真犯人フラグのかがやきは犯罪集団か考察?真帆や光莉を誘拐したのか?

サスペンス

真犯人フラグは楽しまれていますか?

この真犯人フラグの中で、『かがやき』というあやしげな宗教法人ができてきます。

本記事では、真犯人フラグの宗教法人のかがやきはどのような犯罪集団なのか?また、相良家族を誘拐した可能性を調査しましたのでお伝えします。

スポンサーリンク

真犯人フラグの宗教法人のかがやきは犯罪集団なのか?

では、最初に真犯人フラグで登場する宗教法人のかがやきですが犯罪集団なのでしょうか?

とても気になる問いですよね!

ドラマの中では、犯行の瞬間が見えないのですが、犯罪集団であることは間違いないと考えます。

暗殺者としての小幡由実の役割

ドラマの中で、小幡由実(香里奈)という人物が出てきます。

この人物は、真犯人フラグの中では、かがやきの中で暗殺者の役割を果たしています。

これまで、小幡由実は少なくとも、充の殺害に関与してますし、また相良凌介を車道に突き飛ばそうとしたり、フグ毒の吹き矢で、凌介を殺害しようとしていました。

かがやきという土を販売

また、かがやきは詐欺まがいの『かがやきの土』の販売には関わっています。

この『かがやきの土』は信者を通じて販売されたものと考えられます。

亀田運輸のカスタマーセンターに何度もクレームを入れてきた女性は小幡由実で、宗教団体の『かがやき』の信者でしたね。

この女性は、「かがやきの土は希望を叶える」というように信じ切った状態で、二宮瑞穂(芳根京子)に話をしていました。

なので、詐欺まがいの商法で、信者のかがやきの土を販売していると考えられますね。

マインドコントロール

信者へのマンドコントロールの実態はあると考えられます。

まずは、信者に対して『かがやきの土』を希望を叶える手段として、マインドコントロールをしていましたし、また、暗殺者として小幡由実はマインドコントロールされています。

スポンサーリンク

真犯人フラグの宗教法人のかがやきは相良一家を誘拐したのか?

つづいて、宗教法人かがやきは相良一家の真帆、光莉、篤斗を誘拐しに関与していたのか?

と、いうことですが、関与していたと考えられます。

根拠を以下に述べていきます。

>>真犯人フラグ真相編の全体の考察はこちら

小幡由実が篤斗の誘拐に関わった可能性が高い

ドラマの放送中の小幡由美の部屋のカーテンは、篤斗のユニホームをインターネットサイトに転売していた女性の部屋のカーテンと同じだったからです。

つまり小幡由実は篤斗を誘拐している可能性が高い!

と、いうことは、篤斗の誘拐は単独ではなく、真帆、光莉と同時に誘拐されたと考えると必然的にかがやきは相良一家の誘拐に関与している考えるのが普通ですね。

篤斗も光莉もマインドコントロールされている

篤斗も光莉もマインドコントロールされています。

すくなくとも篤斗は、マインドコントロールされていて妻の真帆を父親の凌介が殺害したと思い込んでいました。

それも、暗闇の殺害シーンで、本来は見えないはずの凌介の顔をはっきりと見えているように記憶していました。

本来ありえないことを真実として認識するように、マインドコントロールされているものと考えて間違いありません。

スポンサーリンク

真犯人フラグの真帆は宗教法人かがやきの信者か?

現状では、なんら答えが出ていませんが、真帆は宗教法人かがやきに入信しているものと考えられます。

と、いうのも篤斗の記憶では、真帆は凌介の殺害されていました。

そしてこれがマインドコントロールされたものとすれば、真帆は既にこの世にいない人間とされているわけです。

こうやって、かがやきは真帆が、一般社会に戻れないように様々なしかけをしていると考えられます。

また、かがやきは、真帆に肉体的に関連している人物を消そうとしているのでは、想定しています。

林、凌介の共通点といえば、真帆しかありません。

あとは、充ですが、充と真帆との関係があったのか?これはまだ不明です。

>>真帆の正体や謎について考察詳細

スポンサーリンク

まとめ、真犯人フラグの宗教法人のかがやきは犯罪集団なのか?

宗教団体のかがやきに関して犯罪集団の可能性について考察してきました。

この記事自体は、真犯人フラグの真相編11話が終了した時点で作成されています。

また、新しい情報が入り次第記事を更新していきます。

タイトルとURLをコピーしました