ドギョムの大きな努力のおかげでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

ドギョムの耳について調査してみましたが、いかがでしたでしょうか?

ドギョムの努力と現在の姿を見ると、勇気をもらえる気がします。

難聴というハンデを抱えながらメインボーカルとしてステージに立つドギョムの姿が、ファンの心に響くのだろうと思いました。

タイトルとURLをコピーしました