最愛ドリームキャッチャーの謎に迫る!富山南部浄水場のトリックを暴く

サスペンス

ドラマ最愛で謎となっていることがあります。

それが富山南部浄水場の遺体移動の謎です。

最愛の第1話と第5話にでてきた富山南部浄水場のシーンででてきたドリームキャッチャーがこの謎を解く鍵なんです。

本記事では、最愛のドリームキャッチャーの謎を紐どくとともに、最愛最大のミステリー富山南部浄水場の遺体移動のトリックを暴いていきたいと思います。

スポンサーリンク

最愛のドリームキャッチャーの謎とは?

最愛のドリームキャッチャーの謎とは?

つまり最愛の第1話で殺された渡辺康介の遺体が移動したのではないかという謎なんですね。

なぜ、そのようなことが言えるかというと、

最愛の5話で、梨央(吉高由里子)の父親の達雄(光石研)は「富山南部浄水場から西に7km行ったところから山に入って、鉄塔の下に渡辺康介の遺体を埋めた」と話していた。

そして、その場所にドリームキャッチャーがぶら下がっていたんです。

しかし、最愛の第1話で、渡辺康介の失踪から10日後に富山南部浄水場のドリームキャッチャーがぶら下がっていたところはすでに、白川郷の捜索部隊が山狩りを済ませているんですね。

と、いうことは何が言えるかというと、渡辺康介失踪10日後の時点では、達雄がいう「富山南部浄水場から西に7km行ったところから山に入って、鉄塔の下に渡辺康介の遺体を埋めた」場所には、渡辺康介の遺体は埋まっていなかったんですね。

達雄の死後に遺体が移動したのではないかというのが、最愛の最大のミステリーなんです。

スポンサーリンク

最愛のドリームキャッチャーの謎!富山南部浄水場のトリックに迫る

では、なぜこのトリックが成立するのか?、また、渡辺康介の遺体はどのように移動した?という最愛の最大の謎である南部浄水場の遺体移動のトリックに迫っていきたいと思います。

まず、絶対に確定しているところから見ていきますね。

達雄がビデオで証言していた「富山南部浄水場」の遺体を遺棄した場所に、渡辺康介の遺体は埋まっていた。

ここから言えることは、達雄が人物Aに渡辺康介の遺体を、<富山南部浄水場の鉄塔の下(ドリームキャッチャーがある場所にに遺棄するように)>指示した。遺体を直ぐに発見されたくないなんらかの理由があったのだと考えられます。

その後、達雄は死亡してしまった。

達雄が死亡後に渡辺康介の遺体は最初は、「富山南部浄水場」以外の場所に遺棄された、もしくは隠されていたのだが、誰かの手によって南部浄水場のドリームキャッチャーの場所に埋められたと考えられます。

なぜ、そうしたのかというと、渡辺康介の遺体には、優以外の人物の致命傷とも言える傷が残っていたからです。

確かに、子供の力で、さほど鋭利でもないピックで刺されたとしても、大人は殺害できる可能性は極端に低いですよね。

その傷によって犯人を特定させないために、すぐに遺体を発見できないようにしたわけです。

また、この時の刺し傷は渡辺康介の腰の骨まで達していたんです。

これが康介が死亡する致命傷になりました。

なので、渡辺康介に決定的なダメージを与える力を持った人物Aが、渡辺康介殺害の真犯人なのではと考えられます。

では、渡辺康介に致命傷を与え、遺体を南部浄水場のドリームキャッチャーがある場所に埋めた人物Aとは誰なのかということに迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

最愛のドリームキャッチャーの謎!真犯人に迫る!

では、渡辺康介殺害の真犯人(人物A)とは誰なのでしょうか?

同時にこの人物は、達雄が殺人の事実を隠蔽したい人物であるということでもあります。

完全に真犯人は特定できてないのですが、限りなくこのような条件に近い人物をあげますと。

真犯人(人物A)の候補は、

真田梓(薬師丸ひろ子)

>>最愛7話終了時点では、梓が真犯人と考察しています。

そのほかは、陸上部のメンバーたちですね。青木、長嶋、藤井が真犯人の候補になってきます。

場合によっては、15年前の渡辺康介の殺害については、単独犯ではなく、白山大学の陸上部のメンバーによる複数人による犯行の可能性も捨てきれません。

  

しかし9話ではっきりしたことがあります。

藤井は遺体の隠蔽に関わっていないいうことです。

 

むしろ藤井は、15年前の事件を捜査をしているということで、疑いをかけているのは、青木、長嶋、大輝、そして真田梓ということになります。

そして藤井は、15年前の事件に大輝が関わっているかもしれない証拠を掴んでいるんですね。

だから藤井はときに東京出張をしているんですね!

>>藤井が東京出張をする理由

現時点では犯人は特定できてませんが、最愛のドラマを見ながら真犯人を推理していきたと考えます。

達雄が渡辺昭殺人事件の事実を隠蔽したい真犯人(人物A)は、9話時点では真田梓と見ています。

スポンサーリンク

最愛のドリームキャッチャーの謎!まとめ

最愛の最大のミステリーであるドリームキャッチャーの謎から、最愛最大のミステリー富山南部浄水場での遺体移動のトリックに迫ってみました。

最愛は、7話終了時点でも多くの謎を残しながら物語は進行していってます。

ドラマ最愛の謎を放送回ごと逐次考察しています。

>>ドラマ最愛の謎を考察する記事はこちら

また、ドラマ最愛7話ででてきた橘しおりは渡辺昭殺害の真犯人ではありません。

>>橘しおりが渡辺昭殺害の真犯人ではない理由の記事はこちら

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました