スタートアップOST歌詞付(和訳)動画の一覧!チョンスンファンも参加

韓国ドラマ

本記事では、韓国ドラマ『スタートアップ 夢の扉』のOSTを歌詞付き(和訳)動画を紹介しています。

『スタートアップ』は、ダルミ(スジ)とドサン(ナム・ジュヒョク)の20代IT企業の創業者の物語ということもあって、OST参加のアーティストも20代のK-POPアイドルが数多く参加しています。

では、『スタートアップ』のOSTを和訳歌詞付きで見ていきましょう。

スポンサーリンク

スタートアップOST歌詞付(和訳)動画を一覧で紹介!

では、さっそくスタートアップのOSTの紹介をしていきますね。

動画は、和訳の歌詞つきのものを優先して掲載していますが、和訳がないものは英語での訳詞がついてるものを優先して掲載します。

「未来」Red Velvet

Red Velvetは、韓国の5人組の女性アイドルグループです。

Red Velvetは少女時代と同じ芸能事務所のSMエンターテインメントの所属です。

グループのメンバーは全員SMエンターテインメントのオーディションから練習生となって、2014年にデビュー(この時は4人組)をしています。

Red Velvetは、『スタートアップ:夢の扉』のOSTには「未来」の他に、メインボーカルのウェンディがソロ曲「二文字」で参加しています。

「Day and Night」チョン・スンファン

チョン・スンファンは、韓国のバラード歌手です。

韓国のオーディション番組『Kpop star シーズン4』で準優勝し、アンテナミュージックに所属します。

アンテナミュージックは韓国の音楽番組『スケッチブック』のMCを務めるユ・ヒヨルが代表を務める事務所です。

ユ・ヒヨル自身は、韓国で有名な歌手ですし、音楽業界では大物ですから、良い事務所に所属したと言えるでしょう。

スポンサーリンク

「ある日の僕たち」キム・ピル

キム・フィールは韓国のシンガーソングライターで、2014年のテレビタレントショーSuperstarK6で第2位に輝くほどの実力のある歌手です。

キム・ピルは、バラードを歌うことが多いですよね。

最近では、人気ドラマでのOST参加が増えてきたと思います。

『梨泰院クラス』や、『サイコだけど大丈夫』などでOSTに参加しています。

<関連記事:キム・ピルのOSTへのリンク>
キム・ピル「あの時、少年は」で『梨泰院クラス』OST参加

「I know」OH MY GIRL

OH MY GIRLは、7人組の女性アイドルグループです。

男性のアイドルグループのB1A4の妹グループということで売り出しました。

『スタートアップ』には、B1A4のメインボーカルのサンドゥルがソロでOSTに参加しています。

あくまでも印象の話ですが、OH MY GIRLは透明感のある女性が中心に結成されているイメージが強く、ぺ・スジの透明感とも通じるところがありますね。

『スタートアップ』のOSTには、スンヒ、ジホ、ビニの3人だけが参加しています。

スポンサーリンク

「Running」Gaho

Gahoは、バラードやR&Bを中心の音楽活動をしているシンガーソングライターです。

Gahoは、韓国ドラマのOSTに参加していることが多く、代表的な作品としては、『梨泰院クラス』や、『皇后の品格』、『私の恋したテリウス』などがあります。

GummyやPunchがOSTの女王を称されていますが、GahoはOSTの皇子と言っても言い過ぎではないと思います。

 

「Where Is Dream」10cm(シプセンチ)

10cmは、結成当初は2人のグループだったのですが、現在は、クォン・ジョンヨルさんだけで活動をしています。

10cmは、ハスキーな声量豊な声のボーカリストですよね。よくフォークソングを歌っているイメージがあります。

人気ドラマのOSTにもよく参加していて、『愛の不時着』では、「偶然の運命」で『トッケビ』では、「僕の目にだけ見える」でOST参加してますよ!

みなさんも一度は、聞いたことがある曲だと思います。

スポンサーリンク

「My love」ダビチ

Davichiは、イ・ヘリとカン・ミギョンの女性2人組のアイドルデュオです。

女性デュオなので2人しかいないのですが、役割が決まっているようで、

イ・ヘリ:メインボーカル&リーダー

カン・ミギョン:リードボーカル&ビジュアル

この、ビジュアルっていうのが面白い発想だなぁと思いますね。笑

Davichiは、韓国では女性デュオの中で最も長く活動して、歌唱力、表現力はトップクラスの実力派の女性デュオと言われています。

イ・ヘリは、女性ボーカリストの中でもトップクラスの高音に優れたボーカリストと言われていて、感情表現が素晴らしいですし、カン・ミギョンは、柔らかくハスキーな声で低音での声の広がりが魅力なんですよね。

Davichiが歌うバラードは、聞いている私たちの感情を揺さぶるような曲ばかりなので、韓国の人気ドラマのOSTでも数多く使われていますよ!

 

「偶然が少しでも」CHEEZE

CHEEZEは、韓国で若者に人気の女性ソロシンガーなんだけど、デビュー当時は男女四人組のグループなんです。

ところが2014年にデビューしてから、メンバーが次々に離脱していき、しばらくは男性のクラウドと活動を共にしていたのですが、2018年には、女性ボーカルのダルチョンのみとなったそうで。

ですから、グループCHEEZEとしての活動は4年にも満たなかったそうです。

CHEEZEというグループ名の由来は、チーズ(食品)なのですが、英語のスペルがわからなかったので、CHEEZEにしたそうです。

だから実際のCheeseとは、スペルが違うんですよね。

<関連記事:CHEEZEの曲のリンク>
CHEEZE「The Day We Met」で『ボーイフレンド』OST参加

スポンサーリンク

「Blue Bird」Ailee

Ailee(エイリー)は韓国系アメリカ人の歌手です。

Aileeは、アメリカで生まれて育っているのですが、小学生の時に韓国に滞在した時にK-POPに親しみをもったとのこと。

Aileeが小さいの夢は、「世界的な歌手になること」だったので、アメリカの番組の歌のコンテストにも積極的に参加したとのこと、歌のコンテストでは準優勝したことがあるんだとか。

米国の大学生の時にミュージシャンとしての活動を始め、音楽フェスティバルなどに参加して実力を磨いてきたとか。

そのころから、歌唱力には定評があったんですよ。

おまけに、アメリカで生まれ育っているので、英語の発音もネイティブですので、英語の歌もなんなく歌いこなします。

そして、2011年に、韓国のYMCエンターテインメントからの進めで音楽のオーディションに参加しながら芸能界入りを目指したんですって。

しかし、デビューは、韓国ドラマ『ドリームハイ2』で、まさにミュージシャン役として女優だったんです。

その後は、ヒット曲を量産してきたんですよね。

それで、Aileeといえば、韓国ドラマ『トッケビ』のOST『初雪のように君に行く』は、超名曲ですよね。

ドラマ中では、たった2回しか使われていないのですが、トッケビとトッケビの花嫁が別れるシーンで使われていて、切なくなってしまいました!

<関連記事:Aileeの曲のリンク>
Ailee「初雪のように君に行く」で『トッケビ 』OST参加

 

「大人の日記」サンドゥル

サンドゥルは、男性アイドルグループB1A4のメインボーカルです。

B1A4は、デビュー当時は5人組のグループでしたが、現在は3人で活動をしています。

サンドゥルは、グループで活動するよりも最近はソロで活動することの方が多いですよね。

ソロでドラマのOSTに参加することも多いですし、ミュージカルに出演することもあります。

スポンサーリンク

「二文字」ウェンディ

ウェンディは、Red Velvetのメインボーカルです。

繊細な高音が魅力のボーカリストですね。

宮脇咲良が、IZ*oneに参加するために韓国に渡る時に、ウェンディを目標にしていたのは、有名な話ですよね。

ウェンディは、韓国のバラエティ番組『みんなのキッチン』で宮脇咲良と初対面します。

この時、宮脇咲良はしきりにウェンディのボーカルを褒めていましたよね。

それだけ、ボーカリストとしては優秀なんですよね!

「Love Letter」赤頬思春期(BOL4)

赤頬思春期は、結成当初は女性の2人組だったのですが、現在はアン・ジヨンの1人で活動しています。

赤頬思春期が2016年にデビューした時は、怪物新人と呼ばれデビュー半年で韓国の4大チャートで1位を席けんして、3ヶ月間上位をキープしたんだとか。

韓国では、アン・ジヨンの声を知らない若者はいないとまで言われるくらい、特徴のあるボーカルです。

スポンサーリンク

「想像してた夢」JAMIE

JAMIEは、本名はパク・ジミンと言うんです。

両親も音楽をやっていたという影響で、幼いころから音楽的な才能と声量に恵まれていたようで、赤ちゃんの時に泣き声で窓ガラスが割れたという逸話があります。

本当の話でしょうかね?

デビューは『15&』という女性デュオで本名のパク・ジミンで活動をしていたんですって。

パク・ジミンがソロデビューすることを契機に『15&』は解散して、2020年に所属事務所が変わったことを契機にJAMIEという名前で売り出してるとのこと。

「My Dear Love」スジ

スジは、『スタートアップ:夢の扉』に主演しているペ・スジと同じ人物です。

どうも、女優として活動する時は、ぺ・スジ、歌手として活動する時はスジというように名前を使い分けているようですね。

スジは、女性アイドルグループmiss Aに参加していました。(miss Aは2017年に解散)

スジは、miss A時代は、サブボーカル&ビジュアル担当という印象が強いので、あんまり歌が上手なイメージはないですね。ドラマに出演した時に、OSTでも同時に参加していることが多いですね。

最近は、もっぱら女優として活動が盛んで、『ドリームハイ』『ビッグ』に出演していた時には、背が小さかったのですが、『九家の書』に出演した時には背が高くめちゃくちゃ綺麗になって驚きました。

