最愛のドラマの原作は小説か?結末ネタバレ連続殺人犯を考察

サスペンス

2021年10月、TBS金曜ドラマ「最愛」が放送されます。

ドラマ『最愛』は主演・吉高由里子(真田梨央)が15年前の失踪事件からつながる連続殺人事件の重要参考人になるというサスペンスラブストーリーです。

現在、話題のドラマ『最愛』ですが、原作となる小説やドラマ、漫画のようなものはあるのでしょうか?

本記事では、サスペンスドラマの『最愛』の原作作品について調査をしましたので、ご報告します。

スポンサーリンク

ドラマ『最愛』の原作は推理小説?

まず、ドラマ『最愛』の原作についてTBSの公式発表だけの情報では、現状のところドラマ『最愛』に原作はないということになります。

番組の公式情報の中では、

ドラマ『最愛』の企画・演出・脚本は今まで数々の大ヒット作を出した塚原あゆ子・奥寺佐渡子・清水友佳子の3名によるオリジナル作品となっております。

となっていてこの情報だけですと、冒頭にお話したとおり、『最愛』に原作はないということになります。

しかし、ネットの民の中で密かに噂されていることがあります。

それは、推理小説『最愛』の存在なんです。

実際に同じタイトルで、推理小説『最愛』があるんですね。

なので、普通だったら、やっぱりドラマ『最愛』には原作の推理小説があったじゃないか!

もしくは、完全な原作ではないにしろ、参考くらいにはしたのでは?

とおもっちゃいますよね!やはり推理小説『最愛』の存在が気になってしまいます。

次章では、推理小説の『最愛』についてさらに深く調べた内容をお伝えします。

スポンサーリンク

『最愛』の原作は推理小説なのか?ドラマとのあらすじを比較

まず、吉高由里子が主演を演じるドラマ『最愛』は15年前からの失踪事件からつながる連続殺人事件が題材になっています。

元恋人で刑事である宮崎大輝(松下洸平)が、連続殺人事件の参考人である女社長・真田梨央(吉高由里子)を追い事件の解決を目指すという展開ですね。

しかし梨央には敏腕弁護士が3人ついて、しっかり莉央をサポートしているため解決には困難を極めるというサスペンスラブストーリーになっています。

一方の推理小説である『最愛』は押村悟郎という医師が主人公なのです。

この押村の前に、突然、18年間行方が分からなくなっていた姉が銃撃を受け現れるとことから物語がスタートします。

そして主人公の押村が姉のことを調べ始めるのですが、どうも姉は殺人犯が夫に持つことがわかり、話は展開していきます。

ここまで、調査していくと、10数年以上前の事件が起因して現代でさまざまな事件が引き起こされるという点ではよく似た二つの作品なのですが、ドラマ『最愛』の原作は推理小説の『最愛』というほど似通ってはいないです。

スポンサーリンク

最愛の結末ネタバレ連続殺人犯を考察

ドラマの『最愛』には、原作はないということが分かりました。

しかし、『最愛』のタイトルから、連続殺人犯を探るヒントはありますよね!

なぜ、このサスペンスラブストーリーのタイトルに『最愛』というタイトルをつけたのかということを考えると必然的に答えがわかるのではと思います。

日本のドラマは、原作のないドラマが過去にもいくつもあるのですが、そのときに犯人はドラマの題名がヒントになっていることがよくあります。

では、ここからは、連続殺人犯を考察して、結末を予測します。

まず、ドラマの物語の中で、連続殺人犯とされ警察から追われている主人公の真田梨央(吉高由里子)が一部の事件の犯人ということは確定なのではと思います。

物語では、刑事の宮崎大輝(松下洸平)の昔の最愛の相手が、連続殺人事件の参考人である女社長・真田梨央だからです。

また、物語の中では、真田梨央は、敏腕弁護士を3人も雇っているんですよね。

これも、事件に関連するための防衛のために雇っていると推察します。

あと、物語りが進行していく中でわかってくることもあるでしょうから、犯人の推理は一回目の放送が終了してから考えていきたいですね。

結末はやはり『最愛』というタイトルが影響しているような終わり方になるのでは?と推定します。

最愛第1回を終えて結末を考察:犯人は? 10月16日更新

最愛の第1回目の放送を終えて、大体わかったことがあります。

最初の事件、渡辺康介(朝井大智)の殺害には、梨央(吉高由里子)は関係していないこと。

むしろ1人目の殺人の犯人の候補は、

  • 梨央の父
  • 渡辺の友人(3人)
  • 梨央の弟の優

この優がカッとなった時に、その時の記憶が失われるというのが、怪しいですよね。

この後の連続殺人事件には弟の優が関連してきそうです。

姉と弟お互いに最愛の存在ですもね。

また、今後殺害されるであろう人物ですが、この話の流れからすると、渡辺の友人(3人)なのではと予測します。

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ『最愛』の原作について調査をしました。また、連続殺人犯を考察して、『最愛』の結末を予測しました。

ドラマ『最愛』は、監督・演出・脚本、主人公をはじめとしたキャスト、全てにおいて大ヒットする要素が揃っています。

原作がないオリジナル作品ですから、視聴者全員で犯人を推理するという楽しみ方ができる作品ですね。

と、いうことで毎回の放送から目が離せない展開になるでしょうし、事件の鍵となる謎も放送が進むにつれ多くなってくると思います。

では、『最愛』の放送を楽しみにしましょうね!!

タイトルとURLをコピーしました