梨泰院クラス第10話あらすじと感想を簡単に!『チャン会長へのお茶』

梨泰院クラス

セロイ(パク・ソジュン)の周りの人に目を付けて引き離そうとしていたチャン会長(ユ・ジェミョン)。

イソ(キム・ダミ)をスカウトをしにきたグンウォン(アン・ボヒョン)は、イソの口車にのせられて事故の自白までしてしまいました。

梨泰院クラス第10話あらすじでは、オ・ビョンホン(ユン・ギョンホ)の自首とグンウォンが自白した録音データで逮捕に踏み切れるのでしょうか。

劣勢になったチャン会長は、まだ逃げ道を用意しているのも気になるところです。

それでは、梨泰院クラス第10話あらすじです。

スポンサーリンク

梨泰院クラス第10話 あらすじ

引用元:JTBC

スカウトをしにきたグンウォンはイソにのせられて自白を録音されました。

グンウォンは録音データを奪うためイソを追いかけます。

イソは、外国人の多い梨泰院に逃げ込みました。

「ここには各国の紳士たちがいるわ」とグンウォンを刺激しますが、グンウォンは「それがなんだ」と道にお金をばらまいたのです。

グンウォンがイソから録音データの入った携帯を奪おうとした時、セロイが助けに入りました。

イソは「自白が取れました!」と言いますが、ケガさせられたのを見たセロイはグンウォンにつかみかかります。

セロイは怒りから殴ろうとしますが、殴ってしまうとセロイの方が悪くなってしまいます。

必死に殴るのを抑えようとするイソと、挑発するグンウォン。

すると、誰かが通報したパトカーがきてグンウォンは連行されていきました。

イソのケガを申し訳なく思い、何回も謝り抱き寄せるセロイでした。

2つの条件

グンウォンの件が報道されて、チャン会長はグンウォンを強く責めました。

ミンギョン(キム・ヘウン)はチャン会長に、「グンウォンを切るべき。そうじゃないと家族の問題で終わりません」と忠告します。

チャン会長はミンギョンの発言を怪しいと思い「なぜ知っているんだ」と聞いたのです。

ミンギョンは困りましたが「録音データが公開されている」となんとか逃げられました。

セロイと作戦会議のため呼び出したミンギョン。

セロイはイソを連れていき、イソは今こそチャン会長の解任議案を出すべきと提案します。

しかし、勝つためには2つの条件があり、それをクリアしないといけないとイソ。

その条件とは、1つは『元刑事のビョンホン(ユン・ギョンホ)の自首』です。

これは録音データだけでは証拠になり得ないためです。

2つめは『チャン会長がグンウォンを守るかどうか』。

チャン会長がグンウォンを守るのならば、株主はガッカリしてミンギョンに味方するからです。

ビョンホンのところにセロイとミンギョンは訪ねました。

すると、血相を変えたビョンホンが道に出ていました。

ビョンホンが自首する事を話すと家から出ていった娘ヘウォン。

急遽3人で探すことになったのです。

ミンギョンは公園で泣いているヘウォンを見つけ、少し遅れてセロイとビョンホンがやってきました。

ヘウォンは「父がセロイに悪いことをしたのも嫌だけど、父が刑務所に行くのも嫌だ」と言います。

「今まであなたを思って行動出来なかった」「お父さんの勇気をかってあげて」と話すミンギョンに、渋々納得したヘウォンでした。

1つ目の条件はクリアできましたが、問題は2つ目。

セロイとイソはチャン会長が会社を捨てるはずがないと条件をクリアできないと考えています。

しかし、ミンギョンは家族を取ると断言します。

チャンガでは、グンウォンを無罪にできると弁護士と話していました。

その後スアはチャン会長にグンウォンを切り捨てるべきと言いました。

チャン会長は「ありえない」と言い、チャンガが屋台時代の話をはじめました。

『家族にたくさんご飯を食べさせたい』という願いから店をはじめ、今のチャンガでもその思いはなくなっていない」とチャン会長。

その話を聞いてスアはそれ以上切り捨てるという話をしませんでした。

チャン会長に送ったスパイから話をきいたミンギョンは、チャン会長の解任議案を出しました。

チャン会長とチャンガ

引用元:JTBC

解任議案を出されたチャン会長はそれでもグンウォンを守ろうとします。

グンウォンを検察に送り出す前に、チャン会長は「無罪になるから気にするな」と言ってグンウォンを抱きしめました。

「こうして抱きしめることもなかったな」と涙ぐんだチャン会長に思わずグンウォンも泣いてしまいました。

グンウォンの逮捕を受け、マスコミに向けて会見をするチャン会長。

セロイは解任議案を投票をしにチャンガに来ていました。

グンウォンを守るようにすると思われたチャン会長は、そんな謝罪会見はしませんでした。

「グンウォンの事故を自分は知らなかった」とグンウォンを切り捨て、「父親としてしっかりと罪を償わせます」と涙を浮かべチャン会長は頭を下げました。

グンウォンではなくチャンガを取ったチャン会長。

グンウォンは途中で裏切りを知りチャンガに戻ってきましたが、チャン会長を見て諦めた様子で「責任はすべて自分にある」とマスコミに話しました。

セロイたちは完全にしてやられました。

このせいでミンギョンは力を失い、チャン会長の心ひとつでチャンガを追い出せるようになってしまいました。

引用元:JTBC

その夜、セロイとミンギョンとホジンとチャンガの店で飲みに行きました。

ミンギョンは左遷されることを打ち明けました。

セロイはまだ戦うことを言い、ミンギョンだけ犠牲になったことを謝りました。

セロイの腕時計を見たミンギョンは「チャンガが潰れかけた時救ったのはこのメニューよ」と指さしたのは”コチュジャンの豚肉炒め”。

「このメニューはチャン会長ではなくパク部長」と話すミンギョン。

そして、戦えなくなったミンギョンはバトンタッチしました。

グンウォンの裁判が行われました。

グンウォンは懲役7年の有罪判決されました。

裁判後、チャン会長はセロイのことを敵と認めてぶっ潰すと言い、セロイも「そのままお返しします」と宣言したのでした。

ひと段落ついたので父の墓参りに来たセロイ。

グンウォンの逮捕の報告と葬式も墓参りもこれなかったことを謝りました。

それでも諦めないことを宣言し、持ってきた焼酎を飲み「まだ苦いよ」と感極まったところで第10話の終わりです。

スポンサーリンク

梨泰院クラス第10話 感想

チャン会長はやはり強い!

敵ながらあっぱれです。

チャン会長にミンギョンがスパイを送っていることを知りながら、自分以外には騙されているフリをして攻撃をさせる。

そして、こちらが攻撃すると背中を刺すように裏をかくチャン会長。

チャンガのために家族も裏切るチャン会長はやはり一筋縄ではいきませんね。

ただ何とかグンウォンは刑務所に入れることができました。

それとビョンホンの自首を聞いたヘウォンは気の毒でした。

父親が悪いことをしてもいなくなるのは嫌のは矛盾しているけれど正解だと思います。

家族がいなくなるのは誰でも嫌ですもん。

ミンギョンからバトンを渡されたセロイは、決意を新たにチャン会長をぶっ潰す。

どのようにしてぶっ潰せるかますます気になりますね。

梨泰院クラス第10話 見どころ

引用元:JTBC

第10話の見どころは今回は全部見てほしいんですよね。

とは言え、見どころを2つにしぼります。

1つは、チャン会長が家族が大事だと示すところ。

スアに「切り捨てることはない」と言ったり、グンウォンを抱きしめたりするところは見ているこちらも騙されます。

もう1つは、言うまでもなくチャン会長の形勢が逆転したところです。

『チャンガがすべて』と常々言っているのはこういう事だったんですね。

チャン会長は業界一と言うだけあって強大な敵ですね。

スポンサーリンク

まとめ

チャン会長を落とすため準備してきたセロイたち。

チャン会長を追い出そうとしたセロイたちは、逆にチャン会長に裏をかかれて負けてしまいます。

この1件から、チャン会長はセロイを敵とみなしぶっ潰すと言いました。

潰しにかかるチャン会長をしのぎ、セロイはチャン会長を倒すことができるのでしょうか?

梨泰院クラス第9話へ                 梨泰院クラス第11話へ

 

タイトルとURLをコピーしました