自信がなくなったら読みたい本

自己啓発

あなたは、仕事にどの様な意識で向き合っているでしょうか?ある人は日々の生活をするための手段の一つであったり、また、ある人にとっては夢や目標を実現するための場であったりします。仕事に真剣に向き合っていればいるほど、思いがけなく発生するトラブルに傷つき、自分を責めたり自信を失ったりする事があります。一方で、上司から新しい仕事を任されたり、大切な商談やプレゼンテーションに自信を持って臨みたい時もありますね。その様な自信を持ちたい時に、読みたい本です。これから紹介する本は全て、コーチやセラピストが書いてますので、心の仕組みを活用して、あなたに自信を取り戻させたり、傷ついた心の中に癒しが起こります。いつでも読める様に手元に置いておきたいものばかりです。

スポンサーリンク

自分を好きになれないキミへ

セラピストであり作家でもある石井裕之氏が書いた癒しの言葉が満載の本です。仕事や恋愛で心に傷を負った時に読むと良いです。著者の石井裕之氏が、あなたに向けて暖かいメッセージを届けてくれます。読むと癒しが起こる、優しさ溢れる一冊です。

人生を変えた贈り物

世界で有数の有名なコーチであるアンソニーロビンズ氏が書いたものです。この本では、彼が開発したNAC(Neuro Associative Conditioning)というコーチング手法の一旦が垣間見れます。この本には、手帳に挟むサイズのしおりの様なものが添付されています。このしおりが秀逸で、「朝のパワーアップクエスチョン」に書かれた質問の答えを考えているうちに、内面から元気が出てきて自信の感覚が生まれてきます。質問への答えを毎朝考えると仕事への活力が生まれてきますよ。

7日間で人生を変えよう

イギリスのラジオのキャスターでありセラピストでもあるポール・マッケンナ氏が書いた本です。良書なのですが、現在は絶版本となっており古本として買わないとなりません。この本は、1日に一章づつ読み進める構成となっており、7日で完読する様になっています。著者であるポールマッケンナ氏が、あなたを一日ごとにコーチをしていき、あなたに自信を取り戻させていきます。さらにはあなたは、本当はどうしたいのかという人生の目的に目を向けていく様にプログラムされています。ここに書かれている事を読んで、章ごとにあるイメージトレーンングを実施する事で自信がみなぎってきます。
本に付属のCDはイメージトレーニング用のもので35分程度の時間で聴き終えることができます。このCDを聞いても自信が内面から湧き上がってきます。

まとめ

これらの本は、単に読むだけでなく、本に書かれている事を実行する事が大切です。あなたがが今まで生きてきた中で、いつも自信がなかったわけではありません。必ず自信があった時があるわけです。自信があった時に何故自信があったのかというについて、理由を内面にアプローチをしていきながら見つけていきます。そうするうちに、メンタルが強化されて、自信の感覚を取り戻していくのです。ただ、一度強化されたメンタルが、生涯を通じて失われる事はないという事はなく、人間ですから時と場合によって、また自信がなくなったりします。
手元に置いておいて必要になったら読むというのを繰り返すのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました