紅白2022日向坂は口パク?生歌の評価や過去の疑惑も調査

紅白 2022 日向坂 口パク紅白

もうすぐ年末ですね。大晦日に紅白歌合戦はご覧になる予定ですか?

出場する歌手による・・という方もいるのでしょうか。

今回の出場歌手が発表された2022年紅白ですが、日向坂46は4年連続出場だそうですね!!すごいですよね〜。

日本を代表する、人気アイドルグループですが、紅白で日向坂は口パクでは?という疑惑が出ているそうですよ。

あるあるの話だと思いますが、本当のところはどうなのでしょうか?

この記事では、日向坂46は紅白で口パクなのか?また、今までの生歌の評価や疑惑について、調べましたのでお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

紅白2022日向坂は口パク?疑惑を評価

2022年の紅白では、日向坂は口パクで出場するのでしょうか?

昨年の紅白での評価や、ネットでの投稿を見ていると、圧倒的に生歌だったという意見が多かったです!

ただ、紅白ではマイク数の回線数が足りないのでは?という意見があります。

筆者は全く詳しくないですが、詳しい方の意見では、日向坂46のような人数の多いグループでは、マイクが全て音を出せるものではない。

全員の声が出せないから、口パクのように感じられてしまうというコメントを見かけました。

確かに、人数が多いからマイクの回線の心配はあるかもしれませんね。もし、メンバー全員音が出ていないとしても、口パクではないので、生歌という事になりますね。

2022年の紅白でも、生歌で出場なのではないでしょか♪

スポンサーリンク

日向坂の過去の口パク疑惑を徹底調査

 

日向坂の過去の口パク疑惑はあるのでしょうか?

最近では、11月10日に放送された、『ベストヒット歌謡祭』。

この番組に関しては、「口パク」というネットでのコメントを沢山目にしました・・。

しかも「口パクが下手」というコメントまで。

実は、秋元康の方針として、プロデュースしている大人数のグループは、基本的には被せ音源を使用しているという情報がありました。

大人数でフォーメーション移動したり、振り付けがあったりで、全て生歌にしてしまうと、歌声が途切れてしまったりするからだそうですよ。

パフォーマンスをより良くするための策のようですね。

ちなみに被せ音源とは・・・元々の音源を小さい音で流しつつ、実際に歌う方法です。

特にソロ曲や、ソロパートでは、実際に歌っている事がほとんどだそうです。

また、口パクNGの歌番組に出演の時や、FNS歌謡祭、ミュージックフェアでは、間違いなく生歌という情報もあります。

日向坂に関しては、口パクもあるかもしれないけれど、被せの方法や生歌の時もあるグループのようです。

スポンサーリンク

日向坂の生歌の評価は?

日向坂の生歌の評価はどうなんでしょうか?

実は、生歌の評価が高く、生歌が強みのグループなんですよね。

歌に自信があるメンバーもいて、生歌を披露していることもあるんです。

生歌についてのコメントをツイッターで集めてみました♪

どうでしょうか?ライブに行った方のコメントを見ていると、生歌が上手だったという意見が多いです。

実際に聞いたことがあったり、ファンの方達のコメントを見る限り、生歌の評価は高いですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

2022年、紅白出場の日向坂口パクについての記事はいかがでしたか?

口パクについて、めちゃくちゃ調べているアイドルファンの方のブログを見ていて、口パクかどうかの見分け方が載っていました。

「喉が動いている?」「音源と同じ歌声?」「ダンスに合わせ声ブレがある?」「イヤホンをしている?」この4つが見分けるポイントだそうですよ。

この4つを確認しながら、紅白視聴をしてみても、違った目線で楽しいかもしれませんね!

気になった方は、チェックしてみてください^^

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました