彼女はキレイだった日本版の口コミや感想はどう?韓国版との比較は?

ラブコメ

日本版『彼女はキレイだった』が放送されていますね。

みなさんは、『彼女はキレイだった』をご覧になられています?

口コミや感想を見ていると、日本版『彼女はキレイだった』をご覧になられている人の中には、韓国版『彼女はキレイだった』をご覧になられている方も多いようですね。

この記事では、日本版『彼女はキレイだった』の口コミや感想、また韓国版『彼女はキレイだった』との比較についてお伝えします。

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版の口コミや感想はどう?

このドラマは韓国版『彼女はキレイだった』リメイク版ですが、口コミを見ていると、なかなか好評みたいですね。

Twitter版:彼女はキレイだった日本版の口コミや感想

とにかくTwitterでは、ポジティブな口コミや感想が多かったと思います。

↑のような意見は希少かつ貴重な意見ですね。韓国版を見ていた人の口コミは希少なので掲載しました。

といったように、この宗介(中島健人)のツンデレ的な要素を随分と楽しまれている方が多いように感じました。

このドラマを見ている人はセクゾのファンや、ジャニーズのファンの方も多いのではと推察します。

Twitterは、比較的ファンが口コミを投稿していることもあって、ポジティブなコメントは多いですよね。

それ以外にもYahooの記事からのコメント欄からも、コメントを拾っていきたいと思います。

Yahoo版:彼女はキレイだった日本版の口コミや感想

続いて、Yahooのニュース欄のコメントもいくつか拾ってみました。

このドラマ、視聴率とかあんまり良くないって出てたけど、私は好きですねー。

この記事のハグの場面とか、ちょいちょい笑わせてくれるし、この先のラブの部分もどうなるか。

ラブコメ好きな人は楽しめると思います。

赤楚くんにBLって言わせるんだ!ってなった(笑)頭を抱えるようにハグするのも、2話の居酒屋も、跪いてのプロポーズもチェリまほ脳が働きました。
宗介がかわいくなってきて、面白くなってきた。もう来週が楽しみ。
樋口くんがいい。いい人だし、意外と(?)一途っぽいし、切なかった(泣)

韓国ドラマのリメイクだし、ジャニタレの中島健人をはじめ若いキャストばかりで馴染めないところはあるが、それを補っても余るくらいに小芝風花ちゃんが可愛くて演技が上手いと思って見ています。他の人も指摘しているように、キー局フジTV製作でないPR不足のハンディがあって視聴率が伸びないのもあるかと思うけど、私は毎回楽しみにしています。

韓国ドラマのリメイクで原作ファンも多い中、今のところ原作の良さを活かしたまま日本のドラマとして成立してて、演者さんの演技力もあって違和感なく楽しめています!ジャニーズと若手俳優が筆頭でカンテレ制作というハンデもありますがもっと評価されてもいい作品だと思います!

毎回テンポが良くて、あっという間に時間が過ぎます。樋口くんのファッションも毎回楽しみ。個性的だけど、ハズレが1度もない。

ボス恋に似てるし、ベタだけどなんだかんだ言ってこのようなベタなのが一番面白い。
火9枠は良作でもなかなか数字が取れない枠(裏が強いのか、視聴習慣が裏に根付いてしまっているのか…)なので、二桁行っただけでも健闘していると思います。

続き楽しみにしているので、撮影頑張ってください!

↑これは、本当に似ていると思いましたね。編集者の設定もそっくりです。しかし、真似をしたとしたら、ボス恋の方なんですよね。

仕事の時のクールな宗助と愛(佐久間由衣)に見せる優しい笑顔の宗助とのギャップがいいです。酔った勢いで「自分が本当の愛」だと言ってしまって  これからの二人がどんな風になるのか楽しみです。なんとなく見始めたのに好きなドラマになりそうです。

Yahooのいくつかのニュースのコメントを、見る限りも好評ですね。

スポンサーリンク

彼女はキレイだった韓国版との比較① 配役の設定の違い

引用元:MBC

実際に韓国版を見ていると、現時点ではいくつかの違いが見えていますよ!

正直言うと、かなりのドラマの場面設定が違いますので大所だけを説明しますね。

韓国版との違い:宗介の母親の事故

日本版『彼女はキレイだった』宗介(中島健人)の母親の死亡原因は、バイクの事故でしたが、韓国版の同役は、チ・ソンジュン(パク・ソジュン)の母親の死亡原因は、車の事故でした。

韓国版では、車が横転して、母親が車の中に取り残され無くなった様子が描かれていました。

韓国版との違い:樋口の身分

日本版『彼女はキレイだった』の樋口(赤楚衛二)は、普通の人のような設定ですよね。韓国版での同役のキム記者(チェ・シウォン)はホテルのスイートルームに住んでいる謎の人物なんです。

その後、本当のすごい身分が発覚するのですが、日本3話までの終了したところを見ると、この部分は割愛するように見えますね。

韓国版との違い:愛の親友の梨沙の職業

日本版『彼女はキレイだった』の桐山梨沙(佐久間由衣)は、レストランのマネージャですが、韓国版の同役のヘリ(コ・ジュニ)は、ホテルのマネージャーです。

それで、キム記者はこのヘリの働いているホテルのスイートルームで暮らしているというわけ。

韓国版との違い:愛の職種

日本版『彼女はキレイだった』の愛(小芝風花)の会社での職種は総務部でしたが、韓国版の同役のキム・へジン(ファン・ジョンウム)は、管理部です。

スポンサーリンク

彼女はキレイだった韓国版との比較 放送全般

日本版と韓国版の『彼女はキレイだった』のドラマの両方を見ていると、音楽の使い方が全然違いますね。

それと、絵の撮り方韓国版は映画のような映像です。

音楽に関して言うと、韓国版の方はシーンの随所に、共感を誘うような曲を使いますが、日本版にはそれがないですね。

また、韓国版では、配役の1人が歌う曲は使っていません。

日本版は、宗介がSexyZoneに所属するということもあって、エンディングの曲が決まってSexyZoneです。

韓国版には、決まったエンディングの曲はありません。

場面に応じて使い分けています。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、日本版『彼女はキレイだった』の口コミや感想、また韓国版『彼女はキレイだった』との比較についてお伝えしました。

両方のドラマの物語の大筋は変わっていないというのが、日本版と韓国版『彼女はキレイだった』を視聴した感想ですね、

ただし、役柄の人物像の設定や、出会い方が変わっているので、韓国版『彼女はキレイだった』を見られた方でも日本版は楽しめると思いますよ。

ただ、最初はだいぶ違和感を感じるかもしれません。

宗介は、MostのNY本社と電話するくらいは英語で話した方がリアル感はあるよなぁとか。。。。愛はドラマでもう少しブサイクにしないと、このままでも十分に可愛いとおもっちゃいますよね。笑

いずれにしろ、日本版の彼女はキレイだったも面白いですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました