梨泰院クラスでパク・ボゴムは何話に出演?役柄やカメオ出演の秘話

梨泰院クラス

梨泰院クラスに、歌手であり俳優であるパク・ボゴムがカメオ出演しているんですよね。

今注目のイケメン俳優パク・ボゴムは、顔が綺麗すぎるので存在感は大きいと思うんです。

みなさんは梨泰院クラスのドラマの中で、パク・ボゴムがどこに出演していたのか分かりましたか?

この記事では、梨泰院クラスのドラマの中で、パク・ボゴムが出演した回、出演秘話や役柄についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

梨泰院クラスでパク・ボゴムは何話に出演?

では最初に気になるパク・ボゴムの出演したところは、最終話でした。

最終話の終盤に出てきますので「え?パク・ボゴム?」と驚いた人もいたでしょう。

後でも触れますが、いい役柄で輝いているように出てきますのでパク・ボゴムを知らなくても「すごい俳優なのでは?」と感じますよ。

オーラというか、笑顔や立ち振る舞いまで一流ですから。

パク・ボゴムは、実際すごい人気俳優で、数々のドラマに出演し「若手俳優の登竜門」といわれる音楽番組MCにも抜擢されました。

その後人気ドラマシリーズ『応答せよ1988』の主演もしていましたし、『ボーイフレンド』『雲を描いた月明かり』などでも主演をして、注目の俳優なんですよ!

このような経歴を持っているパク・ボゴムが、梨泰院クラスにカメオ出演したのでびっくりしますよね。

スポンサーリンク

梨泰院クラスでパク・ボゴムのカメオ出演の秘話とは?

出演秘話を調べてみると、梨泰院クラスの監督からのラブコールが実を結び、梨泰院クラスのカメオ出演が実現しました。

梨泰院クラスのキム・ソンユン監督は、以前『雲が描いた月明かり』というドラマを作っていたんです。

『雲が描いた月明かり』は大ヒットしたドラマで、その主演にパク・ボゴムを起用しました。

その時に、パク・ボゴムはキム・ソンユン監督と二人三脚でその役を磨き上げたそうです。

このような努力が身を結び<パク・ボゴムというジャンルのドラマを確立した>と言われるほど、大ヒットしました。

パク・ボゴムは、キム・ソユン監督への恩に報いるとまでは言いますか、監督からの出演のオファーには応えたいですよね。

出演秘話までも素敵です。

スポンサーリンク

梨泰院クラスでパク・ボゴムの役柄は?

では、梨泰院クラスでのパク・ボゴム役柄なんですけど『調理師』なんです。

出演シーンは、勤めていた会社(長家)を内部告発して辞めたスア(クオン・ナラ)が新しく店を開くことになって、調理師を新たに雇うことになってんですね。

そこに友人の紹介で面接に青年がやってきます。

その面接に来た青年をパク・ボゴムが演じていました。

青年を一目見た瞬間スアは、輝いて見えるんですよ。

すごいキラキラしていて、『夢に向かっています!』っていう感じが見えて爽やかですよね。

そんな彼に運命的なものを感じて、その青年を調理師として採用しました。

「料理を見せて」と言われ厨房で作りだすんですけど、真剣に作っている姿を見て『頑張って!』と応援したくなった人もいたんじゃないでしょうか?

そしてスアが味見して結果を待っている時の顔は、小動物的な可愛さでキュンキュンしますよね!

パク・ボゴムの演じる青年は、名乗るシーンがなく公式サイトでも役名が書かれていなかったのでわかりませんでした。

Netflixが、このシーンを動画で公開しているので、見てみるとパク・ボゴムの素敵さがわかると思います!

その動画を貼っておきました↓↓

スポンサーリンク

まとめ

最後にまとめていきますが、『梨泰院クラス』16話(最終回)にパク・ボゴムは調理師役として出演していました。

夢に向かう好青年の調理師は、パク・ボゴムのキラキラしているイメージにピッタリの役柄でしたね。

すごい人気俳優であるパク・ボゴムの出演ですからみなさんも驚いたことでしょう。

そんなパク・ボゴムが梨泰院クラスに出演したのも、梨泰院クラスのキム・ソンユン監督と過去に仕事したことからというところでしたね。

一部のファンの間では、パク・ボゴムが演じる調理師とスアとの恋愛をテーマに梨泰院クラスシーズン2が始まるのではないか?と噂されています。

このことからもパク・ボゴムがどれほどの人気があるのかが伺い知れますね!

タイトルとURLをコピーしました