デオエースは体に悪い?副作用について成分を分析

deo-ace

デオエースは、ヨーロッパの一国である「ポーランド」で誕生し、瞬く間に約200万個の販売実績を叩き出した世界で人気のロールオンタイプの制汗剤です。

ネットの口コミでとても注目を集めているようですが、デオエースは本当に安全なものなのか?副作用はあるの?など、実際のところが気になりますよね。

本記事は、デオエースは本当に安全なものなのか?副作用はあるの?など、疑問に思われている方へ、成分分析をしご紹介いたします。

購入してから、「私には合わなかった~」と失敗をしたくないあなたへ。

ぜひ最後までお読み頂き、確認してくださいね。

\公式サイトが最安値/

▲▲2,900円税込でどちらも試す▲▲

デオエースは体に悪い?成分を分析

公式サイトを見てみると、ポーランドで開発されたデオエースですが、日本国内で医薬部外品として製造されていると記載があります。

海外のものですが、日本人向けに製造・処方している製品のようで安心ですね。

まずはデオエースの製品特徴を見てみましょう。

  • アルコールフリーそして世界で初めてのIPS処方で痒みや刺激なく効果を発揮し、肌への優しさを保ったまま、サラサラ肌を持続することができる
  • ボタニカル成分が肌にたっぷり潤いを与えながらも、有効成分が汗腺にしっかり蓋をして、汗やニオイそのものを抑えてくれる
  • 殺菌効果も期待できるため、菌そのものの増殖を抑える
  • パラベンフリー、合成色素フリー、鉱物油フリー、合成香料フリーと4つのフリーで体に皮膚に優しい処方

アルコールフリーで敏感肌の方でも刺激を感じることなく、使用することができますね。

有効成分が働きかけることで、汗やニオイを抑える十分な変化も期待できる製品ですね。

では、体や皮膚への影響は?安全に使えるものなのか?成分分析をしていきましょう。

クロルヒドロキシアルミニウム

「クロルヒドロキシアルミニウム」は、汗の出口となる汗腺にフタをする働きがある収れん剤です。

皮膚に塗ると、アルミニウムが角栓を作ることで発汗を抑える効果があることから、日本では制汗剤によく使用されている成分です。

「クロルヒドロキシアルミニウム」と同じような効果を持つ「塩化アルミニウム」も日本の制汗剤に使われていることが多いですが、「塩化アルミニウム」は肌への刺激性が強いので、痒みや刺激を感じることが多いようです。

デオエース(Deo-Ace)に配合されている「クロルヒドロキシアルミニウム」は、「塩化アルミニウム」よりも刺激が少ないとされているので、敏感肌タイプの制汗剤に良く使用されているんです!

ただ、肌によっては刺激を感じたり痒みが出ることもあるので、敏感肌の方は、事前にパッチテストをしてから使用することをおすすめします。

ステアレス-2

油性成分であるステアリルアルコールに、水性成分であるポリオキシエチレンを混合させた界面活性剤です。

油になじみやすい親油性で、成分を混ざり合わせる乳化剤として化粧品によく配合されている成分です。

オクチルドデカノール

無色透明で液状の高級アルコールで、油溶性の化合物および植物エキスを溶かし込む溶剤として使用されています。

普通のアルコールとは違いベタつき感が少ないため、皮膚への感触がよく肌への刺激がとても少ない成分です。

敏感肌の人でも心地よい使用感です。

ステアレス-21

先ほどのステアレスー2と成分はほぼ同じです。

親水性で水になじみやすく、乳化剤や安定剤の役割をします。

化粧品によく使用される成分です。

DPG

肌に対するベタつきが少なくサラッとした使用感で、化粧品の保湿剤として使われてます。

皮表の柔軟化や水分量増加による保湿作用バリア改善作用また抗菌・防腐による製品安定化作用の3つが期待される成分です。

ミリスチン酸イソプロピル

ミリスチル酸イソプロピルは、ヤシ油やパーム核油から得られるミリスチン酸とイソプロパノール(エタノールと同じ)の化合物です。

化粧品やシャンプーに配合することで、溶解剤として製品の品質を均一にし安定させる成分です。

皮膚に浸透しやすく、サラッとした感触がえられます。

ビサボロール

ビサボロールとは、植物のカモミールやラベンダーなどの精油中に存在する成分です。

消炎効果があり肌荒れを防ぐため、医薬品として承認されている成分です。

化粧品にも使われることが多い成分です。

他成分(ボスウェリアセラタガム、アラントイン、パンテノール)

ボスウェリアセラタガム

ボスウェリアセラタの樹皮から得られる樹脂です。

粘着剤、香料、皮膚コンディショニング剤として化粧品に使用される成分です。

アラントイン

肌の炎症を抑えたり皮膚の修復作用ができるため、医薬部外品として認証されている成分です。

肌のかゆみやかぶれを抑える働きがある成分です。

パンテノール

皮膚細胞を活性化させる効果が期待され、肌を乾燥から守り保湿する働きがあります。

化粧品によく使われることが多い成分です。

\公式サイトが最安値/

▲▲2,900円税込でどちらも試す▲▲

デオエースを使用しての副作用は?

デオエースを使用しての副作用を、ネットでの口コミサイトで見てみました。

実際のところ、敏感な肌の方・肌の弱い方が使用して、肌に刺激を感じたり、赤く痒くなったという声もいくつかありました。

デオエースは、敏感な方でも使用できる処方となっていますが、人によっては、副作用がでてしまう場合がまれにあるようです。

その際は一度使用を中止し、医療機関に相談の上、使用することをおすすめします。

または、使用する回数を減らすといった対応をしてみても良いかもしれませんね。

\公式サイトが最安値/

▲▲2,900円税込でどちらも試す▲▲

デオエースは体に悪い?成分を分析 まとめ

デオエースは体に悪い?成分を分析しご紹介をしましたが、いかがでしたでしょうか?

成分分析をすると、化粧品に多く使用される成分や、医薬部外品として認証された成分が配合されています。

なので、デオエースは体に悪いということないようです。

しかし、敏感な肌の方・肌が弱い方は、パッチテストをしてからの使用や、お医者さんにお聞きにならてても良いかと思います。

また、デオエースが開発されたポーランド人の肌質は、日本人の肌質にとても近いので、日本人も使いやすいという話もありました。

いよいよ暑い夏到来ですね。

「汗」と「ニオイ」でもう悩みたくない方は、デオエース(Deo-Ace)を試しに使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました