愛の不時着第15話のあらすじと感想とユン・セリの選択

愛の不時着

2019年に韓国で放送され、その後Netflixで放送されると、日本でも人気となった愛の不時着。韓国では、話が進むと徐々にファンが増え、視聴率が上昇しました。

主人公の2人がとてもカッコイイ、美しい2人なのでその出演作も再び人気が出て2人が出演する昔の作品もNetflixで再度人などで上位にランキングされました。

今回は愛の不時着15話のあらすじと感想、ユン・セリの選択についてお伝えいたします。ネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

スポンサーリンク

愛の不時着 第15話 あらすじ

14話では、リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)が1人でチョ・チョルガン(オ・マンソク)と決着をつけに行くのですが、警察も到着して2人に銃を向け「武器を下ろせ」と言います。最後のシーンでは、チョ・チョルガンがポケットから銃を出し構え、銃声がするというシーンで終わりました。

結局チョ・チョルガンが銃を構えたので警察に射殺されるんですが、「ユン・セリと一緒にいた証拠をすべて送ったので、おまえは北朝鮮に帰れない、帰ったら両親は射殺される」と最後に言い残しました。

14話最後の銃声は、チョ・チョルガンが撃たれたものだったので少しほっとしてしまいました。

その言葉を聞いて一度は銃を自分の頭に向けるのですが、結局は警察にリ・ジョンヒョクは取り押さえられてしまいます

 

隊員達が病院で警察に取り押さえられてしまいましたが、必死にみんなは悪くない自分のせいですとユン・セリは言いますが。ケガをした体で歩き回ってはいけないと逆に隊員達に言われ、見送るしかないユン・セリ。

国家情報院で5人の取り調べが始まりました、同じ時にリ・ジョンヒョクも取り調べを受けますが、ユン・セリを北朝鮮に連れて行くために来たと、部下達は私が無理矢理滞在させたと自分一人で罪をかぶる供述をします。

ユン・セリは、彼が北朝鮮に残るように言ったことは一度もない、南に送り返すために全力を尽くしてくれた。チョ・チョルガンが自分を殺すために韓国に来たので、チョ・チョルガン(オ・マンソク)を捕まえに来ただけで、かくまったのも私なので、安全に北朝鮮に返して欲しいと警察に強く訴えます。

供述が食い違っているのでユン・セリとリ・ジョンヒョクは面談をすることになりました。財閥の令嬢だから助けただけだ、君を利用したんだと嘘をつくリ・ジョンヒョクにすべて一人でかぶろうとすると犯罪者になる、帰れなくなってもいいの?と詰め寄ります。

君のために来たのではなく、兄の敵を討つためにきたんだと嘘をつき続けるリ・ジョンヒョクを置いて、ユン・セリは部屋を出ますが、出た途端倒れてしまいました。倒れたと聞いてユン・セリの行方を追うと背中に背負われてぐったりとしている姿が見え、心配そうに見つめるリ・ジョンヒョク。

その後ユン・セリが危篤だと聞いたリ・ジョンヒョクは病院に走って向かいます。ICUの中にいるユン・セリをガラス越しに見つめます。

傷つけてしまったことを後悔しながら、病室に向かうリ・ジョンヒョクの不安な表情が泣けます。

 

最後に心肺停止の音が響いて終わりました。

実は北朝鮮であっていた韓国の知り合いのク・スンジュン(キム・ジョンヒョン)も北朝鮮で銃撃され危篤の状態で救急車で搬送されているシーンが出てきて、この心停止音が北朝鮮のなのか、韓国なのかわからない状態で15話は終了しました。

ユン・セリの選択

最後のシーンで危篤状態のユン・セリは、パラグライダーで不時着した日の夢を見ていました。

100回時計をまわしてもあなたに会い、あなたを知り、あなたを愛する。私はその危険で悲しい選択をすることを知っていた。私はその選択をして幸せだったと夢の中であらためて思っていました。

 

スポンサーリンク

愛の不時着 第15話 感想

エピローグで出てきたシーンも面白かったです。監視カメラを駆使してリ・ジョンヒョクの行動パターンを分析するんですが、ユン・セリと一緒の時のリ・ジョンヒョクの行動を心理学専門家の教授が、この行為は典型的な恋に落ちた男の行動だと分析しました。

このやりとりをしているときに上官が報告する警察官を遮って、「一目見ればわかるだろ」って言う所面白いです。誰の目からみても恋に落ちているのは明白で、リ・ジョンヒョクの取調中の嘘もバレバレだったって事ですね。

ユン・セリの顔色が悪すぎて心配ではありましたが、ここで危篤になるとか心配すぎてドキドキしてきます。韓国ドラマってバッドエンドも多いのでなんとか生き延びてハッピーエンドになって欲しいです。

ユン・セリや隊員達の事を想って、すべて自分のせいだと言い切るリ・ジョンヒョクがかっこ良すぎるし、隊長がいないと何も話さない口の堅い隊員達も素晴らしいし、みんな無事に北朝鮮に帰って欲しい。でもユン・セリとリ・ジョンヒョクには幸せになって欲しい。

最後までハラハラしてどうしよう、最終話にすすみます。

スポンサーリンク

愛の不時着 第15話 まとめ

出会うはずがなかった2人の物語、愛の不時着もついに次が最終話です。ユン・セリが銃撃されてから走馬灯のようにドラマの名シーンも出てきて、今度はユン・セリが危篤になり、また名シーンが出てきて、見ている方も振り返りながら楽しんでいたんですが、本当に色々な事があったなと思いました。

あそこのあのシーン好きだなとか、何話もう一度見たいなとか、すでにお気に入りのシーンが多数あります。

愛の不時着ついに最終話まできました。見終わるのがこんなに寂しくなる作品久しぶりでした。

 

愛の不時着第14話へ                                     愛の不時着第16話へ

タイトルとURLをコピーしました