マイファミリーの犯人は濱田岳(東堂)なのか考察!過去の事件との関連は?

サスペンス

マイファミリーは、友果の救出で俄然として本格的なミステリーへと物語が急展開しました。

本格的なミステリーは因果関係が欠かせません。

つまり過去に起きたちょっとした人間関係の歯車の狂いが因縁や恨みが原因となって、現在に新たな事件を引き起こしてしまうというものです。

本記事では、マイファミリーの中でも4年前に発生した心春ちゃん誘拐事件の関係者(父親)の東堂(濱田岳)と友果、優月の誘拐事件の関係について考察していきます。

スポンサーリンク

マイファミリーの犯人は東堂(濱田岳)とどのような関係があるのか?

マイファミリーを継続して視聴されている方は、鳴沢温人(二宮和也)と妻未知瑠(多部未華子)の友人の東堂(濱田岳)が怪しいと思っているはずです。

その一番の理由が、東堂が元警察で4年前に起きた心春誘拐事件に関わっていたということです。

と、いうか心春ちゃんの父親ということですね。(4話で判明)

怪しい点は、3話での友果さんを山奥の民家に救出に行った際に、犯人が民家にいることをわかっていながら犯人を捕まえにいくということをしませんでした。

それも警棒のような武器を持っていて、温人という仲間がいるにも関わらずです。

本来、心春ちゃんの居場所を(取り戻したい)と思っているはずです。

また、武器も保持し、人数としても、犯人よりも優位な位置にいるし、警察を呼ぶことができるという圧倒的に優位な立場にも関わらずです。

なので、視聴者のみんなは、マイファミリーの犯人は東堂(濱田岳)なのでは?と考えているんです。

2話の時点から、視聴者の間では友果の誘拐事件の犯人の第1候補になっているわけです。

もうひとついうと、友果の救出にいった時に、山小屋の中いた誘拐犯は、東堂の共犯者ということになりますね。

そして、共犯者はすでに判明している鈴間亜矢と、東堂亜希ということです。

全部で3名です。

>>東堂亜希が犯人の理由はこちら!

スポンサーリンク

マイファミリーの犯人は東堂(濱田岳)である可能性を考察

では、マイファミリーの犯人は東堂である可能性を考察していきましょう。

いくつかのポイントで分析して見ていきたいと思います。

犯人から鳴沢家への受電タイミングと東堂のアリバイ

犯人から鳴沢家へ受電するタイミングでは、東堂のアリバイはどうでしょうか?

  • マイファミリーの第2話で、東堂は犯人から受電するタイミングでは、警察の隠れ家にいました。
  • また3話では、温人と犯人のゲームのチャットのやり取りの際も、東堂は温人と行動を共にしていた。
  • 友果ちゃん確保のタイミングでも温人と東堂は行動をともにしていましたね

ここまでのところをおさらいすると、東堂(濱田岳)が、誘拐事件の単独犯である可能性はぐっと低くなるわけです。

東堂(濱田岳)が犯人だとすると、共犯者なしでは友果ちゃん誘拐には関与できないということになります。

また、共犯がいるとしたら、東堂(濱田岳)は主犯格で指示をする役割ということになりますね。

犯人が友果ちゃんを誘拐したと思われる時間のアリバイ

ここは、登場人物の中で、ドラマの視聴している時間帯では、完全にアリバイが証明されているのは、温人と未知瑠、立脇(高橋メアリージェーン)、ハルカナオンラインの取締役の備前(渡辺邦斗)のみとなります。

この点から東堂の友果の誘拐が発生した時の、東堂のアリバイはよくわかっていません。

しかし、全ての人物に共犯者がいると考えると、マイファミリーの出演者全員が、犯人である可能性は否定できません。

友果の顔見知りの犯行ではない

身代金をうけとったあと、友果を殺害する前提でなければ、友果の顔見知りの犯行は成立しませんね。

と、いうのは友果が警察に犯人のことを話してしまうからです。

それは、どのような形で誘拐したとしても犯人の声や、顔などは、犯行の際に友果に知られるからですね。

そう考えると、鳴沢温人や未知瑠に近い人物は、犯人ではないということが言えます。

東堂は温人や未知瑠とは長い間疎遠になっていたはので、友果は東堂のことを知らなかった様子でした。

なので、東堂は友果とは普段から面識がないことを考えると犯人にはなり得る可能性があるということです。

もちろん、東堂に共犯者(実行犯)がいれば犯行を指揮することできると考えます。

動機、過去の出来事からの因果関係

現在、東堂が友果を誘拐する動機のようなものはあるのでしょうか?

あるとすれば、4年前に発生した営利誘拐事件の心春さんの事件ということになります。

しかし、心春さんの事件は全容があきらかになっていませんので、今後明らかにになってくるとおもいます。この点の分析については、ドラマの進展ごとにアップデートしていくこととします。

しかし、東堂は鳴沢家に対する憎悪のような感情や、因縁などはないと思いますので、犯行の動機は少ないと思われます。

—以下、7話視聴後のアップデート—

7話でわかったことは、東堂が犯罪に加担しているということでした。

すると動機は必然的に心春に関することになります。

当サイトでは、現在までの態度から東堂は、心春さんは既に確保していて、心春さんの健康的障害を救うための金銭的要求と考えます。

 

心春ちゃん事件

A心春ーB友果ーC優月ーD実咲というように誘拐事件が発生していきます。

まず事実からいくと、

Aの事件とBの事件は、関連しています。(同一犯とは言っていません)

なぜなら、犯人は身代金の受け渡し時「娘の小学校の遠足に行った場所」を質問するという点で類似しているからです。

B友果の誘拐事件も同じ質問がでていました。

BとCの事件は同一犯と思われます。

監禁の仕方や現金受け渡しの手口が同じだからです。

ABCが同一犯だった場合、犯人は不特定多数の人物に犯人の可能性がありますが、Aとその他BCDが別犯人だった場合、Bの犯人はAの事件の関係者に特定されます。

そうなると、Bの犯行にはAの事件の関係者が関わっているということです。

つまり東堂、東堂の妻、警察がAの事件犯人となります。

心春誘拐事件と、友果以外の事件が別物となると東堂の主犯説はぐっと高くなりますね!

>>東堂の妻が誘拐に加担しているか検証しています!

スポンサーリンク

マイファミリーの犯人は東堂(濱田岳)である可能性の総合判断

5話終了時点においては、マイファミリーの東堂(濱田岳)が犯人である可能性はあると考えます。

5話で阿久津実咲の誘拐によって、温人の近くで犯行が起こっていることが明らかになっています。

つまり、温人をとりまく交友関係を知っての犯行となるのではないでしょうか。

そしてなぜ、友果さん事件の暴露本を書いたのかということも意味が出てきますよね。

暴露本は自分しか知らない事実を公表することで、犯人しか知らない事実を公にしたかったからです。

今後、犯行を起こす場合でも、自分しかしらない事実や手口で犯行を起こしたとしても足がつかないようにしたかったということになります。

>>マイファミリーの事件や人物を全体的にさまざまな角度で分析

スポンサーリンク

マイファミリーの犯人は東堂役の濱田岳なのか考察:まとめ

マイファミリーの犯人は東堂(濱田岳)の可能性について考察してきました。

引き続き、ドラマの動向をみつつ怪しい人物をどんどん考察していこうと考えています。

では、マイファミリーのドラマを楽しんでいきましょうね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました