マイファミリーの犯人が日下部管理官(迫田孝也)なのか考察!警察での動きが

サスペンス

マイファミリーの9話目の放送は見られましたか!

心春と実咲の真の誘拐犯にも近づいてきた9話でしたね!

そして9話では、日下部警部(迫田孝也)が犯人なのでは?思われる点も印象としてはありましたね。

しかし、残念ながら日下部は犯人ではないということを証明したといっても過言ではありません。

本記事では、日下部が犯人ではない理由を考察します。

スポンサーリンク

マイファミリーの犯人が日下部管理官(迫田孝也)なのか考察

結論から言いましょう!

9話の放送では日下部は犯人ではないということを証明したしまいました。

また、8話までの情報から犯人もしくは犯人の共犯者は、警察内部にいるというのはあきらかです。

>>マイファミリーの全体的な事件の考察はこちら

スポンサーリンク

理由①実咲確保の時に現場にいたから

9話の冒頭で日下部管理官は、犯人を逮捕するため実咲が誘拐監禁されている現場にいました。

実咲が誘拐されていたであろう現場では、温人が直前まで犯人と電話で交渉をしていたんです。

つまり実咲の誘拐監禁されていた場所にいた刑事は全てシロということができます。

と、ここまでいうと日下部管理官に加え、葛城(玉木宏)、鷲尾、梅木の4名は現場にいて犯人確保に動いていたのは明白です。

つまり上記の4名はシロということになります。

理由②実咲のタブレット情報を警察内部に伝達

実咲のタブレットがどこにあるかという情報を最初にうけとったのは、日下部管理官でしたね!

日下部がその情報を最初に知った人物です。

仮に犯人であるならばその情報は誰にもを伝えず、日下部自らタブレットの確保に走ったはずです。

しかし、実咲のタブレットが友果が所有していることを警察内部に伝達していました!

つまり日下部はシロと証明したんです!

マイファミリーの犯人が日下部ではなく誰なのか?

心春、実咲を誘拐した犯人はズバリ、吉乃ということになります。

>>吉乃が犯人だと断定するこれだけの理由

スポンサーリンク

マイファミリーの犯人が日下部なのか考察:まとめ

マイファミリーですが次回が最終回ということになりました。

事件の推理はあと1週間だけになりました!

マイファミリー最終回、いっしょに犯人の推理を楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました