ユニコーンに乗って原作は漫画か韓国ドラマ?佐奈は誰とくっつくの?

ラブコメ

2022年7月スタートのドラマ『ユニコーンに乗って』タイトルだけだとどんなドラマか想像できないですよね?!

主人公の成川佐奈(永野芽郁)は23歳で起業した教育系アプリの会社社長。10年以内にユニコーン企業になれるように日々奮闘するドラマなんでそうです。「ユニコーン企業」からドラマ名が来てるんですね。

このユニコーン企業って、評価額が10億ドル以上(1ドル 110 円換算で1,100億円)設立10年以内の非上場のベンチャー企業を指す言葉なんですって。。(筆者は知らなかったです)

さて『ユニコーンに乗って』の原作はあるのでしょうか?タイトルが漫画っぽい雰囲気を出していますが、原作は漫画なのか?佐奈は誰とくっつくのか?を紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

ユニコーンに乗っての原作は漫画なの?

『ユニコーンに乗って』のドラマは漫画が原作なんでしょうか?

このドラマのあらすじは、佐奈(永野芽郁)が社長をしているスタートアップ会社が舞台で、仕事に追われている佐奈は恋愛はさっぱりです。

そしてこの会社の雰囲気に似合わない中年のサラリーマン小鳥智志(西島秀俊)が転職して来ます。佐奈とは一回りも年の離れた、おじさんが転職して来たことで佐奈の環境が変化していく・・・。という話なんです。

漫画で色々探して見ましたが、主人公が女性のスタートアップ企業社長の漫画を見つけられませんでした。。。女性起業家のエッセイ漫画などはあるんですよね。

調べた結果、このドラマは脚本家の大北はるかによる完全オリジナルの作品でした!

ちなみにおじさんが登場し、恋愛ドラマの相手役にというのは中々ないですよね。おじさんとの恋愛漫画からドラマになった「私の家政婦のナギサさん」が記憶に新しく、ジャンル的に近い漫画ではないでしょうか。

そう思ったら、プロデューサーの2人(松本友香、岩崎愛奈)がなんと「私の家政婦のナギサさん」スタッフだったんです!

かなり人気のあったドラマなので、おじ萌えやおじきゅんを狙った感じのドラマになりそうですよね〜。

スポンサーリンク

ユンコーンに乗ってに似ている韓国ドラマや映画はあるの?

『ユニコーンに乗って』に似ている韓国ドラマや映画はあるのでしょうか?

同じ名前の韓国ドラマはありませんでした。。。

スタートアップ企業で調べると似たようなタイトル「スタートアップ夢の扉」がありますよ。

あらすじは韓国のハイテク業界で、若い起業家たちが奮闘し成長していく物語です。

主人公が女性で、優秀なのに高卒なので就職できずに起業を目指します。これから起業していく話なので、内容は少し違いますが同じ起業系のドラマで方向性は似ていますね。

韓国ドラマの中では一番似ている作品だと思います!

では映画で似ているのはあるのでしょうか?

2019年の邦画作品「スタートアップガールズ」タイトルから似ている雰囲気を出していませんか?

2人の女性が保育園に勤める保育士たちの、仕事を効率化させるためのアプリを立ち上げようと奮闘する話です。アプリで起業っていうところが似ていますよね!

また洋画では2015年の「マイ・インターン」。ファッションサイトの女性社長の元に、スーツを着たお堅い感じのおじさんがインターンでやってくるという話。

おじさんが部下になるというのが似ていますよね。恋愛というよりビジネスパートナーという関係なので恋愛要素はなかったですが・・。

起業をテーマにしている韓国ドラマや映画はありますが、どれもちょっと似ているけれど異なるストーリー展開ですね♪

スポンサーリンク

佐奈とくっつくのは誰?

主人公の佐奈と恋愛の予感がするのはこの2人です!

・小鳥智志(西島秀俊)・・・佐奈の会社ドリームポニーに入社する、おじさんサラリーマン社員。最初は佐奈が疎ましく思うけど、経験の豊富さからくれるアドバイスや生き方に助けられ、頼れる存在になっていく。

・須崎功 (杉野遥亮)・・・佐奈の絶対的ビジネスパートナーで、佐奈に密かに思いを寄せている。小鳥の出現により佐奈への抑えていた思いが抑えられなくなってしまう。

功がどれだけ長い間密かに佐奈への想いを抑えていたのか・・・。佐奈に恋愛の影が見えてきたら長い間抑えていた気持ちが爆発してしまいそうですよね?!

しかも、功の幼馴染で元カノも登場しますので、3角関係より複雑な4角関係になりそうですね。

小鳥と佐奈が仲良くなっていくと、不安な功が猛アピールをしてくると思うんですよね。それによって社内の雰囲気が悪くなると思います。社長2人が恋愛でバタバタしている会社は嫌ですよね・・・。

さらに未練のある元彼女の邪魔が入るはずです。このままではドリームポニーの成長が危うい!となります。

佐奈の思いは仕事の面でも大きなサポートをしてくれる、小鳥に向けられているのを痛いほど功は知ります。

会社の為にも佐奈への気持ちを吹っ切って、ビジネスパートナーとしての役割をしっかり果たすのではないでしょうか。

そういう展開で、佐奈は小鳥とくっつくのではないかなと予測します♪

スポンサーリンク

まとめ

ユニコーンに乗っての原作の記事はいかがでしたか?

おじさんサラリーマン社員といっても演じるのが西島秀俊なので、おじさんって呼んではいけないぐらいのイケオジですね!

またスタートアップ企業ということで社員も個性豊かです。ファッションも若者っぽい個性あふれる自由な感じは、見ていて楽しそうですよ。

『ユニコーンに乗って』チェックして見てくださいね♪

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました