ネメシス4話の犯人は誰?男性教員転落事故の真相について(ネタバレ)

サスペンス

みなさんドラマ『ネメシス』は見ていますか?

ネメシスの第4話は、アンナ(広瀬すず)が女子高生となって、女子高に潜入捜査するという見どころたっぷりの放送になりますよ!

本記事では、ドラマ『ネメシス』第4話『AIという名のもとに』の犯人像に迫っていきたいと思います。

そして、犯人が犯行にいたった理由は何だったんでしょうか?

では、早速、『ネメシス』第4話の犯人や、犯行の背景についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ネメシス第4話の犯人や被害者は誰か?犯行の動機は?

ドラマ『ネメシス』の第4話は、私立デカルト女学院において男性教員の転落事故が、自殺か他殺か調べて欲しいという探偵事務所『ネメシス』への依頼がことの始まりでした。

それで、『ネメシス』の第4話は、アンナ(広瀬すず)が女子高・私立デカルト女学院に女子高生として、潜入調査に入るんですね。

そういうスタートでアンナが女子高に制服姿で潜入捜査に乗り出します。

ネメシス第4話の被害者

今回、事件の調査依頼の発端となったのが、女子高・私立デカルト女学院発生したイケメン男性教員の転落事故。

転落事故で命を落としたのが、イケメン男性教員の黒川(水間ロン)です。

この事故が発生した状況から、他殺とも自殺ともはっきりしないんですよね。

また、事件を調べていくと、黒田は私立デカルト女学院の中で何人もの恋人がいたことが発覚します。

この事故が他殺だとしたら、捜査線上にのってくる犯人は、やはり黒田と関係をもった女学院の関係者なのか?

これが、また面白い展開になるんです!!

メシス第4話の犯人

続いてネメシス4話の犯人についてお伝えします、

これ以上は、ネタバレになってしまうので、ご迷惑をおかけしてしまうかもしれませんのでお気をつけて、読み進んでいただければと思います。

それで、犯人ですが、教頭の南禅寺光江(MEGUMI)なんですね。

この投稿をInstagramで見る

MEGUMI(@megumi1818)がシェアした投稿

犯行の理由は、恋愛関係になることを黒田に求めたのだが、断れたこと。

黒田ってすごいですよね。

教頭までも、自分の恋人にしちゃうんですもね。

まぁ、黒田自身は、遊びのつもりだったのかもしれませんが。

ネメシス第4話の黒田の恋人たち

ネメシスの第4話では、南光寺以外にも恋人がいましたね。

黒田は、自分が働く職場で、どんだけ遊んでるんでしょうね。

恋人1:雪村陽子

まず、1人目の恋人が雪村陽子(村川絵梨)でした。

恋人2:夏本レナ

2人目の恋人と噂をされていたのが生徒の夏本レナ(河合優実)でしたね。

黒田は、まさか生徒にまで。。。。果たして真相は

この投稿をInstagramで見る

marico(@marico_takaki)がシェアした投稿

スポンサーリンク

ネメシス第4話の事件の背景

ネメシスの第4話では、女子校に勤務するイケメン男性教師・黒田の女子校の屋上からの転落事故を取り扱います。

探偵事務所の栗田(江口洋介)、風間(桜井翔)が事件の依頼をうけた時点では、黒田(水間ロン)が自殺を図ったのか、それとも事故や事件だったのかはわかっていません。

それで、女子校の女性カウンセラー雪村(村川絵梨)からの依頼で、栗田、風間はこの事件(事故)の調査に乗り出すんですね。

ちなみにアンナは、女子校の内部からの潜入調査という名目で、この事件の真相究明をしていくわけです。

そして、アンナが潜入捜査をしていくなかで、耳にはいってくるのは、黒田の黒いウワサなんです。

どうも、黒田は学院内で二股も三股もかけていたのではという噂です。

捜査線上であがってくる情報には、黒田あいてにパパ活をしている女子生徒の夏本レナ(河合優実)の存在も。。。

やはり、黒田は他殺なのか、はたまた自殺なのか、雲行きは他殺の方向へ。

もし、他殺だった場合は、黒田の女性関係なのか・・・・

複雑化する捜査には、AIで犯人を特定するという姫川という科学者も現れて、事件解決への道のりは困難を極めます。

はたして、男子教員屋上転落事件の真相はいかに!

今回は、トリックがかなりイケてますよ!

スポンサーリンク

ネメシス第4話の小説『ネメシスⅢ』を読んだ感想

ネメシス第4話は、今までの3話とはストーリーの展開が一転して、学園本格ミステリーのような展開でした。

ネメシスの第4話は、いままの3話とは一線を画し、理系本格派ミステリー作家である周木律氏により脚本協力で実現した作品です。

小説を読んだ印象としては、遊びがあまりなく、ひたすら事件の真相解明にむけて、アンナや風間、栗田が真剣に事件に取り組みます。

これが、読み手を小説の没頭させるような、書きっぷりのする文章表現だなぁと思いました。

ネメシス1 (講談社タイガ) [ 今村 昌弘 ]を読みたい方はこちら

ネメシス2 (講談社タイガ) [ 藤石 波矢 ]を読みたい方はこちら

ネメシス3 (講談社タイガ) [ 周木 律 ]を読みたい方はこちら

また、やはり小説ではなくドラマを無料で視聴したい方は下のリンクより動画配信サービスを紹介

また、ドラマ『ネメシス』を全話無料で視聴する

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ『ネメシス』第4話の犯人や、犯行にいたった理由をお伝えしました。

ただ、4話の犯人に関してはネタバレを防止するためにも、第4話に犯人については、放送直前に掲載しようと思います。

また、ネメシスの第3話は、今までとは違ったスリリングな展開でした。

また、映画『スピード』から、爆弾犯の手口をコピーしてて笑っちゃいましたね。

こういったシーンがでてくると、なんか妙に懐かしくて、昔見たスピードを、再視聴したくなっちゃいますね。

ネメシス第4話では、いままでのネメシス雰囲気とは、一転した感じがうかがえると思いますので、楽しみにしています。

この記事を書きながらドラマの放送がとても楽しみです。

 

タイトルとURLをコピーしました