小幡真子の態度は威嚇してるの?相手を挑発して得られる効果について!

オリンピック

女子バレーボールの日本代表として活躍する小幡真子選手ですが、バレーボールの試合中の態度が話題になってますよね!

それが、小幡真子が相手チームを威嚇していたり、挑発しているような態度をとっているのでは?ということなんです。

本記事では、小幡真子選手のバレーボールのプレーが本当に相手を威嚇しているのか?また、バレーボールの試合で相手を威嚇したり挑発することで得られる効果について検証をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

小幡真子の態度は威嚇してるの?

事の発端は、Vリーグ女子1部のプレーオフ決勝(2021年2月21日 東京・大田区総合体育館)だったんですね。

このプレーオフ戦では、レギュラーシーズンで2位だったJTが、シーズンでは1位の東レを3―1で下し、2年連続の優勝を飾った試合でおきたとのこと。

この試合で、相手チームの選手のサーブミスにガッツポーズをした態度が、相手を威嚇したように見えたようです。

ネットのコメントも↓のようなコメントが残っているので、小幡真子選手が威嚇したかどうかは別としても、試合を観戦した人の中では、そう見えた人がいたというのは、事実のようです。

小幡さんが相手のサーブミスにガッツポーズして相手を威嚇してるみたい
とヤフーニュースのコメントで読んでから、それを実際みて、ドン引きしました。

相手がサーブミスしたらその相手に向かって渾身の連続ガッツポーズ…
そんな人が優勝チームの主将でMVPです。

ただ、プロの女子バレーボールの試合ですからね。

勝つためには、大人しくプレーするというよりも、相手チームに揺さぶりをかけたりすることは、日常茶飯時で行われることですから、とりたてて問題視することでもないような気がします。

プロ野球なんかは、ヤジを飛ばしたり悪口をいうのは日常茶飯事ですし、サッカーやラグビーなんかでも挑発的な態度は、よくある話かと。。。。

スポンサーリンク

小幡真子の威嚇したり挑発はどのような効果があるか?

Vリーグ女子1部のプレーオフ決勝の東レ戦では、JTは第1セットを選手されてるんですね。

ここでは、主将でかつ、リベロの小幡真子選手を中心に粘り強く、プレーすることで流れを引き寄せたんです。

つまり、小幡真子の一見、威嚇したり挑発しているように見える態度は、仲間を鼓舞するための態度だったのではと推察します。

相手チームの選手の立場にたっても、自らのチームの選手がサーブでミスをした時に、小幡真子選手にガッツポーズをされたら嫌になりますもね。

ここで、いやな流れができてしまったら嫌ですよね。

それに、小幡真子選手はリベロのポジションですから、どんな厳しいアタックも闘志を持って、絶対にボールをあげなけれなりません。

仲間だけではなく自分自身も鼓舞するの、プロ選手のメンタルのコントロール術ですよね!!

スポンサーリンク

小幡真子はそんなにガッツポーズしてるの?

小幡真子選手って、めちゃくちゃいろいろなところで、ガッツポーズをしてるんですよね。

だから、とりだてて威嚇してるとか、挑発してるっていうことはなく、小幡真子選手のプレースタイルってだけだと思います。

特に、東レ戦で、ネットで書き込んだ人は、どんな立場の人が書いたのかがよくわかりませんし、JTのファンの人は、「小幡真子選手がガッツポーズで相手を態度で威嚇してる酷い」とは絶対に言わないはずです。

これまでのSNSの画像のとおりで、小幡真子選手はさまざまな所でガッツポーズをしているわけですから、その態度が威嚇とは決して言えない状況です。

まとめ、小幡真子の態度は威嚇してるの?

小幡真子さんが、バレーボールのプレイ中に相手チームの選手がミスをした時に、ガッツポーズで威嚇していたか?

と、いう点について検証を行いましたが、威嚇していると言われる確固たる根拠はありませんでした。

むしろ、小幡選手のガッツポーズは、仲間や自分までも鼓舞する魔法の言葉になりつつあると感じました!

タイトルとURLをコピーしました