愛の不時着第6話のあらすじと感想を簡単に!『嫉妬』

愛の不時着

愛の不時着の第6話のあらすじ、感想をお届けします。

愛の行方も気になりますが北朝鮮の生活の様子も気になります。度々停電してしまったり、貯蔵庫のような所に食べ物を保存したり、市場ではこっそり韓国の化粧品などが販売されていたりと知られざる様子が知れるのも面白いところです。

実際の脱北者などから情報を得たという話もあり、100%ではないものの近い生活を送っていると考えていいようです。

スポンサーリンク

愛の不時着 第6話 あらすじ

5話では平壌でユン・セリ(ソン・イェジン)の知人のスンジュン(キム・ジョンヒョン)に出会い、リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)が嫉妬の目で見つめるシーンで終わりました。

嫉妬

ク・スンジュン(キム・ジョンヒョン)に韓国に戻る手助けを求めようとします。「不安もあるけど、こんな所で偶然出会うなんて運命だ」と言うユン・セリに、運命と言う言葉がどうしても納得がいかない顔をするリ・ジョンヒョク。

「じゃあ自分はどうなんだ、空から落ちてきた人を捕まえ、自宅で再会した場合は?」と何故か怒ります。「運命って言ってほしいのね?そうしましょ。」とにやけた顔で言うユン・セリ。

子供みたいに素直に嫉妬する顔を見せるリ・ジョンヒョクがツボ過ぎて、はまった人多いですよね?

平壌のホテルで、リ・ジョンヒョクは婚約者と自分の両親と結婚式の日取りについて話し合います。

ク・スンジュンは自分に有利な取引をしたいので、ユン・セリが北朝鮮で生きているという情報をユン・セリ(の兄に流します。

その後ビールが飲みたいと言うユン・セリと一緒にレストランに行きビールを飲んでいると初雪が降ります。「初雪を一緒に見ると愛が叶うといわれてるの。私たちは芽生えちゃだめね。」とユン・セリが言います。

別れの時

再度別れの時が近づき、近所の奥様と隊員にお別れをします。

隊員達とは最後にピクニックをしに行くことになりました。

手紙をもらったり、ユン・セリが韓国の歌をうたったり、楽しく過ごし、離れがたい複雑な心境になっていきました。

翌日家の前で別れる2人。ユン・セリは、「リ・ジョンヒョクさんと違って、私はあなたに会いたくなると思うあなたのことを時々思い出すと思う。いいえ、きっと頻繁に。でも、お互いに挨拶することできないのが残念だわ。』と涙を浮かべます。

リ・ジョンヒョクは、「 ここを立った瞬間、ここの事も俺の事も全て忘れて、元気で過ごして。ちょっとした悪夢だったと考えろ。 」と涙を浮かべるユン・セリに言いました。

手を出すリ・ジョンヒョク「最後だから握手じゃなくて抱きしめてよ。」と言いながら握手をする2人。

 

リ・ジョンヒョクも抱きしめたかったんだろうな。。と思わせるシーンでした。

空港に向かいますが、リ・ジョンヒョクに敵対心を持つチョ・チョルガン役(オ・マンソク)に手配されたトラックに乗っていた車が襲われます。その時1台のバイクが現れ、トラックのタイヤを撃ちます。

バイクに乗っていたのはリ・ジョンヒョクで、トラックの下にバイクをスライドさせトラックは炎上!!これで終わったと思ったら、ユン・セリをかばってリ・ジョンヒョクは撃たれてしまうのです

 

愛の不時着 第6話 感想

最後のバイクのシーン何度も見てしまいました。ヒーロー感100%の登場にドキドキがとまりません。狙われることを先に読んでいて、車を運転せず、武器を持ってバイクでユン・セリを守りに登場するシーン最高すぎました

始めの方は嫉妬で怒っているリ・ジョンヒョクが、とても可愛くもあり、愛おしいかったのに、最後のカッコ良さは、、もうみんな好きになりましたよね。

みんなでピクニックで幸せそうな表情を見せるユン・セリですが、韓国のお兄さんが全く心配せず、帰ってきたら困ると思っているこの状況だと、北朝鮮にいた方が幸せなのかもと思ってしまいました。

せっかく今度こそ帰れると思った作戦の途中で、リ・ジョンヒョクが撃たれてしまうという事件が起きました。リ・ジョンヒョク大丈夫?ユン・セリは作戦通り帰るの?

絶対絶命の状況でユン・セリがどんな選択をするのか先がまた楽しみです。

愛の不時着 第6話 まとめ

今回は他の男と一緒にいるユン・セリに相当嫉妬してしまうリ・ジョンヒョクの表情が印象的でした。これだけ嫉妬するんだから自分の気持ちにも気づいたのでしょうか。

空港まであと少しという状況の中、撃たれたリ・ジョンヒョクがどうなるのか?今度こそ韓国に戻れるのか?7話ではその回答が出ていると思います。

ハラハラ・ドキドキで本当に飽きない作品ですね!!

愛の不時着第5話へ

タイトルとURLをコピーしました