昔、イケメン俳優のイ・ドンウクとお付き合いしていたのも有名な話ですね。

3ヶ月くらいで別れてましたけど。笑

<関連記事:スジの関連記事>
イ・ドンウクの結婚?と熱愛彼女について

スポンサーリンク

「私を愛した最初の君に戻って」Kassy

本名は、キム・ソヨンで、Kassyが芸名です。

キム・ソヨンのイニシャルをとると、KSYになるので、ここからKassy(キャシー)という芸名を考えたとのです。

2015年にデビューをします。ボーカルもラップの両方ができることがセールスポイントだったので、韓国の番組『アンプリティラップスター3』に出演したとのこと。

番組の中でのラップ対決では、対戦相手に負け続けたが、視聴者からは好感を得て、番組に出続けたとのこと。

デビューから順風満帆ではなく、かなり苦労して音楽活動を続けているアーティストですね。

「独り言」チョン・ウンジ

ウンジは、女性アイドルグループApinkのメインボーカルです。

ウンジは、アイドルの中でも少女時代のテヨン、SISTARのヒョリン、EXIDのソルジと並び、歌の上手なメインボーカルの1人にあげられています。

ウンジはApinkで歌う時の声と、ソロで歌う時の声が全く違うので、同じボーカルと思えないくらいですよね。

それだけ、グループで歌う時は、ウンジのボーカルテクニックを全て使う必要がないという事ですよね。

また、ウンジは女優としても活動をしてますよ!

『トロットの恋人』や『応答せよ』などの人気作品に出演しています。

スポンサーリンク

「君一人だけ見つめる人」K.will

K.willは、アイドルなみに人気のある韓国を代表する男性R&Bの歌手です。

韓国のミュージック番組などで、K.willが出場する時なんかは、女性たちの黄色い声援が飛ぶくらいです。

また、バラエティ番組などにも出演するとトークが素晴らしいので、笑までとれちゃうマルチなタレントぶりも発揮します。

K.willは、発声方法が独特で、喉にかかるような声が魅力ですよ!

「Miss Miss and Miss」という曲は、めちゃくちゃ歌詞が素晴らしいので、日本の方でも知っている人が多いと思います。

また、人気ドラマでもK.willの曲がよく使われているので、韓国ドラマ好きな方はK.willの曲は何度となく耳にしたことがあるかもしれませんね!

韓国ドラマ『太陽の末裔』で「Talk Love」という曲でOSTに参加していましたよ!!

<関連記事:K.willの曲のリンク>
K.will「Talk Love」で『太陽の末裔』OST参加
K.willのOSTベスト7

 

スタートアップOST(オリジナル・サウンド・トラック)を手に入れるには?

2021年1月22日より、『スタートアップ:夢の扉』のCDが発売されていますよ!

ナム・ジュヒョク×スジ×キム・ソンホ×カン・ハンナ主演、TVN放送韓国ドラマ『スタートアップ: 夢の扉』サウンドトラックがリリース。

本作は、韓国のシリコンバレーであるサンドボックス(セキュリティ機構)での成功を夢見て、スタートアップに飛び込んだ青春たちの始まり(START)と成長(UP)を表現したドラマで、夢を現実化する若者たちのストーリーを描いている。

収録曲には、明るいシンセサウンドとスタイリッシュな編曲が引き立つエレクトリックミディアムポップの Red Velvetの”未来”をはじめ、クールなエレキギターとコーラスが調和するGahoの”Running”、より一層深くなった音色と感性で感動を与えるAileeが歌唱を務める”Blue Bird”、アコースティックギターと、切ない歌声が耳を惹きつけるB1A4サンドゥルの”大人の日記”明るいサウンドと、スタイリッシュな編曲が引き立つエレクトロミディアムポップジャンルのRed VelvetのWENDYの”二文字”、軽快なアコースティック・サウンドのギターのリフと10CMのユニークな歌声が引き立つ”Where Is Dream”、秋の雰囲気にぴったりなアコースティックギターと繊細なジェイミーの歌声が調和を成すJAMIEの”想像した夢”、さらにヒロインを演じるスジが自ら歌唱を務めた”My Dear Love”など多彩な楽曲を収録。

124Pフォトブック、CD3枚組、アコーディオンポストカードセット、フォトカード(7種)、クリアステッカー(4種)、折り畳みポスター1種付き。

まとめ

『スタートアップ』のOSTについて、アーティストの情報や動画の情報をまとめました。

韓国ドラマのOSTでは、珍しく20代の歌手やアイドルが中心でOSTを構成されています。

逆に20代以外のアーティストは、10cm、DAVICHI、k.willくらいですので、OSTの14曲が20代のアーティストで構成されるという珍しいパターンです。

だからこそ、若々しい曲が多く、OSTが構成されている印象です。

曲を聴いていると感情的に刺激される曲が少ない印象ですが、軽快な感じでOST全体が仕上がっていて好感がもてますよね。

 

韓国ドラマOST関連記事はこちら

梨泰院クラスのOSTについてもまとめています。

愛の不時着のOSTの情報はこちら

トッケビ のOSTはこちら

トッケビ と並んで人気の韓国ドラマ『太陽の末裔』のOSTはこちらです。

ボーイフレンド のOSTを紹介しています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました