ドラゴン桜2・6話の名言・プライド守るために古い考えに固執するな!

学園

ドラマ『ドラゴン桜』のシーズン2は、2021年春ドラマでは最も視聴率が高く、人気の作品ですよね。

『ドラゴン桜』で、桜木(阿部寛)が使う言葉は、生徒達の心を揺さぶり、やる気にさせる『魔法の言葉』です。

なので、『ドラゴン桜』ファンの間では、桜木の使う言葉は、名言って呼ばれてるんですよね。笑

『ドラゴン桜』もついに第6話まで物語が進行してきました。

ドラゴン桜2第6話の桜木が使った名言についてお伝えします。

スポンサーリンク

ドラゴン桜2第6話の名言とは?

ドラゴン桜2・第5話の桜木が使った言葉=名言をお伝えします。

これからお伝えするドラゴン桜2の第6話の名言の数々は、あなたの人生にも変化を与えてくれる言葉になります。

ドラゴン桜2の各話名言集へのリンク

ドラゴン桜2・最終回の名言とセリフ

ドラゴン桜2・9話名言「自分の想像を遥に超えた自分になれている」

ドラゴン桜2・8話名言「背負う必要があるのはお前の人生だけ」他名言はこちら

ドラゴン桜2・7話名言「幸せになりたかったら覚悟を決めろ!」他名言はこちら

ドラゴン桜2・5話名言「社会を変えろ!常識を変えろ!」、他名言はこちら

ドラゴン桜2・3話名言「本質を見抜く力はなぜ必要か」、他名言はこちら

ドラゴン桜2・2話名言・楓の意識を変えた言葉、他名言はこちら

プライドを守るために古い考えに固執するな!

桜木のセリフ

学歴は必要ないと言っておきながら、誰よりも学歴に拘ってきたのは、あなたの方じゃないですか

そんなに、学歴は関係ないと言っておきながら、そこまで学歴に拘るのは、自分が学歴で悔しい思いをしてきたからじゃないですか

なのに何故、それを娘に与えようとしないんだ!

女だから?違うだろ、あんたは単に娘を自分より優位に立たせたくないだけだ

わかったような口をききます

女に学歴は必要ない、そういう時代錯誤なやつっていうのは、自分のプライド守るために古い考えに固執し、今の世界を見ようとしない

コンプレックスを持つのは結構、どうぞ勝手にやってくれ!

だがな、そのちっぽけなプライドを守るために、娘の自由を奪い力づくで押さえ込もうとする

そういう親こそクズ親だと俺は思うな

親が馬鹿であろうと、クズであろうと

幼い子供には親を信じて生きる道しかないんだ

あんたがどれだけ未熟で弱い人間だろうと

彼女はあの優しかった父親を覚えている

あんたがどれほど彼女を傷つけていようと

あの父親がいつかかきっと戻ってくるって信じてる

そんな娘の気持ちを、あんたはいつまで裏切り続けるんだ

価値観を認める、認めた上で信じてやる

お前はいつの時代を生きてるんだ?

お前の成功体験も時には邪魔になる

古き良き伝統の勉強方法も、時代が経てばただのゴミだ!

強制と服従だけの時代は終わったんだ

あいつらにはな

今の子供の価値観がある

まずは、それを認めること認めた上で信じてやる大人の役割はそのふたつだけだ

読解力をみにつけろ

なにを言いたいのか問い続ければ自ずと答えがでてくる

東大で出される問題は、この文章を言い換えるという問題がほとんどだ

読解力をみにつければ全教科において格段にレベルアップできるというわけだ

東大合格の鍵は読解力だ!

スポンサーリンク

ドラゴン桜2第6話の名言を読むには?漫画版『ドラゴン桜2』

ドラマ『ドラゴン桜2』の第6話については、原作の漫画『ドラゴン桜2』の7巻、8巻に相当する物語でした。

漫画『ドラゴン桜』7巻では、東大専科の生徒が、東大受験の勉強のために合宿に出発します。

合宿での狙いは、東大専科の生徒たちの勉強に向かう意識を変えるためのものです。

桜木や水野は、東大専科の生徒が、自発的に勉強に向き合う意識が低い、ということを問題にしていました。

この専科の生徒の意識を変えるために、桜木や水野(長澤まさみ)が、ある仕掛けをします。

この仕掛けが、生徒に自由を与えるということで、合宿のカリキュラムのほとんどが『自由時間』なのです。

果たして、桜木や水野は、生徒たちの勉強をするときの自発性をどのように引き出すのでしょうか?

続きは、漫画の『ドラゴン桜2』を読んで、感じてみてください。

ドラゴン桜2 7巻を購入して桜木の名言を読む!

ドラゴン桜2 8巻を購入して桜木の名言を読む!

現在、楽天ではドラマ『ドラゴン桜2』の放送を記念して1−3巻のお買い得パックを販売しています。

通常1巻あたりの値段が704円(税込)するのですが、3巻まとめて購入すると990円(税込)になります。

なので、2,112円→990円とお得ですよね!

ドラゴン桜2 テレビドラマ化記念 1巻~3巻お買い得パックを購入する!

ドラゴン桜2第6話の名言が生み出された背景

東大専科は3日間の勉強合宿に出発します。

桜木は、東大専科のメンバーに加え、麻里(志田彩良)も健太の付き添いとして参加します。

なんと、そこには勝負に敗れた藤井の姿もありました。

合宿の初日、水野は<地獄のスパルタカリキュラム>を組んだが。

桜木は、反対します。

理由は、現代の生徒にはスパルタは合わないということでした。

そして、生徒にだされたカリキュラムは、ほとんどが自由時間。

この自由時間の理由は、生徒たちが自発的に勉強に臨む姿勢を醸成するためだった!

スポンサーリンク

まとめ

ドラゴン桜2の第6話で使われた桜木の名言をお伝えしました。

桜木の名言は、人を勇気づけ、自分の思考の中にあった制限に気づかせます。

桜木に声をかけられた生徒は、今までとは意識が変わってやる気になったり、本当は挑戦したい自分の気持ちに気づいたりしています。

私もドラゴン桜の桜木の名言を保存して文章の構造を分析して、必要な場面で使えるようにとスマホにメモしたりしています。

では、次はドラゴン桜2の第7話でお会いしましょう!!

タイトルとURLをコピーしました