バーベキューで、いつもより美味しい料理をいただく魔法の調理器具 ダッジオーブンについて

旅行
cof

夏休みが近くなってきましたね。我が家ではキャンプや友人とのバーベキューなどをする時に必ずといっても良いほど持っていく魔法の調理器具があります。

ダッジオーブンっていうものですが、分厚い金属性の鍋なんです。これを使って調理をしていると、友人にはバーベキューの達人かの様に尊敬の眼差しで見られますし、調理した食事を食べて頂くとあまりの料理の美味しさにプロの料理人の様に評価される事も多いのです。

スポンサーリンク

ダッジオーンでつくれる料理

このダッジオーブンを使ってどんな料理が料理がつくれるのでしょうか?代表的な料理は、鳥の丸焼き(ローストチキン)、スペアリブ、炊き込みご飯やパエリアなど、キャンプ場やバーベキュー場などです。料理のレパートリーが増えますよね!
それに、付け加えておきたいのは、沢山の料理がつくれるだけではなく、簡単につくれるというのがメリットがあるという事です。
例えば、鳥の丸焼きつくる場合でも、加熱したダッジオーブンに下処理をした鶏肉を入れて、ジャガイモや人参、玉ねぎ等の野菜を入れ、サラダ用のドレッシングで味付けをして、あとは火にくべるだけです。それで1時間強の時間で、鳥の皮の部分がパリッとして、食べると柔らか、ジューシーで香ばしい味の鳥の丸焼きが完成します。
スペアリブなども、加熱したダッジオーブンにスペアリブを並べ、コーラで味付けして、蓋をしてあとは炭で焼くだけす。これは1時間弱の時間で、柔らかい食感で少し甘みのあるスペアリブが出来上がります。

ダッジオーンを使いたいと思ったら

ダッジオーブンを使ってみたいと思われる方は、大きなキャンプ場ではレンタルで借りることもできますし、ホームセンターでも購入する事ができます。購入される方は、ダッジオーブンのサイズや、材質を調べてから買う事をオススメします。鳥の丸焼きに使う、1匹丸ごとの鳥肉ですが、大きさが各種ありダッジオーブンのサイズによっては、鳥がオーブンの中に入らないという事もあるのです。価格が見合う様でしたら、大きなめのサイズのものを購入されると良いでしょう。

ダッジオーンを使う上での注意点

便利なダッジオーブンなのでが、長く使って頂くために注意しないといけない事があるのです。それは、調理後のお手入れなのです。金属製の鍋はサビが大敵ですから、金属の酸化を防ぐように保存しなけれならないのです。
一つめは、洗剤をつけて鍋を洗わない。つまりお湯や水だけで脂を落とす様に洗います。
二つめは、洗ったあとにダッジオーブンの水気を火で蒸発させて、オリーブオイルを鍋全体に塗布します。シーズニングと言いますがこれをする事で金属の表面に薄い油の皮膜ができるのです。
お手入れさえしっかりすれば本当に長持ちします。我が家のダッジオーブンはもう15年以上使っており、年数回のバーベキューの度に、大活躍をしております。

今年の夏、友人やご家族とダッジオーブンでつくった、美味しい料理で舌鼓を打つ。
そんな思い出をつくるのはいかがでしょう?

タイトルとURLをコピーしました