愛の不時着第14話のあらすじと感想と人気歌手IUの挿入歌

愛の不時着

2019年12月14日から2020年2月16日まで韓国tvNで放送された愛の不時着は、衝撃的な展開と主人公2人のお互いを想う切ないラブストーリーが人気となり、最終話に向けて視聴率が高まったドラマです。

今回は14話のあらすじと感想、あと13話で初めて登場した人気歌手IUのOST(劇中歌)についてお伝えいたします。

ネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意ください。

スポンサーリンク

愛の不時着 第14話 あらすじ

前回13話では、倉庫でチョ・チョルガン(オ・マンソク)と対決し、優勢だったにも関わらず、車の陰からリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)に銃口を向けているのに気づきユン・セリ(ソン・イェジン)がリ・ジョンヒョクを守るのですが、銃が車に直撃するところで終わりました。

車のドアを開けるとユン・セリが倒れ込んできました。救急車で搬送され心肺蘇生をされ、病院では担当医にかなり危険な状態ですと言われ、呆然とするリ・ジョンヒョク。

僕には兄がいた。彼を亡くし心に決めた。誰も失わない人生を淡々と送ろうと。それ以来よく眠ることもなく、冗談も言わず、ピアノも弾かない、君に会うまではそうやって生きてきた。これからは君がいる人生が送りたい。生きて僕の話を聞いてくれと心の中でつぶやきます。

このセリフとても心に残りました。北朝鮮に不時着したことでリ・ジョンヒョクの人生をユン・セリなしでは生きていけないほど変えてしまったんですね。

手術を終え意識不明のユン・セリの事を想い隊員達も病院の外で涙を流します。その後意識を取り戻したユン・セリ

兄夫婦に病室から出て行ってと伝えリ・ジョンヒョクに電話をします。「私のボディガードなのに許可無く消えたのはなぜ?会いたいからすぐ来て。」と言うと、リ・ジョンヒョクは病院に全速力で病院に駆け込みました。

「どうして危険な瞬間に飛び込んだ?君が死んだらどうしたらいいんだ?」と号泣して、「愛している。この言葉が言えなくなるかと思って怖かった。」と抱きしめます。

実は病室に盗聴器を仕込んでいた隊員達も病室に到着します。盗聴していたレコーダーをユン・セリに手渡し聞くように言います。その中には兄夫婦の悪事と母の本音が録音されていて、自分が母を誤解していた事を知りました。

警察にチョ・チョルガンの事を知っているか聞かれて家族を全員呼び、兄夫婦がチョ・チョルガンと繫がっていると告げます。

チョ・チョルガンの居場所を突き止めたリ・ジョンヒョクは隊員達に別れを告げ1人で乗り込み、銃を突きつけると、警察もその場所に到着し、2人に銃口を向け武器を下ろせと叫びました。

最後チョ・チョルガンが銃を突然ポケットから出し、銃声が鳴り響く所で14話が終わりました。

スポンサーリンク

愛の不時着 第14話 感想

日本でも人気の歌手(IU)のOST

愛の不時着のOSTはどれもとても良いのですが、IUのOST(挿入歌)が人気が高いんです。Give You My Heart 「心を差し上げます」というタイトルで、口笛から始まるメロディーも、いつものIUとは異なる高音の歌い方、そして感情の乗せ方が最高!

最後に音がなくなってIUの声だけになるところ、聞いているだけで泣けてきます。歌詞もとても愛の不時着とあっていて感情が高まります。韓国語がわからなくてもこの歌の良さはわかる、この曲を聴くと愛の不時着の名シーンが頭に浮かびます。

♪幸せな日も、生きていて疲れた日も、全部あなたのそばに私がいてあげられますように♪

14話は、一言で言うとユン・セリ生きててくれて良かったという事になりますね。韓国ドラマは男性も泣くことが多いですが、銃で撃たれてからリ・ジョンヒョク泣きっぱなしで見ていて辛い。

無事が確認できてからの仲の良い2人のシーンが微笑ましいので幸せな気持ちに浸っていたら、またチョ・チョルガンが出てきました。もう撃たれるとか止めて欲しい。もう誰かチョ・チョルガン捕まえてと思いました。

ユン・セリは家族との仲が悪く、孤独な生活を送っていましたが、母親との誤解がなくなった事は今後のユン・セリの幸せに繫がるので嬉しかったです。

盗聴していたこともですが、隊員達が今回も面白くて、兄夫婦がユン・セリを悪く言ったりしているところで盗聴している人が、演劇のようにセリフを再現して隊員達に伝えるシーンも好きなシーンでした。

終わりが迫っているのに、どうやって終わりを迎えるのか最後北朝鮮に帰れるのか?などまだ全然想像がつきません。ストーリーが毎回面白くて、あっという間です。

スポンサーリンク

愛の不時着 第14話 まとめ

また銃声で終わりました。誰が撃たれたのか?誰が撃ったのか?リ・ジョンヒョク無事ですよね?先が気になります。

今回のエピローグでは、リ・ジョンヒョクが帰国してしまった後のユン・セリの生活を気にしてリ・ジョンヒョクが棚を食材でいっぱいにしたり、眠れるようピアノを弾いて録音したり、自分がいなくなった後ユン・セリが幸せに暮らせるよう準備をするリ・ジョンヒョクが描かれていました。

もうすぐお別れなのかと寂しくなるシーンでした。

 

愛の不時着第13話へ                                     愛の不時着第15話へ

タイトルとURLをコピーしました