梨泰院クラスの読み方は日本語で何て言う?クラスの韓国での3つの意味

梨泰院クラス

みなさんは、韓国ドラマの『梨泰院クラス』を見られましたか?

梨泰院クラスをまだ見られていない方も、見ようかどうか悩んでいる方も多いとは思います。

この記事では、ドラマのタイトルの『梨泰院クラス』の日本語の読み方についてお伝えします。合わせて、『梨泰院クラス』の韓国での意味についてもふれていきます。

スポンサーリンク

梨泰院クラスの読み方は日本語で何て言うの?

まず、最初に大人気の韓国ドラマのタイトル『梨泰院クラス』の日本語の読み方をお伝えします。

梨泰院の漢字の部分の読み方に迷うかもしれませんが、

『梨泰院クラス』は、日本語で、イテウォンクラスって読むんです!

韓国語でのハングル表記は『이태원 클라쓰』で、声に出すとイテウォンクラスと読みますね。

ドラマのタイトルにもなった『梨泰院クラス』ですが、2つの名詞の組み合わせになっています。

れは、梨泰院(이태원)= 地名の名詞と、クラス(클라쓰)=Class という名詞の組み合わせです。

では、なぜ梨泰院クラスというタイトルをドラマにつけたのかというと。。。

主人公のセロイ(パク・ソジュン)が創業する企業『IC』(梨泰院クラス略称)の名前をそのままタイトルにしたんです!

>>セロイが命名したIC(梨泰院クラス)と名付けたところはあらすじの9話をごらんください。

スポンサーリンク

梨泰院クラスの題名の意味:クラスについて

前の章では、韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本語の読み方や、ドラマの中で『梨泰院クラス』がセロイが創業する企業名として使われていることを伝えました。

では、梨泰院クラスって韓国語では、どんな意味があるのでしょうか?

韓国のサイトでは、『梨泰院クラス』のクラスの意味を解説しているサイトがあります。

そのサイトで書かれているポイントを説明しようと思います。

ちなみに情報を引用させていただいたサイトは、brunch(引用元URL https://brunch.co.kr/@jiwoo906/19)というサイトです。

このサイトでは、Class(クラス)の意味を深掘りして説明してます。

Classという英語には、3つの意味があります。

階級、品格そして授業という意味です。

では、ひとつひとつ解説します。

梨泰院クラスの意味①:階級

ドラマを視聴した方は分かりますが、梨泰院クラスは階級を扱ったドラマですね。

金銭的には豊でないセロイが人生で経験してきた大きな壁、高校を退学したことや、刑務所に服役したことなどですが、これは全て財閥の息子のチャン・グンウォンの仕業です。

平民で成功しようとするセロイと、資金力を武器に成功を潰そうとする財閥の戦いつまり、クラス(階級)の違うもの同志の戦いの物語なんです。

クラスの違いを押しのけて、成功を得ようとするセロイがどのように勝っていくのかに大注目ですね。

>>梨泰院クラスの原作についてはこちら

梨泰院クラスの意味②:品格

韓国社会の中では、品格の源泉はお金となっていることです。

お金は、汚いものだとか、俗物だという人がいますが、お金があるからこそピンチの時に弁護士を雇えるし、お金があるからこそ家族の病気を治すこともできるし、愛する人を救うことができる。

このようにお金が、人の生活に重要なものであるからこそ、お金に夢を抱いて、お金を得ようとする。

だからこそ、私たちは、お金を貪ろうとする人に「あなたのお金の稼ぎ方は汚い」とか、「そんなにお金をため込まなくてもいいじゃない!」などと、後ろ指を刺す事はできませんね。

梨泰院クラスは、品格の真の意味が何なのかということを再度、考えさせるドラマになっています。

梨泰院クラスの意味③:授業

最後の意味ですが、梨泰院クラスで脈々と流れているテーマがあるとしたら授業です。

梨泰院クラスは、現代社会で当たり前のようになっている品格の源泉がお金だということに疑問符を投げかけます。

梨泰院クラスのドラマの中では、セロイが作った飲食店『タンバム』(第3話でセロイが開業)で働く店員の姿を描いています。

『タンバム』では様々な背景をもった人たちが働いていて

  • 元ギャング
  • トランスジェンダー
  • 肌の黒い韓国人

これら、現代韓国社会では歓迎されない人々にとって、『タンバム』は精神的な避難所でもあり、セロイのリーダーシップのもと、『タンバム』の繁栄という共通の目的に向かって、進むことを学ぶ場所にもなっていました。

>>セロイや他のキャストの名言はこちら

梨泰院クラスは、品格は人間の精神的成長という新たな見方ができることを、視聴者に教えてくれているんです。

梨泰院クラスのドラマそのものが視聴者への授業という意味にもなっているんですね。

スポンサーリンク

梨泰院とはどんなところ?日本で言うと

今まで梨泰院クラスのClass(クラス)の3つの意味については、前章ですでにお伝えしました。

本章では、『梨泰院クラス』の梨泰院の部分にフォーカスをあてていきたいと思います。

梨泰院は、すでにお話したとおり韓国ソウルの地名です。

梨泰院が、地図上でどういう場所にあるかと言うと、下の地図の場所なんです。

漢江の北に位置するので、ソウルに古くからある街になります。

梨泰院は、ソウル市内の繁華街のひとつで、日本で言うと六本木のような街です。

2020年はけっこう日本のニュースでも取り上げられていて、韓国の梨泰院にあるゲーのクラブが、コロナの再拡大のひとつの原因になってしまったということです。

ここに、韓国のタレントやアイドルが通っていたことでも有名になっていましたね。

また、梨泰院は、ソウルの街の中でもっとも外国人比率が高い繁華街で、異国情緒漂う街と言われていますので、『梨泰院クラス』の舞台としては申し分のない場所ですね!まさしく六本木に似た街といえます。

スポンサーリンク

梨泰院クラスの読み方は日本語で何て言うの?まとめ

梨泰院クラスの日本語の読み方から、韓国でのClassが持つ意味を梨泰院クラスのドラマの中の物語と関連づけながら説明してきました。

これまで、説明してきたとおりこのドラマは、梨泰院という異国情緒あふれる街を舞台に、セロイが現状に抵抗しクラスの壁を乗り越えて、復讐を果たしてしていく物語です。

 

タイトルとURLをコピーしました