最愛ドラマ犯人を予想!真田梓(薬師丸ひろ子)がなぜ殺人を犯すのか?

サスペンス

みなさんは、ドラマの『最愛』を視聴していますか。

本記事では、真田梓がなぜ殺人を犯すのか、その理由や出来事について詳細に考察していきます。

また、ドラマ『最愛』の中では、真田梓が犯人とはわかっていませんので、あくまでも現時点の推理記事であることをご理解ください。

スポンサーリンク

最愛ドラマ犯人の真田梓(薬師丸ひろ子)がなぜ殺人を犯すのか?

サスペンスラブストーリー『最愛』で真田梓が殺人を犯した理由。

それは、愛する人を守るためです。

そのため、2つの殺人を犯してしまいました。

一つ目は、渡辺の父の殺害です。

そして、二つ目の殺人は、後藤専務(及川光博)の殺害です。

そのいずれも、娘の真田梨央(吉高由里子)を守るためです。そして二つ目の殺人は、会社の不正を隠すため。

さらに言うと梨央の会社の薬の開発の資金をつくるため、最愛の存在である梨央に尽くしたかったんですね。

母親として最愛の存在である、自分の子供を守るために実行した殺人なんです。

だから真田梓に悪意は一切ありませんでした。

むしろ突発的に起きた殺人事件で、仕方なかったものばかりです。

*二つ目の殺人事件は起きていません、現時点で将来起こることを推測したものです。

7話目の放送で、橘しおり(田中みな実)が渡辺昭ごろしの犯人ではないですよ。

>>橘しおり(田中みな実)が渡辺昭ごろしの犯人ではない理由はこちら

スポンサーリンク

最愛ドラマ犯人の真田梓(薬師丸ひろ子)が殺人を犯す最初の出来事

*ネタバレ以外の推理が入ってますことをあらかじめお伝えしておきます。

真田梓が犯してしまった一つめの殺人は、渡辺の父の殺人です。

渡辺の父が池から上がってきた時に、凶器で殴打し殺害しました。

理由は、娘の梨央を守りたかったからです。

梓は、岐阜の白川郷で白山大学の陸上部寮で起きた事件の真相は知っていました。

だから、娘の梨央のところに渡辺の父が来た時は、かなり動揺したのではないかと思います。

そして殺人事件に娘が関与していたかもしれないと考えた時に、事態の収拾をはかろうと考えたはずです。

娘の梨央の後をつけて、池のある公園に行った時に、全てを見てしまったんです。

そして、真相を知ります。

『娘の弟、優が殺人犯』であったこと。

梨央の弟が殺人犯であることは、娘の梨央の社長としての人生に傷をつけてしまいます。

だから、真相を知ってしまった渡辺の父を殺害するという犯罪を犯してしまったんです。

真田梓は、以前の放送で「私は親の仕事は苦手なのよ、ビジネスパートナーとしてお付き合いの方が良いといって、娘にやりたいことをやれる資金は提供できる」と、海岸で梨央に話していたのを覚えていますか?

この時、真田梓は資金を提供できるといって娘の梨央のために、何かをして上げたいという気持ちを明確にしていましたね。

一方、今まで娘に何もして上げられなかったこと。そして『母親』という存在として娘を可愛がってあげなかったことを後悔していましたね。

そしてこの、渡辺の父殺害が娘にしてあげられる母親としての仕事だったのです。

スポンサーリンク

最愛ドラマ犯人の真田梓(薬師丸ひろ子)が殺人を犯す2番目の出来事

*ネタバレ以外の推理が入ってますことをあらかじめお伝えしておきます。

二つ目の殺人は、後藤専務(及川光博)の殺害です。

 >>最愛で後藤が殺害される理由

後藤専務は、真田ホールディングスの不正に関わっていたからです。

ペーパーカンパニーをいくつか作り、寄付金を着服するという不正でした。

さらに、この不正とり引きに真田梓が関わっていたので、後藤に全ての責任をおしつけるため後藤を殺害しました。

>>最愛の謎全体の考察記事はこちら(1話〜最新放送まで網羅)

スポンサーリンク

最愛ドラマ犯人の真田梓(薬師丸ひろ子)がなぜ殺人を犯すのか?まとめ

このようにして、真田梓による『最愛』の存在をまもるための痛ましい事件がおきてしまいました。

殺人は、絶対に許されないことではありませんが、子供たちを守りたい一心でやったことが殺人につながってしまったんだと考えます。

この記事は、現時点では推理の域を超えません。

しかし、全ての殺人事件(これから起こることも含めて)大きく外さないのではと思います。

タイトルとURLをコピーしました