上司になったら学びたい!? コーチングとは

自己啓発

あなたは、コーチングっていう言葉を聞いた事がありますか?

IT企業でも社員研修として、とりいれられている会社が結構多いと思います。

また、多くの企業でも管理職研修として導入されています。

では、コーチンとは果たして何なのでしょうか?

また、どの様に学んだら良いのかという事にも触れていこうと思います。

スポンサーリンク

コーチングって何?

コーチングとは、問題や悩み、目標を持った相談者(クライアント)と、相談を受ける人(コーチ)との関係の中で、主にコーチが使うコミュニケーションの手法です。コーチの役割としては、会話を通じてクライアントの行動変容を促していきます。この行動変容を通じて、クライアントがもつ夢や、目標を達成する事をサポートしていくのです。
これが企業の中では、課長がコーチとして社員がクライアントとして、教育の現場の中では先生がコーチとして生徒がクライアントとして活用されています。ですから、企業の中で研修として取り入れられたり、人材育成会社が企業のエグゼクティブや中間管理職向けにコーチングを提供する等して普及してきました。

コーチングのメリットとは?

一言で言うと、企業の中では組織が成果をあげる目的のために活用されています。コーチングを企業の文化として根付かせる事で組織が活性化したり、社員が積極的に行動できる様になったりというメリットを良く聞きます。また、部長や課長の方がコーチングを学ばれた後は、部下の話しをよく聞くようになり、組織の風通しが良くなるなど、組織にもたらされる恩恵は多いと思います。
また、教育現場の中では、生徒がやる気になったり、いじめをしていた生徒がいじめをしなくなったりのなどの事例もよく聞かれる話です。コーチングを学び熟達した先生が、他の先生へのコーチングを通して先生たちと、生徒との関わりを改善するサポートをしたりなどで活躍されていたりもします。
一方、コーチングは簡単に身につくコミュニケーション手法ではなく、コーチングを学んで暫くは上司は部下の話しを聞いてくれたが、1週間もすると前の話を聞かない上司に戻ってしまったという話もよく聞きます。コーチングは継続的な学習が必要だとも言えます。

コーチングスクールに来ている人ってどんな人

私は、4つのスクールでコーチングを勉強しましたが、共通して言える事は、コーチングをビジネスで提供しようとされている方が多く、人材育成会社の方や、企業から派遣されてきている管理職の方々、または人事部に所属し研修を担当されてている方達でした。女性比率も比較的高いと思います。

どんな目的できているの?

人材育成会社は、コーチングを企業向けの研修として提供したり、エグゼクティブや管理職向けのコーチングをサービスとして提供するため。企業の人事の方は、社員向けのコーチング研修を実施するため。という目的で学ばれている方々が多いと思います。
一方で主婦の方や、企業勤めをされていてスクール費用を自腹で捻出していらしてる方は、コーチという職業を目指し、起業することを目標とされていました。

どんな基準でスクールを選んだらいいの?

コーチングスクールは、数多くの研修会社でカリキュラムが提供されています。ですからコーチングスクールを選択するのは悩むかもしれませんが、コーチングをビジネスとして使われる事を目的として学ばれる方は、やはり有名な団体やスクールで学ばれた方が良いと思います。スクールで学ばれた後は、認定資格が取得できるところを選ぶ、というのが選択の一基準になると思います。やはりそれだけでも箔がつきますしね。

タイトルとURLをコピーしました