ネメシス5話の犯人は誰?天狗伝説に隠された真相とは(ネタバレ)

サスペンス

ドラマ『ネメシス』もついに第5の放送ということになりました。

ネメシスの第5話は、リンリン(三島あよな)が働く無国籍料理(ハオツー)の料理人の話になりました。

今回は、ドラマ『ネメシス』第5話『父の願いに花束を』の犯人について情報を提供したいと思います。

では、第5話の犯人はどのような背景で犯行にいたったのでしょうか?

では、早速、『ネメシス』第5話の犯人や、犯行にいたった背景についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ネメシス第5話の犯人や被害者は誰か?犯行の動機は?

ドラマ『ネメシス』の第5話の犯人についてお伝えします。

第5話は、アンナが大好きな、一風変わった料理を提供する『ハオツー』の料理人の依頼から話が展開していきます。

まぁ事件のポイントは、家業相続にまつわる問題と想像されます。

実際の犯人に関しては、ネタバレになってしまうため、放送後リバイスしたいと思います。

また、今までのネメシスについて視聴していない方がいらしたら、今までの放送分は無料で見ちゃってくださいね。

 

スポンサーリンク

ネメシス第5話の事件の背景

今まで、数々の難事件を解決してきた『ネメシス』ですが、TVをはじめとしたメディアからの注目度は、日増しに高まっていく。

そこで、注目されるのは探偵の風間(桜井翔)でした。

メディから第注目の探偵事務所に今度は、アンナが愛する無国籍料理『Dr.ハオツー』の料理人のリュウ楊一(加藤諒)依頼をもってきた。

リュウが依頼したい内容は、『天狗サーモン』というサケの養殖場を経営する天久潮(渡辺哲)の転落事故に対する調査の依頼。

死因は、天久潮が泥酔し崖から転落したとのこと。

『天狗サーモン』がある山は、以前から天狗伝説が古くから残る場所。

これをメディアは、天狗の祟りと仰ぎ立て、自殺なのではないかという報道が。

しかし、ハオツーの料理人リュウは、決して自殺ではないという。

リュウは、前日に天久潮と会っており、その時は天久潮が3人の息子が家督を継ぐために戻ってきたことを喜んでいた、という。

早速、真相をさぐるべく、栗田、風間、アンナの3人は、山奥のサケの養殖場を訪れる。

そこで、3人は天久潮の奇妙な人間関係に気づくのであった。

事件の展開は如何に!

スポンサーリンク

ネメシスの小説版と感想

ネメシス第4話は、かなりしっかりとした推理の展開でしたので、本格的なミステリーが好きな方には楽しめる展開だったと思います。

ネメシスの第5話に相当する小説は、まだ読んでいませんが。

5話のあらすじを読むにつれ、なんとなくTRICKやタリオの匂いがするなぁと感じました。

ネメシスの1話から4話に対応する小説はすでに発刊されております。

私が個人的に好きなのはネメシスⅢですね。

と、いいますのも、事件とその裏に潜む犯人の苦しみや妬みのようなネガティブな感情がしっかりと描写されていたことです。

我々のような読み手としては、小説に没頭できるのは、犯人や登場人物の考えに、ズバリ共感できるかどうかです。

その上で、ネメシスⅢは本当に楽しめる作品でした。

ネメシス1 (講談社タイガ) [ 今村 昌弘 ]を読みたい方はこちら

ネメシス2 (講談社タイガ) [ 藤石 波矢 ]を読みたい方はこちら

ネメシス3 (講談社タイガ) [ 周木 律 ]を読みたい方はこちら

また、やはり小説ではなくドラマを無料で視聴したい方は下のリンクより動画配信サービスを紹介

また、ドラマ『ネメシス』を全話無料で視聴する

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ『ネメシス』第5話の犯人や、犯行にいたった理由をお伝えしました。

ただ、5話からは、テレビ放送が先行していて小説は放送後に公開されることとなりました。

ですから、本記事の掲載時点では、犯人に関しては、よくわかっていなんです。

そのため、情報は放送直後にリバイスして正確な情報に更新していきたいと思っています。

ネメシスのドラマは、小説に比較すると犯人が犯行にいたった経緯や、犯行のトリックなどが簡素化されてしまっている印象です。

ネメシスに関していえば、小説も読んで、ドラマも見るっていうのが良いかもしれません。

この記事を書きながらドラマの放送がとても楽しみです。

 

タイトルとURLをコピーしました