最愛の橘しおり(田中みな実)が梨央に近づいた理由を詳細に考察

サスペンス

TBSドラマの最愛をみなさんは見ていますか?

毎回の放送で謎が解決していく面白いドラマです。

最愛の雑誌記者の橘栞(田中みな実)の正体がいよいよ明らかになりました。

では、最愛の雑誌記者の橘栞(田中みな実)は、なぜ梨央(吉高由里子)に近づいたのでしょうか?

本記事では、橘栞(田中みな実)が、梨央(吉高由里子)に近づいた理由について詳細に考察しています。

スポンサーリンク

最愛で雑誌記者の橘しおりが梨央に近づいた理由

引用元:TVer

最愛6話では、橘しおりが真田梨央に近づきました。

理由は、橘がつかんでいる真田ウェルネスの不正を梨央に伝えたかったからなんですね。

そして、その真田ウェルネスの不正に後藤専務が深く関わっていることを梨央にリークするため。

では、なぜ橘しおりは、後藤専務の汚職を真田梨央に伝えようとしたのでしょうか?

スポンサーリンク

最愛で雑誌記者の橘しおりと後藤専務の関係

引用元:TVer

橘しおりは、現在雑誌記者をしていますが、彼女の職務経歴上は4年前に新聞記者をしているんです。

後藤専務(及川光博)との関係は、新聞記者時代に、真田梨央の情報を後藤から入手していたことから始まっています。

 

橘しおりは、新聞記者時代に真田梨央特集記事を何件が書いていた事実があります。

その時に、真田梨央を調べていて真田梨央が旧姓:朝宮であることを知ったのだと思います。

実は、真田梨央は岐阜にいる時代は、苗字が違ったんですよね。

母親に引き取られる時、姓を真田に改めました。

この時に、橘しおりはピンときたと思います。つまり真田梨央が朝宮達雄(光石研)の娘だということを。

また、同時に渡辺康介を殺害した朝宮優の姉であることもわかったはずです。

そして、橘しおりには朝宮優や達雄に感謝の気持ちがあったんです。

それは、次の章にて説明します。

スポンサーリンク

最愛で記者の橘しおりが抱く感謝の気持ちとは?

橘しおりが、朝宮親子に抱く感謝の気持ちとは。。。。。

朝宮親子が、渡辺康介を殺害したことです。

実は、橘しおりは15年前に東京都に大学に通っていました。

そして、橘しおりも大学生時代は陸上部に所属していて、白山大学(真田梨央の故郷)に強化合宿にきていたんですね。

このときに、橘しおりは渡辺康介にクスリを盛られて性的暴行にもあいました。

おそらく、橘しおりは渡辺康介にゆすられていたともおもいます。

そして15年前の事件があった時も、陸上部の寮での渡辺康介との大麻パーティーにも参加をしていたんです。

だから、渡辺康介が朝宮優に刺されて死んだことも、また朝宮達雄が死んだ渡辺康介のしたいを山の中で遺棄したことも全部知っているんです。

場合によっては橘しおりも、渡辺康介の死体遺棄には関わっているかもしれません。

だからこそ、渡辺康介を殺害した朝宮親子には、感謝もしている真田の兄弟を守ろうともしているのだと思います。

最愛の真犯人の考察はこちらです

後藤が渡した500万円の考察はこちら

スポンサーリンク

最愛で記者の橘しおりは学生時代1年も休学したのか考察

もうひとつ橘しおりには、謎がありますね。

これは、大学時代に1年間の休学の期間があるんです。

この1年間に何があったのか?

考えられるのは、子供を産むためだったのではと推察しています。

↑はまだ推察の域をでていないので、追加の情報があり次第また考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

最愛で雑誌記者の橘しおりが梨央に近づいた理由:まとめ

サスペンスラブストーリーも橘しおりの正体がようやくわかってきて、今後の展開がズバリ読めてきそうです。

こんな汚い格好をした田中みな実を橘しおりとして演じさせて、世間からは批判の目をむけさせることで、真田梨央を苦しめさせようとしているように見せかけた、ドラマの制作スタッフの絶妙な演出でしたね。

だから、視聴者は橘しおりが真田梨央の敵だと思い込んでしまったんです。

そして、これからは後藤専務と真田の兄の、汚職事件のストーリーになっていくと思われます。

今後の展開がますます楽しみになってきましたね。

 

タイトルとURLをコピーしました